一緒〜

a0154957_685389.jpg


042.gifあ〜〜、今朝は汗びっしょりで目覚めました。
暑いですねーーーーー><
そんな中、昨日はゆうこちゃん&たまちゃんの地元メンバーでランチ♬
夏真っ盛りと言うのに今年の忘年会のプランについて話し合ったり
先日のイってQマッキンリー登山が面白かったと言う話題になり山好きの私はノリノリでお話したり^^

そして仕事終わりで合流した我が家のDannyさんとゆうこちゃんがおソロで思わず写真を!
一緒一緒〜〜〜〜って大笑いしながら037.gif
なんとまぁ楽しい1日でございました^^
[PR]

by junipunic | 2015-07-29 06:21 | 友達と | Comments(0)

お久しぶりでした〜♬

a0154957_20152648.jpg

久しぶりに会う友人と。
久しぶりに会ったのなら、何年もの間の積もる話もあるだろうにそんなのそっちのけで
料理のレシピをひたすらレポートしまくる私。
と言うのも、作ってくれた料理がとても美味しく聞かずにはいられなかったのでした。
そんな料理の話をしている時でも、ふと昔を思い出す仕草や口調を感じるとなぜかホッとする訳で^^
時間を埋めるには、何年もの間の積もる話はなくて良かったんだと思った。

早々、
今日の夕飯には教えてもらったレシピを実践!!
同じ味になったのでちょっと嬉しかった038.gif
[PR]

by junipunic | 2015-07-27 20:38 | 友達と | Comments(0)

天狗岳3 (2015.7.20)

059.gif下山のお時間がやって参りました。

そうそう、実はこんな事がありました。
西天狗山頂手前で一人の女性に「こっちのコースはどうでしたか?」と聞かれました。
それは、私が登って来た西尾根コースの事でした。
「綺麗でしたよ、とても良かったです!」と答えると。
「あ〜そ〜なの?私は黒百合の方から来たんだけど岩ゴロゴロ道でほんっとにやんなっちゃたのよ〜」
「え〜〜?そうなんですか?」と私。
「だからね、もうあっちに帰りたくないのよ〜」と、本当に疲れた様子でお話していました。
西尾根コースの登りを登っている時に、ずっと岩ゴロゴロだった印象はなかったので、
その女性に西尾根コースのお話を少ししてお別れしました。

そして、ふとよぎる013.gif
この女性が歩いて来た道は、私が下山で使う道じゃないか!
008.gif大丈夫かな...
でも私は、くっ くっ くっ 黒百合ヒュヒュヒュッテにどうしても行きたいの〜〜〜!
という気持ちを抑えられず、前へ進んだのですが。





a0154957_712147.jpg

東天狗を出発し、少し行った所で振り返る。




a0154957_716462.jpg

振り返った地点から少し進むと分岐が出て来ます。
どちらを選んでも黒百合ヒュッテに行く事が出来ます。
どっちからいこうか?
少し悩んだのですが、すり鉢池経由で行く事に。




