<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2度目の唐松岳2

a0154957_911164.jpg



a0154957_9111858.jpg

唐松岳へ向けての登山道に入ることすぐ、道は大変渋滞しておりました。
この渋滞034.gif
ペースが遅い私にはありがたいのですが、早く行きたい人はちょっとイライラしてるんじゃないかしら?
でも道は1本。
高速道路のように追い越し車線はございませんので前後の登山者さん、更に下山して来る方々の様子を見ながら歩きます。特に、私のように遅い登山者は追い越して頂くタイミングも考えながら歩くのでなかなか自分のペースをつかめず無理しがちなのですが、こればかりは仕方ありませんね。
みんなのお山ですからね^^






a0154957_9201498.jpg

お気に入りのダケカンバの道も今回ばかりは立ち止まらず突き進む!





a0154957_9271583.jpg

ダケカンバの林を抜け、振り向くとさっきまでいた八方池とその横の登山道がよく見えました。





a0154957_9283458.jpg

この道は初めて通りました!
前回はまだ夏道が通れなかったので正確には覚えてませんがこの辺りを歩いていた時は
雪渓の上だった気がします。





a0154957_9305779.jpg

お花も咲いていました〜
しかしお花すらゆっくり眺める事も出来ず、先へ進みます!





a0154957_9314093.jpg







a0154957_9325027.jpg

頑張ってなんとか前回来た時より先へ進む事が出来ました!





a0154957_9395313.jpg

*これは前回の時の写真
前回は赤い線の上を歩いたんですが、今回は下の線を歩く事が出来ました。
なので、1つ上の写真は下の線の道をあるきぐるっと回り込んだ辺りなんです。
なんとか1つ目の目標の前回よりは先へ進む!はクリア出来ました〜(ふぅ〜042.gif





a0154957_9431687.jpg

そして目の前に現れたちょっと怖そうな道。
実はいろんな人のブログでここの写真は何度も見た事あるんです。
なんとなく、ここまで来れば唐松山荘まではあとちょっと的に書いてあったので、もしやゴールは近い?
なんてちょっとわくわく〜♬
っていうのもつかの間。
唐松山荘まではこんな感じの回り込みが数回続いたんです・・・・・。(すでにヘトヘト)






a0154957_10211885.jpg

もうダメ〜
もうダメ〜
って思った時に「キラリン〜」と輝く赤〜い建物が!!





a0154957_1027830.jpg

もう一度
005.gif目を良〜く見開いて見る。
やっぱり唐松山荘〜だ〜〜〜!
あ〜り〜が〜と〜ございます。
気分はすでに唐松岳山頂です。




a0154957_10341429.jpg

ぉぉぉぉぉぉぉお〜〜〜〜。
五竜の文字まで!






a0154957_10374641.jpg

005.gifうわぁぁぁぁぁぁぁ〜
夢にまでみた唐松山荘だ。
かっこいいなぁ〜。





a0154957_10415114.jpg

テント場〜♬
カラフルなテントの色が綺麗だわ〜♬
で、で、で、肝心の唐松岳はどこかしら〜?





a0154957_1044384.jpg

015.gifがぁーん。
霧の中・・・・・。
薄々気が付いていました。
テント場を見ている時から。
もう見えても良いはずなものが見えていないなと。
多分、こんな感じだったのかなぁ〜? 
⬇⬇⬇




a0154957_1144752.jpg

Dannyさんと家族会議を開きました。
山荘前にいた案内の方とも相談しました。
最終のリフトに乗るためには、最悪何時に山荘前を出発するのが好ましいか?
2時とのお告げがでました。
実は、なんと、まぐれでまだ1時ちょいすぎ!!
山頂へ行って戻る時間はある。
しかも荷物は、小屋の前に置いて行っても良いよ〜って案内の方に言われた。(うん、身軽)
でも、お昼ご飯は?
お昼ご飯食べないと下山のパワーないよね?
ご飯をとるか?山頂をとるか?究極の選択です!
再び見上げれば山頂は霧の中。
039.gifんんんんんんんん〜
「ご飯にしましょう!」と、我が家の隊長が言いました。
「そうだね!」と、すんなり受け入れる。
この時点で、今回も唐松岳山頂の夢は崩れたのでありました。
残念でもあり、ちょっと満足でもあり、気分は複雑でしたがそう言う事なんだと受け入れる。






a0154957_11205581.jpg

唐松山荘では記念にバッチを購入し、いざ下山!
寒さもMAXです。






a0154957_11574840.jpg






a0154957_11591240.jpg

下山は慎重に!





