カテゴリ:お山日記( 85 )

菩提峠〜三の塔

a0154957_9511184.jpg

5月2日(土)ゴールデンウィーク初日!!
朝からとてもよい天気。
ちょっと遠出して八ヶ岳の方まで行くか悩んだのですが絶対渋滞に巻き込まれ疲れ果てるに違いない。
と言う訳で、この度も地元丹沢「三の塔」を目指し「菩提峠 P」より出発。 
駐車場へは8時前に着いたのですがすでにパンパンの満車だったのですが、隙間をみて駐車。
さてと、出発しようかな〜って思い辺りを見渡していたら「あら?こんな所に道あったっけ?」と、
なにやら山の中へ続く道発見!!
さらに私達の後から来た人がそこへ数組入って行ったのです。
近くへ行ってみると「日本武尊の足跡」と書いてあるのです。
039.gifん〜?
どんなルートか気になって仕方がない。
Dannyさんと相談し、いつも使っている表尾根のコースは止め「日本武尊の足跡」入り口へGO!!
ちなみに、家に戻り「日本武尊の足跡」について調べてみました。
するとこんな文章を見つけました!

『草なぎの難を逃れた日本武尊は「えぞ」征伐に東へ東へと進んで行きました。いよいよ目指す相模の国の阿夫利山(大山)に兵を進められたのです。しかし、もう少しのところで、兵士達は、いきも絶え絶えに疲れ果ててしまったのです。それもそのはず、この辺りには一滴の水もありません。のどはひりひりと焼きつき、水欲しさに気も狂わんばかりです。その姿を見た日本武尊は、「水無きを憂う。」と、申され、そばにあった大きな石を力強く踏みつけられました。すると、どうでしょう。大きな石の下からこんこんと清水が湧き出したのです。それを見た兵士達は、大喜びでのどを潤し、元気を取り戻したのです。
そして、この水はどんなに日照りが続いても水が枯れたことがなく、村人達の飲み水として使われてきました。村人達は、水のお礼と日本武尊の恩を忘れないため、石碑を建てて徳を伝えてきたそうです。
ところが、明応7年(1498)に大地震が襲い、こんなに村人達につくしていた清水も地震には勝てなかったのでしょう。一瞬にして埋まってしまったのだそうです。不思議にも片足の足跡だけは、地表に残されたのです。大きくあいた足跡は、今でも菩提の山の中に残っていて、いつもいつも、水が溜っているそうです。

ピンクの文字の部分に記されてる場。
まさにその地を見て来たのですが、その瞬間はなんだか分からず少し立ち寄っただけだったのです。
知識が無く「ふ〜ん」って言いながら通り過ぎたのですが、家に帰って調べたのでもう分かったぞ(笑)

と言う訳で、前置きが長くなりましたが登山スタートです037.gif







a0154957_10581567.jpg

表尾根に比べると、出だしから細めの山道。






a0154957_10585154.jpg

すぐに、まぁまぁ急登が始まる。






a0154957_10595754.jpg

耐えて





a0154957_1101161.jpg

耐えると




a0154957_10593077.jpg

平らな道^^






a0154957_1105290.jpg

綺麗な景色も!





a0154957_111841.jpg

ちょっとしたお花畑も!






a0154957_1123178.jpg

私の好きな小さな松ぼっくりみたいな木も。




a0154957_1142099.jpg







a0154957_1144845.jpg







a0154957_1152511.jpg

かろうじて咲いていた山桜も!!
残念〜。
もう少し早く来ていたら、満開で綺麗だったなーーーー(後悔)





a0154957_1173149.jpg

桜の次は、なんと眺めの良い場所なんだ!






a0154957_11819100.jpg

富士山まで続く山々が素晴らしい。






a0154957_1131258.jpg

じゃ〜ん!しばらく気持ちの良い尾根道が続いたので自撮り棒の登場!!
頂き物なのですが、これがお山で大活躍中!!
動画も撮ったりして楽しいのです。






a0154957_11124042.jpg

そして合流したのが「二ノ塔」と二の塔から見た「三の塔」。






a0154957_1113850.jpg

私達が上がって来た道。
ここからモグラのようにひょっこり首を出す感じで出て来るのです^^






a0154957_11141539.jpg

「二の塔」には大きな石が置いてあり、なにかな?って思ったら皆さんが協力してしたから上げて来た石でした!これも、後から分かったんですが(行きにはなかったので)
下山は表尾根にしたんです。
すると、






a0154957_11164676.jpg

表尾根の登山道入り口に沢山ビニール袋が置いてあって余裕のある方はご協力を!と言った感じで
置いてありました。
行きに通っていたら1袋くらいなら何とか私もボッカさん出来たかも?(笑)







a0154957_1119880.jpg

話は前後しましたが、無事「三の塔」に到着です(自撮り棒)






a0154957_11234586.jpg

山頂が混んでいたのと、日差しが強かったのと、まだ午前中と言う事もあって
お昼ご飯は下山後にしようと言う事になり、少し休憩して出発^^






a0154957_11264454.jpg

登りには通らなかった石のゴロゴロ道(自分ではそう思っております)
ココは陰がないから結構しんどいポイントなんですよね。
今回は下りのみだったから、ラッキーです。






a0154957_1128897.jpg

下山途中に見かけた大きな桜の木の下には、沢山の桜の花びらが。
まだ綺麗なピンク色だったから、散って間もないはず〜。
残念だわぁ〜。
ホントにあと数日前に来ていたらと、後悔......。
でも、この散った花びらもとても綺麗で登山道がちょっとピンクになってました^^