a0154957_7142398.jpg

霧の合間に見えた自分がこれから行くコース。
なかなかのアバウトながら、ピンクの線を引かせて頂きました。





a0154957_7152182.jpg

すり鉢池がよく見えています。
とりあえず最初の目標はあそこの池。
池の後ろに黒百合ヒュッテも見えています^^





a0154957_719178.jpg

私もひとつ、と思ったのですがすでに気力なし。。。




a0154957_7201256.jpg





a0154957_7202770.jpg

さっきの女性が言っていた岩ゴロゴロの意味を噛み締めている瞬間。
本当に果てしなかった。
そして、この道が黒百合ヒュッテまで続いている事もすでに知ってしまっているので耐えるのみ。
なにがそんなにイヤになっちゃうの?って思います?
これは、運動神経のいい人だと違うんですかね?
岩と岩の上を渡り歩くんです。時に隣の岩や、ひとつ下の岩に足が届かずしゃがんだり、ジャンプしたりしながらバランスを崩さないよう、浮き石に当たらないよう、すべらないよう、ずるっとこけないよう。
バランスボールにずっとのってる感じくらいの全身運動です。
そして何より、ケガをしないよう心がけている私としてはずるっとこけたり、足を踏み外した拍子に口の中を切ったり舌を噛んでしまわないよう「グッ」と固く口を閉じ慎重に進むようにしているんです。
なので、必然的に「無言状態」となり、しゃべれるのは止まった時のみなのでした。
ただ、実はそんな自分との戦いもこの登山の魅力でもあるのですが。
自分の足で登って来たからには、自分の足で下るしかないと言う事。
助けて欲しくとも、無理なこの状態。
更に自分がケガでもしたら大変なのは自分だけではなく、一緒に行った相手にとんでもない迷惑がかかる事などなども考えて行動するのでとても勉強になる。
そうは言う物の、心の中は「はやくおわってくれ〜〜〜〜」と悲鳴をあげているんですけどね><







a0154957_7335265.jpg

天狗の奥庭上通過。





a0154957_7345184.jpg

少しだけすり鉢池に近づいた様子を眺めるDannyさん。




a0154957_7352889.jpg

さっきより少し近くなりましたね^^





a0154957_7374210.jpg

何とか池の横までたどり着く。
池の反対側に人がいたので、自分もあそこを通るんだなと確認。
ココから先、黒百合ヒュッテまでは写真をとる力も尽き「ひとり我慢大会」のはじまりはじまり。
後ろから来た3人のグループの方に黒百合ヒュッテに下りる最後の、最後にこれ?!!と言う岩ゴロゴロを下りながらぬかされた。

私「どーぞ、どーぞ先に行って下さい??」
グループ「あ、じゃ失礼して先に行かせて頂きますね〜」
グループ「最後にこれはキツいよな!」
グループ「ゆっくり下りて来て下さいね〜」
私「はい、そうさせて頂きますねー」

なんて会話しながら、そうは言う物のまだあの3人は足取りが軽く確かに余裕があった。
羨ましいぜと思っていた。





a0154957_7402362.jpg





a0154957_7403764.jpg

042.gifいや〜〜〜。
なんとか下りきると私の大好きなハイマツがお出迎えしてくれましたよ。
癒される〜〜〜〜〜。





a0154957_7482413.jpg

そして、あんなに心待ちしていた黒百合ヒュッテに到着したものの、ボロボロな私の足。
来る前には、おでん食べて〜休憩室でお茶とかりんと食べて〜など色んな思いがありましたが
全て吹っ飛ぶ!
這うように売店に入りバッチを購入。(これだけはと言う思い)
すでに座ると言う気力も残っておらず、立ったまま小休憩し下山を続けたのでした。
もちろん、この後の写真もなく・・・・・。

お話だけ少し。
黒百合ヒュッテから唐沢鉱泉までもやはり岩ゴロゴロ。
さっきまではそれでも岩が乾いていた方だったので良かった(あれでも)のですが、
今度は苔岩に悩まされなんと、Dannyさんは2度程つるっとコケてしまった。
通常1時間で通過する部分も2時間かかっていたりしつつも、とにかく慎重に下りていたらなんとまぁ〜
登りより時間がかかってると言う。
登山を始めて初の出来事です。
あの時はそう思えなかったけど、今思うとこれも経験。
又1つ学びました。






a0154957_7572349.jpg

唐沢鉱泉到着!
温泉の源泉だそうです^^
綺麗な水色です〜。
我々も疲れた身体を温泉に使って休めてあげたい。
思った通り駐車場に着いた時は家の車ともう1台残るのみ。
登山道具を片付け、車へ乗り込み温泉へ向かいました。
そんなこんなの八ヶ岳登山でしたが、めちゃくちゃ疲れて帰って来ても数日後には次は何処に?
と考えているからあら不思議。
これを、マウンテンマジックと読んでいる私。
さて、次は何処のお山へ〜037.gif








a0154957_8172514.jpg

今回のバッチコーナー038.gif
数ある種類の中から、この2つを選んでみました。
大満足〜♬
[PR]

by junipunic | 2015-07-25 08:26 | お山日記 | Comments(2)

