<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

十六穀ごはん

a0154957_1749565.jpg

もちあわ
黒豆
黒米
アマランサス
発芽玄米
キヌア
たかきび
小豆
黒ごま
白ごま
もちきび
大麦
赤米
ひえ
はと麦
とうもろこし

034.gif以上16穀
最近、白米に混ぜて炊いてるんですが美味しいですね〜♬
上の16穀のなかの "アマランサス" は初めて聞いたんですが慢性貧血や老人性骨粗しょう症野予防に効果があるとの事なんです!
その他黒米の色素(ポリフェノールの一種)には血管を保護して動脈硬化を予防し、抗酸化作用があるんですって。
何より美味しいと言うのが嬉しいですね^^
今晩も美味しく炊けるかなぁ〜♬
[PR]

by junipunic | 2013-07-28 18:06 | たべもの | Trackback | Comments(0)

この夏2度目の大山さん

a0154957_1015982.jpg

067.gifDannyさんお誕生日記念登山へ行って参りました。
この夏2度目の大山さん。
前回同様ヤビツからのコース!





a0154957_1018277.jpg

不思議と今回は全然疲れませんでした^^
この前、疲れない登り方の本をちょっと読んで歩き方とペースを変えてみました。
いつ着くの?ってくらい遅く歩いてるんですが、息も上がらず山頂に着いてもぐったりしませんでした。この余裕、北アルプスでもこうだったらいいのに〜って思いましたけど、それは無理ですよね。
でも、こうして練習する事が無駄ではないと信じて頑張ります^^
新しいブーツも最高!
なんて履きやすいのでしょう〜♬
[PR]

by junipunic | 2013-07-20 10:22 | お山日記 | Trackback | Comments(0)

唐松岳4

a0154957_158653.jpg
唐松岳3の最後の写真の赤丸の部分の手前。
竜のような岩に書かれた赤丸の文字をきちんとみなさい!と言っているようで^^




a0154957_15135624.jpg
お花も可愛い。




a0154957_15131422.jpg
少し寒かったのでここで上着を1枚追加。
ちょっと肌寒くなって来たのと、風もさっきより強く吹くようになりました。





a0154957_1448352.jpg
唐松岳3の最後の写真の赤丸の部分です。
近くまで来ると、2通りの道があるのが分かります。
みんなは右側に進んで行きます。
もちろん石に書いてある丸印も右側の道に書いてあるのでそっちへ行かなくてはなりません。



a0154957_14502116.jpg
さらに近くで見ると、左側の道の雪かきをしている方がいますね。
その手前をやはり女の子が右側へ登って行きます。
やっぱり、あの雪かきしている方の道が夏道なのかなぁ〜?
私もそっちに行きたいなぁ〜〜〜〜〜〜〜って。




a0154957_151926100.jpg
またまた少し進んだ所で振り返る。
自分が歩いて来た道がよく分かる^^
ここでと〜っくの昔にぬかされて、ぬかされる時にちょっとお話した方が唐松山頂まで行って帰って来た所で再会。山頂の様子をあれこれ聞く。ここから山頂までどのくらいか?危ない所はあったか?
ねほりはほりです。
お話を良〜く聞き、考えました。
山頂はなにも見えないらしく、体力も丁度折り返し時をむかえていたのでココで決断!
下山です^^





a0154957_15241737.jpg
ちょっと前の写真にもどりますが、今回の私達が行かれたのは写真の「ココ」の部分まで^^
十分満足です。
ただ、1つだけ残念だったのが登りながら唐松岳が見えなかった事でしょうか。
でも、雨にもふられずレインウエアーも出さなくて済んだので何よりで、感謝です。





a0154957_15361221.jpg
これより先の道は、写真にだけ納めて置く事に。
次回来た時もココを通るのか?
それとも、未知の夏道へいかれるのか?
楽しみです♬





a0154957_15371188.jpg
今回のゴール地点にさよならを言って、よし!もうひとふんばり!!