と言う訳で、今回のお山も楽しく行って参りましたがそろそろ丹沢も暑くなって来た感じですね。
ムシムシして来ると少し登りづらくなります。
あとは、八ヶ岳の方の雪が完璧になくなったらそちらへも行ってみたいですね♬
ではでは、皆様よい休日を!
[PR]

by junipunic | 2015-05-03 11:33 | お山日記 | Comments(0)

グ・レ・ト・ラ

a0154957_73422100.jpg


ウシシシシシ004.gif
発売されましたね〜♬
ちゃんと、お近くの蔦屋で予約までして買いました。
と言うのも、5月にお近くの蔦屋で今回の執筆イベントがありまして。
なんと先着70名はイベントに参加出来ると言う特典付きでありましたので少し必死になってみました。
お山のアイドルに再び会えるのはとても楽しみだわぁ〜。
そして、お山のお話もたっぷり聞いて来たいと思います。









a0154957_740156.jpg

中をちらみ!
最初のページには百名山の山頂で撮った数々の写真が。
前も少しブログに書きましたけど、今までは99座目のポーズが好きだったのですがこの写真を見たら
なんと!剱岳の山頂での逆立ち、しかも頭だけでしている逆立ちの写真を見て大笑い!!
最高です。
私の中で99座目を追い越し、1位のポーズとなりました^^

じ・つ・は!!
イベント当日は本にサインなんかもらえちゃうとかで。(ウシシ)
今からどの部分にサインをしてもらうか考えております。


さて、ゴールデンウィークが始まりますね。
今年は天気も良さそうですね!!
皆様どうぞ良い休日を^^
[PR]

by junipunic | 2015-04-29 07:49 | お山日記 | Comments(0)

ヤビツ峠〜大山(2015.3.31)

a0154957_16444746.jpg


3月31日(火) 
天気晴れ 
お山の気温なんと23度! ですが風は少し冷たい。
道中所々ゴォ〜と言う風が吹いていたものの、山頂は穏やかでお弁当も気持ちよく頂けました。
お山のなかの桜はまだもう少しかな。
ヤビツ峠のバス停手前の舗装路では、ちらほらと桜も咲いてました♬ 






a0154957_16494246.jpg
 



a0154957_16495528.jpg
 



a0154957_1650835.jpg
 

登山道のどろんこ道もなく、もちろん雪もなく、安心して歩けました。
ところが、ヤビツ峠のトイレはまだ使えない感じでした。
水が流れないようなのでヤビツに来る前に済ませた方がよさそうです。
ヤビツの登山道入り口には、山頂トイレも使えないような事が書いてあったのですが
山頂に行ってみたら、みんな普通にトイレに行っていました。
(自分は自然に呼ばれていなかったので使用していないのですが)

今シーズン初の大山さんでした。
今年は何度いかれるでしょうか^^
実は、地道に通っている成果でしょうか?
少しずつ登るタイムが縮んでいました。
うれしいです。





a0154957_16561785.jpg



a0154957_16562966.jpg
 

そして、下山後はふもとのお豆腐やさんでおぼろ豆腐を購入!
登山中暑かったのと、昨日は気温も高かったので冷のままザーサイのせて頂きました。
それから、冷やし中華。
これも今年初037.gif
[PR]

by junipunic | 2015-04-01 17:02 | お山日記 | Comments(0)

山の日

a0154957_11243040.jpg


3月も最後の週末ですね。
桜も咲いて来ましたね。
そろそろお山の季節ですね。
と言う事で!!








a0154957_102309.jpg


この週末、東京国際フォーラムで開かれている「山の日」のイベント初日へ行って参りました。
2016年より8月11日が国民の祝日「山の日」となるようです。
日本は国土の7割を山が占めているんですって。
ので、8月11日を山の日にする事で山に感謝することを目指すと言う事だそうです034.gif




a0154957_10103363.jpg

こちらはヤーマン。
山と渓谷社さんがこの「山の日」を一人でも多くの人に知ってもらい、山に興味を持つ人が増えて欲しいと言う願いを混め、応援キャラクターとしてヤーマンを作ったそうです^^
ヤーマンの他にも可愛いキャラクターが会場内をぐるぐるしていましたよ〜♬
私は、ヤーマンがお気に入り。
可愛かった。