a0154957_120509.jpg

落石に気をつけて、通り過ぎます。





a0154957_12124791.jpg

そして、ふと景色をみるとピンクの丸の所へ





a0154957_12103130.jpg

005.gif ひと、ひと!!!がいるじゃない!
これから「不帰ノ嶮」に行くのね!なんて思っちゃったり。





a0154957_12175584.jpg

さぁさぁ、この時間でもまだまだ登ってくる方が沢山です。
みなさんは山荘に1泊するので余裕ですね^^




a0154957_1222091.jpg





a0154957_12221148.jpg

遠くに「丸山」が見えてちょっとホッとする。





a0154957_12263673.jpg





a0154957_12264979.jpg

「丸山」を越え、ひたすら下る。




a0154957_1239626.jpg

「不帰ノ嶮」が良く見えるとことまでやって来て、唐松山荘前では見れなかった唐松岳山頂も良くみえました。





a0154957_12411998.jpg

そしてそして、唐松岳山頂には人がいますね!
唐松山荘前ではガスっていて見れなかった唐松岳、ココへ来てやっと山頂が見えましたよ^^






a0154957_1243441.jpg





a0154957_12435827.jpg





a0154957_124411100.jpg

どんなに急いでいても、チングルマだけは素通り出来ません!
なんて繊細なんでしょう!!





a0154957_12461134.jpg

雲がすごい〜と思ったのもつかの間。
この後、雨が降って来ました。
ポツポツ雨だったので大降りじゃなくって助かりましたけどここで事件発生!
レインウエアー出して着たり、ザックカバーしたり、バタバタ。
015.gifそして時計を見ればまさかのリフト終了・・・・・。
ここでよみがえる唐松山荘前の案内の方の言葉

案内の方:「何処から来たの?」

私:「黒菱です」

案内の方:「黒菱なら歩いて下りたら良いじゃん! ヘッドライト持ってる?」

私:「はい、持ってます!」

案内の方:「最近熊の目撃情報あるから、熊だけ気をつけてね!」

私:「熊避け鈴はありますが、実際出会ってしまったらどのように・・・・・?」

よみがえった!
まさによみがえった瞬間。
なんだかんだ言って、リフトが見える所まで来たら『動いてる!!』
まだ動いているのが見えたのでちょっと急いでしまったら、雨で湿った木道で2度程転ぶ・・・。
やってしまった、一番やっては行けない事をやってしまった。
滑ると分かってて、気をつけていても滑る!
これが崖っぷちだったらとか思うとゾッとしました。
とても勉強になりました!
その後はめちゃくちゃ落ち込みながら歩く。
八方池山荘前まで来たら勿論リフトは終了。
熊に会わない事を祈って、鈴をリュックに付け、ヘッドライトを付け気合いを入れて下山開始。
リフト脇の細い下山道を下る。
明るかったり、見晴らしが良かったらきっと気持ち良いだろうと思う下山道もすでに日も暮れそうだし霧に包まれ先が全く見えない。
何より、私達以外歩いている人に出会わないのが心細い。






a0154957_146822.jpg

黒菱駐車場前到着。
ココにでるのかぁと、到着後知った訳です。
なんせずっと霧のなかだったので。




a0154957_14114336.jpg

上の写真の私が立っているのが、ピンクの丸の所。
晴れていればこんなに違うのですね。
そして、ギリギリで真っ暗になる前に下山し、熊にも出会わずにすみました。
本当に良かったです。
今回の登山では本当に色々勉強しました。
次回からの登山のためにも今回学んだ事は忘れず気をつけて行きたいと思いました。
車に荷物を積んで、さぁ温泉へ出発〜♬ なんて所で再びさっきの下山道を見上げたら
なんとヘッドライトが2つピカ〜ンと光っています!
我々の他にも下山してる人がいたんですね。
ご無事で何よりです。



a0154957_14203544.jpg

下山後、滑って転んだ時にすりむいた傷を消毒。
これが結構痛かった訳でして。
逆に、これで済んで良かったとも言いますね。




a0154957_142121100.jpg

このバンドエイドを初めて使ったんです!
白馬の薬局で薬剤師さんに、傷口がバンドエイドのガーゼにくっついてはがす時痛い思いをしたくないのですが何か良いのありますか?と訪ねたらこれをオススメされたんです。
これは本当に素晴らしい。
怪我をすると水絆創膏をヒーヒー言いながらも使ってる友人にお勧めしたいと思いました。
この絆創膏なら水仕事もOK!!
はがす時も全く痛くありません。
これからは、常備ですね。