a0154957_15384740.jpg




a0154957_15394089.jpg




a0154957_15432656.jpg



a0154957_15434062.jpg
丸山まで戻って来ました。




a0154957_15441227.jpg
登って来た雪渓を下る。
下りは登りより難しい。
かかとから、ぐさっと!さすように慎重に!
な〜んてタラタラやっていると、後ろから「スァーーーーー」「スァーーーーー」って音がするから振り返ってみると、スキーを履いてないのに、履いているかのように雪を滑って降りてくる方が!
ありゃ〜上級の技だなと憧れのまなざし038.gif 私がやったら一発で032.gif
なので、決して真似は致しませんが・・・・・。





a0154957_1550174.jpg
八方池も近くなって来ました^^




a0154957_1552487.jpg
登りでは目につかなかった、ダケカンバエリアにあった鳥のような木!
カッコいい〜♬




a0154957_1558331.jpg
憧れの白馬岳はどれかな〜?
って思って何枚も写真撮ったは良いけれど・・・。
一体どれが白馬岳かわからず・・・。




a0154957_1602387.jpg
たまに降り向くものの




a0154957_1605038.jpg
1人でどんどん下ってしまう。




a0154957_161191.jpg
いやぁ〜
八方池だ〜
なんだかココまで来ると安心致します。





a0154957_162344.jpg
岩場のお花をパチリと撮って。
私も急いで後を追います!






a0154957_1625423.jpg
行きには通らなかった八方池方面へ降りて行って見ました。




a0154957_1672914.jpg
ここで帰りのリフトの時間もチェックし、余裕をもって降りれると確信し、一安心。




a0154957_16105588.jpg
最後に八方池山荘横のトイレの外にある地図をみておさらい。





a0154957_16122952.jpg
リフトも最終より前に乗れました^^




042.gifいやぁ〜無事下山ありがとうございました。
道ですれ違って色々アドバイスして下さった皆様、本当にありがとうございました。
今回は唐松岳山頂まで行かれませんでしたが、このコースは山頂まで行かれずとも沢山の素敵な景色が見れるのでとても満足です^^
とはいうものの、自分があとどのくらいで山頂についたのか?知りたいので、来月再チェレンジを決定しました♬
夏道になってるといいなぁ〜なんて037.gif

帰りは黒菱リフトのチケット売り場で買うと安くなる白馬八方温泉のチケットを500円の所、300円で購入!(安い!)
このチケットを持っていると以下のどれでも良いので入る事が出来るんだとか。
白馬八方温泉公式サイト
私は、第1郷の湯に入りました^^
実は、前日に泊まったホテルは源泉掛け流しでとっても良くて、なんだかツルツルだったんです!
この八方温泉のお湯もとても気持ちよかったです〜♬
白馬の温泉はとても私に合っているようです。

と言う事で、
次回までに少しでも体力をUP出来るよう、頑張りたいと思います^^

a0154957_16314720.jpg
[PR]

by junipunic | 2013-07-18 16:32 | お山日記 | Trackback | Comments(4)

唐松岳3

a0154957_828317.jpg
ドドン!
いよいよです!!


a0154957_8303629.jpg
八方池を後に、少し行った所で振り返るとこんな感じ^^
さっきいた八方池の辺りが良く見渡せますね〜♬




a0154957_8374094.jpg
こちらの方も見てみると、さっき八方池の辺りで食べたパンのチョコをくっつけたまま歩いているものですからからびっくり!
026.gifあの〜、そうなんですよ。疲れてくると自分の事も人の事もかまってらんなくなるんですよね。
なので、チョコもこのまま放置。




a0154957_8421816.jpg
そしてとりあえず天候も心配なので先の方〜にみえる写真のココと書いてある所まで行ってみる事に。
赤い線で何となく歩いた道をなぞってみたのですが、少々アバウトでございます。