a0154957_10161461.jpg

会場内は大忙し。
あっちでは何時から〇〇。
こっちでは何時から〇〇。
地上会場ステージではスポーツキャスターの萩原さんがお話されてたり。





a0154957_10392844.jpg



a0154957_1039468.jpg



a0154957_10415851.jpg



a0154957_10421137.jpg


日清のブースでは、
パネルの前で写真を撮るとただいま売り出し中のカップヌードルを一人1個プレゼントしてくれたり
整理券をゲットすると、カップヌードルのリフィルを作って食べる体験が出来たり。
私達も、ガッツで並び整理券をゲットし美味しく頂きました。
何より嬉しかったのが持ち手の付いたカップヌードル用のカップがもらえちゃうのです。
これからお山へ行く時大活躍な予感。







a0154957_10492263.jpg


深田久弥のブースもございました。







a0154957_10541785.jpg



a0154957_1055394.jpg

そして、我が山のアイドルのコーナーでは新着情報ゲットです。
なんと、この5月から新たに一筆書きで200名山に挑戦するそうですよ!(たいへ〜ん)
すでに100名山は終わったので、こんどは101から200までの山々に挑戦と言う事らしいです。
ので、ブースには200名山の本がありましたよ。






a0154957_1121016.jpg

左側にかかっているのが100名山一筆書きの時に着用したウエアで
右側にかかっているのがこれから挑戦する200名山一筆書きで着用するウエアとの事。



a0154957_1135324.jpg

これはその左側の100名山の時の。
これ着てた着てた〜。
って思いながらながめる。


a0154957_1111151.jpg

こちらは百名山一筆書きの時、履いていた靴。
こんなに沢山履いていたんですよね。




a0154957_117265.jpg

あとは何と言ってもこの黄色いリュックでよすね。






a0154957_1113899.jpg

そして、我がアイドルもステージでトーク。
アドベンチャーレース仲間の田中さんとダブル田中でトークを。
とても混んでいて、こんな所からしか・・・・・。
水上でのトレイルのお話もしていたんですが、とても興味が湧きました。
もっと詳しい情報が知りたいな〜。




a0154957_11112945.jpg
 
っぷ。
ちょいと嬉しいこんなことも。
本当は99座目の時の「きゅうじゅ〜きゅ〜」のポーズを一緒にやりたかったけど言い出せず・・・。
「この男、ただ者ではない!」

043.gif良い1日でございました。
[PR]

by junipunic | 2015-03-29 11:23 | お山日記 | Comments(2)

日本百名山地図帳

a0154957_12122740.jpg


038.gifじゃじゃ〜ん。
♬心弾むグッズを購入してしまいました。
お山の地図帳です。
山と渓谷社』さんから出版されている「日本百名山地図帳」です^^
元々地図を見るのは好きで飛行機に乗った時など、機内誌で地図がありますがずっと見てても飽きません。高速道路を走っているとザービスエリアに置いてある高速道路の地図も大好きでずっと眺めています。そして、とうとうお山の地図です!!
私のような、のろのろ登山者には緻密なコースタイムの計算をして出かけないと大惨事につながってしまうのでお山へ出かける前の準備としては大事な行程の1つなのです。
さてさて、私にも登れるお山は何処にあるかなぁ〜とページをめくると。




a0154957_1221268.jpg

登るのが「楽」な百名山コーナーと、


a0154957_12224937.jpg

登るのが「大変」な百名山コーナーがありました!
034.gif迷わず楽な方から攻めたいと思います^^




a0154957_12254398.jpg

地図はこんな感じで





a0154957_1227219.jpg

お山の説明はこんな感じで。
この春1発目のお山を選考中でございます。
あいにくの寒〜い雪になるだろうと言われてる今日ですが
地図のおかげで楽しく過ごせそうです(ウフフ)
[PR]

by junipunic | 2015-02-18 12:32 | お山日記 | Comments(2)

お山のバッチ

a0154957_10173458.jpg


実は、
去年からお山のバッチを集めてみる事にしました^^
唐松山荘では、気に入ったのが2個あったので2つ買ってしまいました。
少しずつ増やしたいなぁ〜と。
そして、行ったけどバッチを買わなかった山へはもう1度行かなくては!!と、燃えております。


我が町は今日、いいお天気です。
昨日よりも少し、暖かくなった気もしますね。
昨日はウォーキングしながら、大山や富士山の山頂がよく見えたので観察したら
富士山はともかく、丹沢方面も上の方は雪が積もっていそうでしたね。
と言う事で、まだしばらく丹沢には行かれそうにないなぁ〜。
箱根はどうかな?
観光案内所に電話して聞いてみましょう034.gif

では、良い1日を^^
[PR]

by junipunic | 2015-02-11 10:28 | お山日記 | Comments(0)