038.gif2度目の唐松も残念な結果となりましたが焦らずにまた来ようと思いました。
次回は唐松山荘を予約しよう!ってね。
[PR]

by junipunic | 2014-09-24 14:29 | お山日記 | Trackback | Comments(2)

2度目の唐松岳1

a0154957_7431070.jpg





a0154957_7134394.jpg

9月13日
2度目の唐松岳挑戦^^
前回は山頂にたどり着けず下山したのでもう一回頑張ってみようと、再び行って参りました。
1つ目のリフト「黒菱リフト」から見た景色。




a0154957_839855.jpg

2つ目のリフト「グラートクワッドリフト」。
八方駅からゴンドラアラム&アルペングワッドに乗って来た人達との合流地点になります。




a0154957_8441894.jpg

帰りのリフト最終時刻もチェック!




a0154957_846167.jpg

リフト乗り場の看板もチェック!
看板には、八方池から丸山まで60分って書いてあるんだけど私には絶対無理なタイムでびっくり!
皆さんは60分で行っちゃうんですかね?





a0154957_8521374.jpg

八方池山荘前到着。




a0154957_8524167.jpg

う〜ん、涼しくて気持ちがよい。
いよいよ出発です!





a0154957_902519.jpg




a0154957_903626.jpg




a0154957_904973.jpg




a0154957_91161.jpg




a0154957_911794.jpg




a0154957_9124261.jpg




a0154957_91381.jpg




a0154957_914110.jpg

私なりに、超飛ばして八方池まで頑張りました。
超飛ばして来て、何とかコースタイム通りの1時間半・・・・・(残念な事実です)
本当は、もっとゆっくり歩かないと後半体力が持たなくなってもっと残念な事になるので
前半に飛ばすのはとても無謀なのですが、前回は帰りのリフトの時間に間に合わなくなるので
山頂まで行かれなくて途中で引き返したのです。
なので、今回ちょっとタイムを意識して前より頑張っちゃったんです。
060.gifピンポンパンポ〜ン
何度も申し上げている事なのですが、私は沢山いる山登りさんの中でも最高にペースの遅い山登りさんでコースタイム通りたどり着ける事が奇跡なくらいなのです。と言う事で、私のタイムは参考になさらないで下さいませ。






a0154957_9255395.jpg





a0154957_9343287.jpg

八方池の上より、これから行く唐松岳方面の登山道を確認。




a0154957_9371988.jpg

いよいよ唐松岳へ向けての登山道の始まりです。



a0154957_9401547.jpg
[PR]

by junipunic | 2014-09-21 09:40 | お山日記 | Trackback | Comments(2)

週末は

a0154957_6295123.jpg

フラ仲間とのランチ^^
残念ながら私と写真の中の数人はフラを辞めてしまったけど今でもこうして集まれて嬉しいです。
フラ時代はしょっちゅうお邪魔してた友達の家なんだけど久しぶりに行ったら
入り口どこだっけ?
エレベーター下りて右だっけ?左だっけ?
な感じで、記憶がちょっと薄れていて悲しかった.....(トホホ)
そして、未だに続けてる皆さんは11年目だって言うので本当にすごいです。
今年も冬に向けてハワイの大会へ行ったり、日本の大会に行ったりと、忙しそうです!
頑張って〜♬




a0154957_636985.jpg

そして、こちらのお宅のご主人様はお料理上手!
当時から色々と作ってくれました^^
中でも、私の大好物キッシュ〜♬
焼いてくれました038.gif
またしばらく食べれないと思いありがたく頂きました。
[PR]

by junipunic | 2014-09-08 06:43 | 友達と | Trackback | Comments(0)

ふかしいも

a0154957_76186.jpg

ふかし芋が食べたくて食べたくて。
でも真夏の暑い日にふかすのはしんどいな〜って思って我慢してました。
このところ、涼しくなったので早速ふかして食べたら美味しい事!!
今日もおいも買いに行かなくちゃ〜♬
[PR]

by junipunic | 2014-09-05 07:09 | たべもの | Trackback | Comments(0)