天狗岳2 (2015.7.20)

a0154957_664444.jpg
 




a0154957_665922.jpg

大きな岩の登りと奮闘中066.gif
○印と矢印を見失わないように進みます。
次にどの岩をつかもうか、集中していたので疲れを感じませんでした^^





a0154957_6121276.jpg

途中、振り返ってみるとまたまた素晴らしい景色。
さっき通り過ぎた第2展望台も小さくなって来ました。



a0154957_614346.jpg




a0154957_6134579.jpg

一度平らな箇所に出ました。
さっきよりも硫黄岳が近くなり迫力を感じます!
そして、根石山荘も近くなって来ました。
横から見てもやっぱりすごい所に建っているなぁ。
ちょっと斜めに建っているんですね!中に入るとどんな感じなんでしょう^^





a0154957_617868.jpg

写真では分かりづらいのですが、振り返ると諏訪湖までくっきり見えていたんですよ〜。





a0154957_6355914.jpg

山頂までは後少し。
もう一踏ん張りで到着です^^




a0154957_6373192.jpg





a0154957_6365780.jpg





a0154957_6371430.jpg

024.gifやった〜
とうとう、西天狗に到着!





a0154957_6393849.jpg

そして、夢の西天狗から見る東天狗。




a0154957_6401028.jpg

向こうの山頂も数名人がいますね。
カメラ越しに東に登るルートを観察。
あっちも岩登りだ^^






a0154957_6485016.jpg

山頂を少し堪能し、すぐに出発。
お昼は東で食べる事に。




a0154957_6493164.jpg

ずるっと滑らないよう、慎重に下りて行きます。




a0154957_6522653.jpg





a0154957_650796.jpg

前回の天狗登山の時に通った道がよく見えています。
あそこの道はとても綺麗でここは本当に日本?と思いながら歩いたのを良く覚えています。




a0154957_6524065.jpg

ほっと一息。
無事下り終え安堵。




a0154957_723281.jpg

一旦平な道になり




a0154957_7317.jpg

東天狗への最後の登りになる。
遠くから見るとあんな所登れるかな?って思っていたのですが、近くで見ると遠くで見るよりは怖くなく登る事ができました。




a0154957_745082.jpg

最後の東への登りの前に、自分が今下りて来た西を振り返る。
この、西と東の中間地点の景色は最高ですね!
頑張って良かったな〜と思いました。




a0154957_711032.jpg




a0154957_7111270.jpg

024.gif東天狗到着〜。




a0154957_712580.jpg

東天狗から見た、硫黄岳と白砂新道。
はぁ〜、ひとまずお疲れさまでしたと言う事でお昼ご飯にしました。
この時点で、私がブログで見ていた方々が駐車場に戻っている時間なのですが私はまだ山頂。
でも、後は下りるだけなのでひとまずオッケ〜と安堵していたのもつかの間.....
その下りが無言にさせる程、ハンパじゃなかったのですーーー015.gif015.gif015.gif



a0154957_7185675.jpg
[PR]

by junipunic | 2015-07-24 07:19 | お山日記 | Comments(2)

天狗岳1 (2015.7.20)

a0154957_8313343.jpg


a0154957_11184290.jpg


前々からもう一度「天狗」へ行ってみたい!と思っていました。
と言うのも、前回は登山を始めて間もない頃に行ったので東天狗しか行かれませんでした。
何故って一言、怖かったからです。
東天狗から見る西天狗はすごい迫力で足がすくみ東天狗に着いただけでも十分だったからです。
ただ、登山を続けているうちにやっぱりあの西天狗にも行ってみたい!と言う気持ちになり再び行って
参りました。

006.gif前回の天狗岳登山の様子はこちらからどうぞ。


056.gif今回のコース056.gif
唐沢鉱泉(西尾根コース) 〜 西天狗 〜 東天狗 〜 黒百合ヒュッテ 〜 唐沢鉱泉
ちなみにこちらのホームページの⑨のコースが今回の私のコースです^^
前回の天狗岳登山の時は⑪の桜平から出発するコースでした。