天下の秀峰金時山(2015.1.17)

a0154957_10284041.jpg


a0154957_10314985.jpg

年明け最初の登山に行って参りました!
相変わらず冬山装備の揃っていない我々の登山は、無雪の山を探して登る事^^
夏に向け、少しでも登っておきたいと言う気持ち(笑)
年初めは地元丹沢の大山さんをと思っていたのですが、雪がちょっと心配なのと
何よりも、ヤビツまで行くのに我が家のチェーンなし車では危ないので諦めて、
箱根はどうかなぁ〜?って、湯本の観光協会さんに電話したら無雪という情報を入手したので即決行!






a0154957_10434277.jpg

2度目の金時山なのですが、
今回は前回と違うコースをチョイス!
金時山登山口』からのスタートです。
この登山道への入り口横にはローソンもありとても便利。
気温も高めの7℃(たまたまでしょうね)
8:00出発です。






a0154957_1049647.jpg

最初は舗装路を少し歩きます。





a0154957_1058209.jpg

標識通りに歩くと、いよいよ登山道入り口の看板が出て来ます。





a0154957_10583679.jpg

コースタイムでは『矢倉沢峠』まで、8:00に出発したローソン横の登山道入り口の看板の所から30分だそうですが、勿論コースタイム遥かにオーバーしての通過となりました。
そして、ここから金時山山頂までは40分とかいてありますが、もちろんこれも遥かにオーバー。





a0154957_1135520.jpg

矢倉沢峠にある茶屋前。
ちょうど、私達が到着した時にお茶屋のおかぁさんも山に上がって来ました。
と言う事は039.gif
毎日ここまで登って来ているんですね!!
あっぱれ!




a0154957_1161190.jpg

茶屋前の休憩場。
ここでお弁当でもよさそう^^




a0154957_1185293.jpg

ここからはいきなり眺望もよくなります。





a0154957_1111887.jpg

笹の葉の間の道の奥に青い空。
気持ち良いコースです。






a0154957_11153029.jpg

芦ノ湖までよく見えました^^






a0154957_1133219.jpg





a0154957_11331852.jpg

大きな岩が出て来たので、バランスの訓練(笑)




a0154957_1135993.jpg

集中力の訓練(笑)





a0154957_1141739.jpg

ゆっくりゆっくり来て、到着^^
富士山に雲がちょっとかかってしまってますが、よく見えました。




a0154957_1143345.jpg

山頂にいたネコの親子。
私がパンを食べ出したらすすすと寄って来ました。
こんな寒い所にいて大丈夫かなぁ〜?とか。





a0154957_11435880.jpg

帰る時にまた見てみたけど、やっぱりまだ少し富士山には雲がかかってました。
残念。




a0154957_11454138.jpg

下山道から見えた、明神へと続く道。
くっきりしててよく分かりますね^^
次回はあっちへ行ってみようと思ってます。

コースタイムはいつもの様にオーバーしましたが、それでもお昼ちょっと過ぎには下山出来ました。
下山後車で片付けしていたら、雪が降って来てちょっとびっくりしました。
でも雪がこのまま積もらなければまた行く事が出来そうです!
丹沢に雪がなくなるまでしばらくは、箱根登山ですね。
帰りは温泉もありますし〜♬






a0154957_11531931.jpg


a0154957_11535565.jpg

029.gifおまけ
箱根へ行ったら絶対買っちゃうのがこの『甘露梅』あんことお餅を少し塩味のしその葉でくるんだ絶品!
P.S 子供の頃から食べてます。
[PR]

by junipunic | 2015-01-18 11:58 | お山日記 | Comments(0)

立山雄山2

a0154957_8505343.jpg




a0154957_9162119.jpg

『室堂』に到着後、みくりが池前のベンチで朝ご飯にしました。
いつもコースタイムをオーバーするので本当は、少しでも早く歩き出したい所。
でも標高はすでに2,450m なので高山病になりやすい私は朝食をとったり、ぶらぶら歩いたりしながら
標高に慣れるため1時間くらい過ごします。




a0154957_925588.jpg

ポテトチップスもパンパン^^





a0154957_1015470.jpg

手前が『室堂山荘
奥の山の中腹に見えるのが『一の越山荘
とりあえずの目標は一の越山荘。





a0154957_103457.jpg




a0154957_10341922.jpg

『室堂山荘』の隣には1980年代まで山小屋として実際に使用されていた日本最古の山小屋とも言われている『室堂小屋』があります。
今は、国の重要文化財として保存されています。(中も見学出来ます^^)





a0154957_643350.jpg

さぁ、いよいよ出発です^^




a0154957_640944.jpg

今回は左側の一の越・雄山方面を目指します。




a0154957_7295813.jpg






a0154957_648092.jpg

ゆっくり、ゆっくり景色を見ながら歩いていたんですが、山の色がそれはそれはに綺麗で!
正直言いますと、個人的には紅葉よりも新緑派だったのです。
Dannyさんが毎年紅葉みては綺麗だ〜綺麗だ〜って言うのですが
039.gifう〜ん、
綺麗じゃないとは思いませんが、なんで私はこの色合いを見て綺麗だって思えないのだろう・・・。
と思っていたんです。
ところが今回初めて、綺麗だ〜と思ってしまったんですね!!
色が絵みたいじゃない!絵だよねこれ!!の連呼。
秋色の中にちょっと緑と青い空の色と白い雲がグサッと刺さって来ました。
ず〜っと見ていたかったけど、景色をゆっくり見ていると山頂までたどり着けないので
その後は流し目で観察。





a0154957_764771.jpg

前方に雲の間から、山頂山小屋がひょっこり顔を出しました〜。
あそこまでかぁ〜015.gif
行かれるかなぁ〜?