a0154957_8442267.jpg
こういう道を歩いている時がとても幸せを感じる。
息も上がらないし、木を眺めながら歩くととても癒される。
そう、この木。
うちのDannyさんは「白樺だ!白樺だ!綺麗やなぁ〜」と言いながら楽しそうに歩いていました。
でもこれは「ダケカンバ」です。
ちなみに、Wikipediaで調べると、白樺も「シラカンバ」と言うみたいですね^^
ダケカンバ、シラカンバ、木も似てるけど名前も似てますね^^
034.gifで、このダケカンバはシラカンバ(この呼び方気に入った)よりも高い所にあるようです。また、樹皮がシラカンバよりもかなり赤茶色がかっている点、葉にやや光沢がある(シラカンバの葉には光沢がない)で区別できる。明るい場所に生え成長が早いこと、森林が何らかの理由で破壊されたあとに真っ先に生える木であること、などの特徴はシラカンバと共通する。亜高山帯の上部、森林限界近くではしばしば純林に近いダケカンバ林となる。また、森林限界を超えても、ハイマツの中に混生している例もある。普通は樹高10~15m、大きいものは30mにも達する一方、森林限界近辺では低木状となる。
(とWikipediaに書いてありました)
特に気に入ったのが「森林が何らかの理由で破壊されたあとに真っ先に生える木」と言う部分^^






a0154957_10521461.jpg
あっかんべ〜をした怪物みたいに見えませんか?
良い目印になりそうです♬





a0154957_11195556.jpg
ダケカンバの道を抜けた所。




a0154957_11221710.jpg
Dannyさんが見下ろしている景色はこんな感じ^^


a0154957_11224919.jpg
そしてまた登る。




a0154957_11284290.jpg
すると丸山が見えて来ました。




a0154957_113015100.jpg
そして再び登る。





a0154957_11363572.jpg
そうこうしていたら再び雪渓が出て来た。
025.gifう〜ん、ここはちょっと怖いなぁ〜って思いました。
前の人が歩いた足跡が残っていたので同じ所に踏み込みながら進みます。




a0154957_1139169.jpg
私にとって、岩のゴロゴロした所を登るよりは息が上がらなかったのですが、その反面滑らないようにと気をつけるので神経使いました(ふぅ〜)なんせ、靴ならしをしてなかったため新しいブーツではなく履き慣れたローカットの靴で来てしまったと言うのもあったりで一歩一歩慎重に進みました。
周りをみてもアイゼンを着けてる人はいませんでした。
勿論あると安心だと思います。
下りなんかは、私のようなトロトロ登山者にはアイゼンあるとばっちりなんですけどね^^




a0154957_1144837.jpg
再び振り返ると、さっきよりも八方池が小さくなって来ました。




a0154957_11503058.jpg
不帰のキレットがある方向をみると、上の方がかくれちゃってて、どれが不帰かわからず・・・・・・。
方向はあってるかと008.gif





a0154957_11511126.jpg
雪渓を抜け、ちょっとだけ山道を歩き抜けた所。
さっきよりも丸山が近く感じます。
でも、唐松岳は相変わらず姿形も見えていませんね〜
とりあえず、ココが、最初にココまで行ってみよう!!と言ってた場所なんです。
と言う訳で、再び会議。
横で写真を撮っていたお父さんに「どうですかね〜?」と訪ねる。
もしかしたら天気が良くなるかもね?と言って頂き、じゃぁとりあえず「丸山」までは行ってみよう!と、目標地点を変更。
お父さんは、地元の方と言う事で「いいですね〜近くにこんな素敵な山があって」と言ったら、「そうだよ〜庭みたいなもんだよ^^」と、話してくれた。





a0154957_1214872.jpg
そして、丸山方向を見上げるものの、どうやって行くんだろう?と。



a0154957_1719470.jpg
前を歩く人が見えるのでおってみるとだいたい(またアバウトですみません)こんな感じで歩いていたので私達も出発!