まず今回の登山でびっくりしたのは自分のコースタイム。
出発する前には地図や同じコースを登られた方々のブログなどを読んで平均的なコースタイムを計算。
その後、平均コースタイムに更に時間をプラスして自分のコースタイムを予測し出発しているのですが
今回は予想外なことに .....。
多分、このコースを使った事のある人の中で一番遅いのではないでしょうか?
どうやったらそんなに遅く登れるの?と、登山に慣れた方は思うんじゃないかしら?(お恥ずかし)
休憩もお昼ご飯も必要以上に長く、多くとっていた訳でもないのにな〜。
恥ずかしながら登りながらメモしたタイムを書き出してみますね^^

 6:17 登山口出発
 9:00 第1展望台到着(小休憩)
 9:10 第1展望台出発
 9:50 第2展望台到着(小休憩)
10:05 第2展望台出発
11:15 西天狗岳到着
11:27 西天狗岳出発
12:00 東天狗岳到着(お昼ご飯)
12:45 東天狗岳出発
15:00 黒百合ヒュッテ到着
16:05 唐沢鉱泉方面、渋沢方面への分岐通過
18:00 唐沢鉱泉駐車場到着
自分でもあっぱれな12時間登山007.gif
ほとんどの方は朝6時に出発したらお昼の12時頃には戻って来ているんですよね。
なので、このタイムはかなり凹ました。
ただケガもなく無事に下山出来たので最終的には良かったなと思っております。





a0154957_10123746.jpg

まずは唐沢鉱泉で登山届け用紙を記入し提出。




a0154957_1021050.jpg

唐沢鉱泉前にある登山口より出発!




a0154957_10214136.jpg

気温17℃ 湿度86% 
湿度はあるものの気温が低かったので快適でした。





a0154957_10314643.jpg

第1展望台までは岩ゴロゴロ道と、写真のような道が繰り替えされながら登ります。
苔の森がとても綺麗でした。





a0154957_10414046.jpg




a0154957_10404057.jpg

ようやく展望の良い所へ出て、ここが「第1展望台」かと思い込み写真をバシバシとっている時ふとよぎる
ネットで得た情報。みなさんのブログには第1展望台と書かれた標識があったはず。
039.gifん?ココにはない、と言う事はここは第1展望台ではないのね〜。





a0154957_11154476.jpg

心を入れ替え歩く事数分。
そうそう!これが写真でみていて第1展望台だ。





a0154957_11275852.jpg

お天気が良かったお陰で景色も最高です。




a0154957_11285575.jpg

根石山荘が見えました。
以前はあそこを歩いて東天狗岳を目指していたので逆からこうしてみると根石山荘がものすごい所に建っていたんだなとびっくりしました!




a0154957_1131175.jpg

一度樹林帯にもどり第2展望台を目指します。




a0154957_11314658.jpg

途中こんな景色も見れました。
左から、硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳のようです。
私には硫黄岳と赤岳しか分からなかったのですが、周りの方が話しているのをこっそり盗み聞きしたら
そう言ってました^^
余談ですが、八ヶ岳高原サービスエリア(下り)の食堂の名前は赤岳でした。
お蕎麦おいしいですよ。






a0154957_1141226.jpg

第2展望台到着^^






a0154957_11413343.jpg

これから向かう西天狗への最後の岩場の登りが良く見えます。




a0154957_11422364.jpg

少しアップにしてみるとこんな感じで。
すでに沢山の人が登っていますね。





a0154957_11464873.jpg

第2展望台を出発し、西天狗を見ながら進む。





a0154957_1151952.jpg

すれ違うお父さん達に、「大きな岩の登りはあとどのくらいで始まりますか?」と、聞くと
「もうちょっと行ったら始まるよ」と言われ、ワクワクドキドキでした^^
そして私も大きな岩の登りにさしかかり振り返ってみると、さっきの第2展望台がよく見えました。
(少し木がなくなってる部分がそうです)





a0154957_1154211.jpg

さぁ、いよいよです!!
Dannyさんも手袋をし直し気合いが入ります(笑)



a0154957_1156105.jpg
[PR]

by junipunic | 2015-07-22 11:19 | お山日記 | Comments(0)