a0154957_7172141.jpg

カメラを通して山頂近辺を確認!!
もうあんなに人がいる〜〜〜。
みんなはやいなぁ〜。





a0154957_7315010.jpg

そうこうしていたら、目の前に雪渓登場^^




a0154957_7321876.jpg

ですよね〜
ついつい、上がりたくなります。




a0154957_7353678.jpg

私も^^




a0154957_7391150.jpg

つかの間の雪渓ともお別れ。




a0154957_7394131.jpg

再び歩き出します。
が、すでに苦しくて・・・・・。
先が心配になる瞬間。





a0154957_7504225.jpg

剣岳神社ですって。




a0154957_7565219.jpg

振り返るとこれまた綺麗〜




a0154957_759992.jpg

絵みたい〜(こればっか)




a0154957_7594822.jpg

ここから少しジグザグに上がって行く。




a0154957_8124043.jpg

やれやれ『一の越』到着〜。
しばし休憩。
おにぎり食べて、エネルギー充電!




a0154957_814162.jpg

が、しかし先を見上げるとこの通り。
ううっ、手強いな・・・・・015.gif
心が折れる。




a0154957_8195467.jpg

気合いを入れ登る事数分。
一の越山荘がちょっとだけ小さくなってきて、小さな1歩も大きく感じた瞬間だったり。






a0154957_8234975.jpg

何度も何度も立ち止まり、呼吸を整えながら登って来ました。
さっき下から見上げていた所に自分が居るんだな〜って思うとちょっと嬉しい瞬間だったりして。
ところで登山初心者も、子供もお年寄りも登って来るこの雄山さん。
自分以外の人達はみなさん余裕で登って見えるんですが?
楽しそうにおしゃべりしながら登って行く若者達もいたり・・・。
やっぱり私みたいに苦しい方もいらっしゃるのかしら?






a0154957_8344761.jpg

じゃじゃ〜ん!
そして、いきなり山頂^^
そうなんです、余裕がなく途中の写真がないんです・・・。
今日もビリ登山だから山頂にはもう人がいないと思たら結構居てちょっと安心。




a0154957_8312422.jpg

そして、とりあえず山頂へ着きホッとしたDannyさん。
口には出さずとも実は2人ともこの頃から頭痛が少し。





a0154957_837541.jpg

そして、今日のメインイベントの神社神社!
テレビで見たのと同じだ〜〜〜
あんな所に!




a0154957_8453882.jpg

柵はないです。
これは落ちないようにしないと行けませんね!





a0154957_1134772.jpg




a0154957_11344059.jpg




a0154957_1135650.jpg




a0154957_11371984.jpg

最後の登り^^



a0154957_11393462.jpg




a0154957_11401293.jpg




a0154957_11402935.jpg




a0154957_11404511.jpg




a0154957_11422552.jpg




a0154957_11435872.jpg

山頂まで来ないと見れない氷河。
日本で見れるのはココだけとか。




a0154957_11444973.jpg

なんとか〜かんとか〜
えっちら〜ほっちら〜
頑張って良かったです。

地面に座って頭を下げ祈祷して頂いている間、山頂に吹く風はとても爽やかでとても気持ちが良く、
不思議と心が軽くなるような、そんな気分で。
味わった事の無い、とても神聖な空間でした。




a0154957_1221673.jpg

祈祷後、ふと大汝の山頂を見ていると、みんなが後ろから「剣だ!剣!!」って言うのです。
005.gifえっ?剣?どれですか?どれですか?
あの遠くのひょこっと出てるやつだよ!
さっきまでの神聖な空気は今何処・・・。
ほんの一瞬でした、雲の上にひょっこりと頭を出してくれました〜。
今度はお隣の大汝まで行ってみたいな〜って思いました。





a0154957_1294776.jpg

下山のお時間です。
名残惜しいのですが、最終のトロリーバスに乗らないと行けないのでお別れです。




a0154957_12122810.jpg

お別れ前に、山小屋でバッチとお守りを購入。
こんな手書きの地図も発見^^
見ているだけで縦走した気分♬
私には信じられないコースタイムが書かれていますが・・・・・。
この後、慎重に下山。
行きよりも気を使います。
そして何とか最終のトロリー時間に間に合いましたがなんせ最終。
各駅の売店やお蕎麦屋さんなどはもうすぐ閉店〜な雰囲気で来る時にあれだけ帰りに食べようね!と
言ってたお蕎麦も残念ながら食べれず・・・・・。
行きに乗って来た乗り物はすべて始発でした。
帰りはすべて最終(笑)
黒部湖では駅員さんに、お二人が最後ですかね?なんて聞かれちゃいました^^
始発から最終まで立山を満喫した1日となりましたね。
今度来たら、各駅の売店ももっとじっくり見てみたいな〜。