a0154957_12191100.jpg
雪解け水が流れて来てました。
水の流れる音がとても心地よかったです^^
もしかして、この先は雪渓かな?なんて。





a0154957_1311282.jpg
雪渓でしたね^^
さっきの雪渓より坂がなだらかだったのと雪質もこっちの方が歩きやすく問題なく通過。




a0154957_13504573.jpg
丸山到着。
ここで再び会議。
時計を見て下山時刻も計算したらもうちょっと行けそうだったので、もう少し行ってみる事に♬




a0154957_13521152.jpg
時間の節約のため、ケルンのそばまでいかないでそのまま進む。




a0154957_13525479.jpg
ちょっと登って。




a0154957_1411420.jpg
振り返り、丸山ケルンを見下ろす。
あそこにいる皆様はこの数分後、私達の前を歩いていると言う、相変わらずのトロトロ歩き。
最初に出発したはずなのに、最後に帰って行く組です。




a0154957_14507.jpg
こんな所に出ました!
これから行く道がよく見えます。




a0154957_1451368.jpg
風も強く吹く時があるので要注意です。




a0154957_146677.jpg
なので写真は座って撮りました。





a0154957_14161333.jpg
先へ進みます。




a0154957_14163048.jpg
ハイマツ。
可愛いですね〜




a0154957_14164468.jpg
ハイマツの道はとても気持ち良いです。




a0154957_14192968.jpg
もうそろそろ、この写真の赤い丸の部分に到着なんですが、下にも道があるような、でもみんなは上に行ってるし〜
気になりながら歩く。
そう言えば、通り過ぎた方々のお話では夏道がまだ使えないから冬道だよ〜って言ってたそれがこれ?
もしや、もう通過したけどやはり夏の間とは違う道が他にもあったりしたのかしら?
このあたりから、やけに気になり出した。
というのも、たいぶ疲れて来たからであります。

a0154957_1432489.jpg
[PR]

by junipunic | 2013-07-18 14:33 | お山日記 | Trackback | Comments(0)

唐松岳2

a0154957_16363357.jpg
八方池山荘前の地図


a0154957_1637361.jpg
八方池山荘横のトイレと売店


a0154957_16374276.jpg
 



a0154957_1753565.jpg
トイレの横からいよいよスタートです。
ここで、歩きやすい木道コースと、ちょっと岩がゴロゴロの登山コースに分かれます。
どっちの道を通っても第2ケルン辺りで合流するのでお好みで^^




a0154957_1794249.jpg
私はと言うと勿論こちらの「歩きやすい木道コース!」
ヨ~ロレイヨロレイヨロレイヨロレイヨロレイヨロレイ〜♬
こんな事してるから、体力が続かないのです・・・。



a0154957_2114315.jpg



a0154957_212756.jpg



a0154957_623623.jpg



a0154957_63050.jpg
木道上に少し雪渓がかぶっている箇所がありました。
ので、早速雪渓上を歩きます(ドキドキ)



a0154957_64173.jpg



a0154957_643534.jpg



a0154957_6112233.jpg



a0154957_6113738.jpg



a0154957_636359.jpg
雪渓を抜けたらトイレの小屋が見えて来ました^^
6月中旬〜10月中旬で利用可能のようです。




a0154957_637898.jpg
トイレを背に進むと「第2ケルン(息ケルン) 2005m」が見えて来ました。



a0154957_6381449.jpg
「第2ケルン」
ちょっと上に「八方ケルン」が見えてます。



a0154957_642416.jpg
「八方ケルン 2035m」到着。



a0154957_64243100.jpg
しばし景色を眺める。



a0154957_6432713.jpg
「八方ケルン」の先で道が2通りに。
「八方池」に降りて行く道と、そのまま「第3ケルン」方向へ進む道。
八方池の先で再び合流する。
ちょっとだけ八方池見えてますね^^




a0154957_6452265.jpg
私達は池に降りてる時間がなかったので「第3ケルン 2080m」方向へ進みました。



a0154957_6463313.jpg
ので、池は上からちょっと見ただけ^^
帰りに時間があれば寄りましょうと言う事に。



a0154957_6483745.jpg
ここで少し会議。
この先からは登山コース。
唐松岳を目指すのでもちろん進まなければならないのですが、お天気がちょっと心配。
唐松岳も見えていないし、第三ケルンで休憩中の方とお話ししてると、今日はここで引き返したら?
なんて言われたり。
悩む〜〜〜〜〜〜〜〜 ><
Dannyさんが、折角来たしもう少だけ進んでみよう!と言うので先へ進む事を決断。
この先あまりに天気が悪くなるようなら引き返そうと言いながら^^


a0154957_725280.jpg
[PR]

by junipunic | 2013-07-15 21:19 | お山日記 | Trackback | Comments(0)