さぁ、次はどこのお山へ037.gif
[PR]

by junipunic | 2014-10-14 10:17 | お山日記 | Comments(2)

立山雄山1

御嶽山噴火において災害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

私も登山に行くようになって数年。
登山と言えば、きれいな景色や空気がきれい、ご飯がおいしいなど楽しいイメージが沢山ですが
今回の噴火を含め山にはその他にも危険が伴う事もたくさんです。
今後も登山を楽しむと同時に、緊急時の対応や準備も今まで以上に勉強していこうと思います。













a0154957_158340.jpg




a0154957_1261574.jpg

9月の最後の週末、立山の雄山登山のお話。
立山とは034.gif
雄山(おやま)3,003m
大汝山(おおなんじやま)3,015m
富士ノ折立(ふじのおりたて)2,999m
の総称で雄山山頂には雄山神社峰本社がありまして夏山シーズンは沢山の登拝者で賑わっております。
これは山頂でお参りしている時に知ったのですが、山頂での祈祷は9月いっぱいで終わりと言う事。
これから寒〜い冬を迎えるお山。
祈祷は毎年7月〜9月と期間限定だそうです。






034.gif立山までの行き方
まず、立山・富山側から行く方法と長野側から行く方法があります。
今回私は、長野側の『扇沢』と言う所からの出発です。

a0154957_9235025.gif

*地図こちらよりお借りしました

『扇沢』から先は自家用車の乗り入れが出来ないのでココからは立山黒部アルペンルートの乗り物で
登山出発点の『室堂』へ向かいます。

な、なんとこんなに乗り継いで行くんですよ〜♬
お値段もそこそこしちゃうんです!(が、行く価値ありあり)
1)扇沢〜黒部ダム(意外とスピーディーなトロリーバス)
2)黒部ダム〜黒部湖(黒部ダムを眺めながらの徒歩移動)
3)黒部湖〜黒部平(スリル満点ケーブルカー)
4)黒部平〜大観峰(これまたスリル満点ロープウェイ)
5)大観峰〜室堂(再びトロリーバス)
056.gif立山黒部アルペンルート乗りものガイドはこちらから




a0154957_9284461.jpg

黒部ダム駅から黒部湖への徒歩移動




a0154957_1033841.jpg

黒部湖駅のケーブルカー(かなりの角度です!)



a0154957_1134963.jpg

黒部平駅には展望台がありました。
次のロープウェイへの乗り換えまで少し時間があったので、外へ出てみたら綺麗に紅葉してました^^



a0154957_114828.jpg

看板を見てみると立山の大汝と富士の折立が見れるとの事なので。



a0154957_1154045.jpg

なるべく同じように見てみたら、見えてる〜♬
今日はあの辺まで行くのか!と思うとワクワク。




a0154957_1183210.jpg

早くも雷鳥に出会ってしまった!



a0154957_11124492.jpg




a0154957_11125664.jpg




a0154957_11131159.jpg

紅葉がとても綺麗でしたよ。




a0154957_11132687.jpg

そして、このお花も名前が分かりませんが、終わりの頃だと思います。
綺麗でしたね〜




a0154957_11135295.jpg




a0154957_11174211.jpg

黒部平駅内の売店には
それはそれは美味しそうなアイスとか




a0154957_11182761.jpg

おみやげに良さげなひのきのぐい飲み¥350とか




a0154957_11193623.jpg

間違いなく美味しいはずのおそば屋さんとかがありました。
すべて時間切れでスルー。
帰りに絶対食べようね!って言ってなんとかこの場から離れる。(あ〜離れたくない)




a0154957_11261938.jpg

後ろ髪ひかれながら揺られる事7分。
ヨーグルトアイスが頭から離れない・・・。(すでに後悔)




a0154957_11275373.jpg

さぁ、いよいよ大観峰からは最後の乗り物トロリーバス!
気温11℃。
寒い〜




a0154957_11403491.jpg

室堂到着と同時に目に入ったのは、おそば屋さ〜ん!
ここにもあったかぁ〜
間違いないはずのおそば屋さん。
迷うなぁ〜
どっちで食べよう・・・・・。




a0154957_11421435.jpg

登山カード記入&提出場の看板。
Dannyさんが登山カード記入している間の私のお仕事、看板チェック!




a0154957_11431197.jpg

こんな情報も、もらさずチェック!チェック!




a0154957_11434271.jpg

室堂駅の上にあるホテル立山。
一度泊まってみたいなぁ〜




a0154957_1156757.jpg

ホテルの脇の階段をあがればいよいよです^^




a0154957_11563175.jpg

Dannyさんの気持ち。
005.gifわぁ〜〜〜〜〜ナニココ!!




a0154957_11581575.jpg
[PR]

by junipunic | 2014-10-07 16:03 | お山日記 | Comments(0)

2度目の唐松岳2

a0154957_911164.jpg



a0154957_9111858.jpg

唐松岳へ向けての登山道に入ることすぐ、道は大変渋滞しておりました。
この渋滞034.gif
ペースが遅い私にはありがたいのですが、早く行きたい人はちょっとイライラしてるんじゃないかしら?
でも道は1本。
高速道路のように追い越し車線はございませんので前後の登山者さん、更に下山して来る方々の様子を見ながら歩きます。特に、私のように遅い登山者は追い越して頂くタイミングも考えながら歩くのでなかなか自分のペースをつかめず無理しがちなのですが、こればかりは仕方ありませんね。
みんなのお山ですからね^^






a0154957_9201498.jpg

お気に入りのダケカンバの道も今回ばかりは立ち止まらず突き進む!





a0154957_9271583.jpg

ダケカンバの林を抜け、振り向くとさっきまでいた八方池とその横の登山道がよく見えました。





a0154957_9283458.jpg

この道は初めて通りました!
前回はまだ夏道が通れなかったので正確には覚えてませんがこの辺りを歩いていた時は
雪渓の上だった気がします。





a0154957_9305779.jpg

お花も咲いていました〜
しかしお花すらゆっくり眺める事も出来ず、先へ進みます!





a0154957_9314093.jpg







a0154957_9325027.jpg

頑張ってなんとか前回来た時より先へ進む事が出来ました!





a0154957_9395313.jpg

*これは前回の時の写真
前回は赤い線の上を歩いたんですが、今回は下の線を歩く事が出来ました。
なので、1つ上の写真は下の線の道をあるきぐるっと回り込んだ辺りなんです。
なんとか1つ目の目標の前回よりは先へ進む!はクリア出来ました〜(ふぅ〜042.gif





a0154957_9431687.jpg

そして目の前に現れたちょっと怖そうな道。
実はいろんな人のブログでここの写真は何度も見た事あるんです。
なんとなく、ここまで来れば唐松山荘まではあとちょっと的に書いてあったので、もしやゴールは近い?
なんてちょっとわくわく〜♬
っていうのもつかの間。
唐松山荘まではこんな感じの回り込みが数回続いたんです・・・・・。(すでにヘトヘト)






a0154957_10211885.jpg

もうダメ〜
もうダメ〜
って思った時に「キラリン〜」と輝く赤〜い建物が!!





a0154957_1027830.jpg

もう一度
005.gif目を良〜く見開いて見る。
やっぱり唐松山荘〜だ〜〜〜!
あ〜り〜が〜と〜ございます。
気分はすでに唐松岳山頂です。




a0154957_10341429.jpg

ぉぉぉぉぉぉぉお〜〜〜〜。
五竜の文字まで!






a0154957_10374641.jpg

005.gifうわぁぁぁぁぁぁぁ〜
夢にまでみた唐松山荘だ。
かっこいいなぁ〜。





a0154957_10415114.jpg

テント場〜♬
カラフルなテントの色が綺麗だわ〜♬
で、で、で、肝心の唐松岳はどこかしら〜?





a0154957_1044384.jpg

015.gifがぁーん。
霧の中・・・・・。
薄々気が付いていました。
テント場を見ている時から。
もう見えても良いはずなものが見えていないなと。
多分、こんな感じだったのかなぁ〜? 
⬇⬇⬇




a0154957_1144752.jpg

Dannyさんと家族会議を開きました。
山荘前にいた案内の方とも相談しました。
最終のリフトに乗るためには、最悪何時に山荘前を出発するのが好ましいか?
2時とのお告げがでました。
実は、なんと、まぐれでまだ1時ちょいすぎ!!
山頂へ行って戻る時間はある。
しかも荷物は、小屋の前に置いて行っても良いよ〜って案内の方に言われた。(うん、身軽)
でも、お昼ご飯は?
お昼ご飯食べないと下山のパワーないよね?
ご飯をとるか?山頂をとるか?究極の選択です!
再び見上げれば山頂は霧の中。
039.gifんんんんんんんん〜
「ご飯にしましょう!」と、我が家の隊長が言いました。
「そうだね!」と、すんなり受け入れる。
この時点で、今回も唐松岳山頂の夢は崩れたのでありました。
残念でもあり、ちょっと満足でもあり、気分は複雑でしたがそう言う事なんだと受け入れる。






a0154957_11205581.jpg

唐松山荘では記念にバッチを購入し、いざ下山!
寒さもMAXです。






a0154957_11574840.jpg






a0154957_11591240.jpg

下山は慎重に!