唐松岳1

a0154957_1448547.jpg

2013年7月11日(木)
念願の唐松岳登山です^^
結論から言いますと、体力切れで山頂までは行かれませんでしたけどもうちょっと頑張ったら着けそうだったので、また今度行ってみようと思っています!




056.gif唐松岳 2696m
八方尾根は北アルプス(飛騨山脈)の北に位置し、白馬連峰の唐松岳から四方八方に尾根が延びている頃から八方尾根と名付けられた。
八方尾根のスキー場リフトを降りた所にある八方池山荘から山頂までのコースタイムは往復で6時間30分。八方池山荘から八方池までは木道が整備され八方尾根トレッキングコースになっていて八方池より先は登山エリアになるのでそれなりの装備が必要。(と書いてありました^^)
そうそう、こんな事も書いてありました。
梅雨明けの短い期間を除き、夏の後立山連峰は快晴になることが少なく、朝9時頃になるとガスが湧き始め、10時頃には山頂部のほぼ全部が 雲で覆われてしまうことがほとんどです。
快晴になるのは例年9月中旬からとされています。




八方池山荘までの行き方は2通りあるようです。
1. 黒菱林道で黒菱リフト乗り場まで車で行き(黒菱第3ペアリフト)と(グラートクワッド)の2つのリフトを乗り継いで八方池山荘まで。
詳しい行き方、時刻表などはこちらから。

2.八方ゴンドラ「アダム」八方駅より(6人乗りゴンドラアダム)と(4人乗りリフト、アルペンクワッドリフト)と(4人乗りリフト、グラートクワッドリフト)を乗り継いで八方池山荘まで。
詳しい行き方、時刻表などはこちらから。

①② 共に最後のリフト(グラートクワッド)で合流します。
①② の乗り場によってリフトの始発時間が違うので自分の都合に合わせて選ぶと良いかと思います。
私達の行った日は①の方が始発時感が早かったのでいつも登山のコースタイムを遥かにオーバーして帰ってくるので少しでも早く出発したく黒菱から出発。(料金もこっちの方がお安くて^^)



a0154957_8255536.jpg

地図お借りしました。
字が小さくてちょっと読みにくいですが・・・。
よければこちらの方が見やすいです。
地図で見ると、八方池より先の登山装備が必要なエリアが短く感じますがそんなに甘くないのが現実。
このコース、初心者コースと書いてあるんですがこれも毎回の事ですけど私には初心者コースでも辛い訳で・・・(トホホ)今回もとても苦しかったです。
*ちなみに、すべて体力の無い私のレベルのお話としてお読み下さいませ。





a0154957_8381913.gif

地図をもうひとつ。
白馬村ホームページさんよりお借りしました。
こちらの方が見やすいので良ければどうぞ。





ではでは、今回のコースを037.gif

a0154957_10334147.jpg

リフトチケットは往復なのでなくさないように注意を^^



a0154957_931781.jpg


a0154957_931176.jpg

黒菱ラインリフト乗り場
駐車場は無料でした^^





a0154957_9355841.jpg

1個目のリフト(黒菱第3ペアリフト)


a0154957_937645.jpg

降りた所には長野オリンピックのジャンプ台が^^



a0154957_9374415.jpg

2個目のリフト(グラートクワッド)乗り場は目と鼻の先。
お花畑を見ながら進みます。


a0154957_938479.jpg


a0154957_9385890.jpg


a0154957_9543722.jpg


a0154957_9391164.jpg




a0154957_9392947.jpg


a0154957_9393965.jpg


a0154957_10354887.jpg

こちら2個目のリフト(グラートクワッド)乗り場。
降りた所に八方池山荘がある訳です^^




a0154957_9485453.jpg


a0154957_9492770.jpg

これから歩く道を見上げる。


a0154957_950132.jpg


a0154957_9501677.jpg

八方池山荘前到着です!
トイレ、売店あり。
ちなみにこの日売店はやっていませんでした。
ここに売っているか分かりませんが手ぬぐい欲しかった〜



a0154957_10322499.jpg
[PR]

by junipunic | 2013-07-13 15:08 | お山日記 | Trackback | Comments(0)