a0154957_120509.jpg

落石に気をつけて、通り過ぎます。





a0154957_12124791.jpg

そして、ふと景色をみるとピンクの丸の所へ





a0154957_12103130.jpg

005.gif ひと、ひと!!!がいるじゃない!
これから「不帰ノ嶮」に行くのね!なんて思っちゃったり。





a0154957_12175584.jpg

さぁさぁ、この時間でもまだまだ登ってくる方が沢山です。
みなさんは山荘に1泊するので余裕ですね^^




a0154957_1222091.jpg





a0154957_12221148.jpg

遠くに「丸山」が見えてちょっとホッとする。





a0154957_12263673.jpg





a0154957_12264979.jpg

「丸山」を越え、ひたすら下る。




a0154957_1239626.jpg

「不帰ノ嶮」が良く見えるとことまでやって来て、唐松山荘前では見れなかった唐松岳山頂も良くみえました。





a0154957_12411998.jpg

そしてそして、唐松岳山頂には人がいますね!
唐松山荘前ではガスっていて見れなかった唐松岳、ココへ来てやっと山頂が見えましたよ^^






a0154957_1243441.jpg





a0154957_12435827.jpg





a0154957_124411100.jpg

どんなに急いでいても、チングルマだけは素通り出来ません!
なんて繊細なんでしょう!!





a0154957_12461134.jpg

雲がすごい〜と思ったのもつかの間。
この後、雨が降って来ました。
ポツポツ雨だったので大降りじゃなくって助かりましたけどここで事件発生!
レインウエアー出して着たり、ザックカバーしたり、バタバタ。
015.gifそして時計を見ればまさかのリフト終了・・・・・。
ここでよみがえる唐松山荘前の案内の方の言葉

案内の方:「何処から来たの?」

私:「黒菱です」

案内の方:「黒菱なら歩いて下りたら良いじゃん! ヘッドライト持ってる?」

私:「はい、持ってます!」

案内の方:「最近熊の目撃情報あるから、熊だけ気をつけてね!」

私:「熊避け鈴はありますが、実際出会ってしまったらどのように・・・・・?」

よみがえった!
まさによみがえった瞬間。
なんだかんだ言って、リフトが見える所まで来たら『動いてる!!』
まだ動いているのが見えたのでちょっと急いでしまったら、雨で湿った木道で2度程転ぶ・・・。
やってしまった、一番やっては行けない事をやってしまった。
滑ると分かってて、気をつけていても滑る!
これが崖っぷちだったらとか思うとゾッとしました。
とても勉強になりました!
その後はめちゃくちゃ落ち込みながら歩く。
八方池山荘前まで来たら勿論リフトは終了。
熊に会わない事を祈って、鈴をリュックに付け、ヘッドライトを付け気合いを入れて下山開始。
リフト脇の細い下山道を下る。
明るかったり、見晴らしが良かったらきっと気持ち良いだろうと思う下山道もすでに日も暮れそうだし霧に包まれ先が全く見えない。
何より、私達以外歩いている人に出会わないのが心細い。






a0154957_146822.jpg

黒菱駐車場前到着。
ココにでるのかぁと、到着後知った訳です。
なんせずっと霧のなかだったので。




a0154957_14114336.jpg

上の写真の私が立っているのが、ピンクの丸の所。
晴れていればこんなに違うのですね。
そして、ギリギリで真っ暗になる前に下山し、熊にも出会わずにすみました。
本当に良かったです。
今回の登山では本当に色々勉強しました。
次回からの登山のためにも今回学んだ事は忘れず気をつけて行きたいと思いました。
車に荷物を積んで、さぁ温泉へ出発〜♬ なんて所で再びさっきの下山道を見上げたら
なんとヘッドライトが2つピカ〜ンと光っています!
我々の他にも下山してる人がいたんですね。
ご無事で何よりです。



a0154957_14203544.jpg

下山後、滑って転んだ時にすりむいた傷を消毒。
これが結構痛かった訳でして。
逆に、これで済んで良かったとも言いますね。




a0154957_142121100.jpg

このバンドエイドを初めて使ったんです!
白馬の薬局で薬剤師さんに、傷口がバンドエイドのガーゼにくっついてはがす時痛い思いをしたくないのですが何か良いのありますか?と訪ねたらこれをオススメされたんです。
これは本当に素晴らしい。
怪我をすると水絆創膏をヒーヒー言いながらも使ってる友人にお勧めしたいと思いました。
この絆創膏なら水仕事もOK!!
はがす時も全く痛くありません。
これからは、常備ですね。


038.gif2度目の唐松も残念な結果となりましたが焦らずにまた来ようと思いました。
次回は唐松山荘を予約しよう!ってね。
[PR]

by junipunic | 2014-09-24 14:29 | お山日記 | Comments(2)