3足目で

a0154957_1031165.jpg

最近めっきり登山の話題ばかりですが。
先日「好日山荘」にて、3足目の登山靴を購入してしまいました!!
登山靴って選ぶのが本当に難しいのです。
1足目のハイカットは、全く足に合わず足が痛くていたくて歩けた物ではありませんでした。
1足目のトラウマでハイカットは痛い><と思い込んでいたので2足目はロウカットを購入しました。
これは、なかなか良く、足の痛みも感じる事なく歩く事が出来てノーストレスでしたが、少々行き先によっては危ないとも聞いたのでハイカットも持っていると幅も広がるし、今年行く予定のアルプスでは大活躍するだろうし、と言う事で買って頂いた次第です^^
意識してる訳ではないのですが、気が付いたらリュックも赤、ウエアも赤、靴まで赤!
になってしまった。
真っ赤な人がアルプスを歩いてたら、それは私です012.gif
なんにせよ、靴を履きならしたく、今週末も近所の大山へと計画しておりましたがちょっと体調不良で行かれず、家で靴だけ眺めていると言う始末に。。。
うずうずするな〜って思って。
[PR]

by junipunic | 2013-07-07 10:12 | お山日記 | Trackback | Comments(0)

江ノ島

a0154957_20565256.jpg



a0154957_2057745.jpg



a0154957_20572652.jpg



a0154957_20574031.jpg



a0154957_20575322.jpg


いよいよ7月になっちゃいましたね〜
まずいですよ、ぜんぜん北アルプス登山準備できてません・・・・・。
近所の大山さんでトレーニングしたいのですが、なかなか時間がなく。
時間がある時は雨だったり・・・。
じっとしてる訳にもいかず、今日はDannyさんの歯医者だったので帰りにちょろっと江ノ島へ。
なるべく人のいない道を選び、ひたすら登る→下る→登るといった感じで。
江ノ島でも頂上というサインがあると今日初め知りました^^
頂上と言う文字を見るとどうしても目指してしまう・・・・(っああ。。)
で、意外と疲れちゃったりしまして、ちょっと自信喪失(タラ〜)
平日とも言うのに沢山人がいましたよ、江ノ島^^
7月中に唐松岳、8月に白馬岳と行きたい所です!!
頑張ります!!
[PR]

by junipunic | 2013-07-02 21:08 | いつもの事 | Trackback | Comments(0)

やっぱり美味しかった^^

a0154957_17343223.jpg

とても久しぶりに風見鶏ラーメンへ^^
このラーメン屋さんは私同様、古いですよ〜♬
昔から通っているのですが、私が注文する定番メニューがいくつかありまして。
本日食べた
「風見鶏ラーメン」
とろとろのあんにはタケノコとか、生姜とか、たぶんキクラゲとか、卵とか、ん〜あとなんだろ?
ちっちゃく刻んであるのでよく分かりませんがこのような食材が入ってるんです^^
これに、お酢た〜っぷりと、ラー油た〜っぷり入れて食べるのが好きです。
冬は身体もポカポカになり、夏は汗をかきながら(何度なく身体の毒素が出てる感じになれる)食べる私の一押しメニュー。

その他に、五目あんかけそばもあって、これは、毎回悩むんですよ、風見鶏ラーメンとどっちにするか?それと、シンプルなラーメンも美味しいんです^^
久しぶりに食べにいったらやっぱり美味しくて、またすぐ行きたくなっちゃいました><
今度は今日よりもっとお酢いれちゃお〜っと^^
[PR]

by junipunic | 2013-07-01 17:43 | たべもの | Trackback | Comments(0)