カテゴリ:お山日記( 83 )

丹沢の大山さん1

a0154957_1531767.jpg


12月24日(木)
天気058.gif
山頂の気温10.9℃ 

前日の天気予報では、24日の午前まで雨だと言ってたから
全くその気はなかったのですが、起きてみたら雨も上がり青空が見えているでは!
そこへ1通のメイルが来て、「最近山には行ってないの?」と書いてあるじゃないの。
「なかなか行かれなくて〜」と返事をした後、
ん!!今日?今日行ける?行ける!!と言う訳で地元大山さんへ急ぐ。
今回はいつものヤビツ峠からではなく
この前新しくなった大山ケーブルカーにも乗ってみたく
こま参道からの出発!






a0154957_1556284.jpg


a0154957_1611640.jpg

こま参道入り口からケーブルカー乗り場まで徒歩13分。
左右にお店がならぶ階段が続くのですが、地味〜に疲れます。
なので今回は看板に書いてあるように数を数えながら歩いてみました!







a0154957_16144910.jpg

こんな感じでしたよ^^





a0154957_16295376.jpg

綺麗な『こま』が沢山^^





a0154957_16302560.jpg

達成感のあるお言葉。





a0154957_1631844.jpg



a0154957_16312014.jpg

ケーブルカー乗り場手前にある看板。
056.gif今回のコース056.gif
ケーブルカーで『阿夫利神社駅』で下車。
本坂にて山頂を目指す。
いつものヤビツ峠からのコースとは25丁目で合流。
帰りは大山阿夫利神社下社までは同じ本坂。
その後、女坂にて市営第2駐車場へ。
こんな感じでございます。






a0154957_17205220.jpg



a0154957_1721977.jpg

ケーブルカー駅前には、大好きな顔ハメがありました!!
ケーブルカーを待つ間しばしフォトタイム(笑)





a0154957_17264688.jpg





a0154957_17265699.jpg





a0154957_1727795.jpg

途中大山寺駅に止まって阿夫利神社駅に到着です。
大山寺駅のホームの椅子が可愛かった^^


a0154957_17303176.jpg
[PR]

by junipunic | 2015-12-25 17:31 | お山日記 | Trackback | Comments(0)

金峰山(2015.9.12)

a0154957_815098.jpg






a0154957_1233156.jpg

8月中旬〜9月初めの長雨は本当に長かったですね!
そんな中、久しぶりの晴れ間にお山へ行く事が出来ました^^
お山の天気予報とにらめっこし、今回は長野県と山梨県の県境に位置する「金峰山」へ行って来ました。
ちなみに034.gif
長野県側では「きんぽうさん」
山梨県側では「きんぷさん」
と呼ぶんだそうです^^

山頂には「五丈岩」という大きな岩がある標高2,599m 日本百名山のひとつです。

今回のコースは、長野と山梨の境にある「大弛峠」の登山口から出発するコースです。
この大弛峠は標高2,360mで、一般のマイカーで行かれる峠の中では日本最高所なんだそうです。
なので登山口から金峰山山頂までの標高差は単純計算で239m 、山頂までのコースタイムは2時間半といくつかあるコースの中でも初心者向きコースとの事です。
私には嬉しい標高差037.gif

と言う事で、基本コースタイムは置いといて。
今回も私のタイムを以下にまとめてみました。

 6:40  登山口出発(気温7℃)
 7:45  朝日峠通過(気温11℃)
 9:00  鉄山通過
10:00  山頂到着 お昼休憩(気温17℃)
11:15  山頂出発下山開始
12:50  朝日岳着(小休憩)
12:55  朝日岳出
13:30  朝日峠通過
14:15  登山口到着




a0154957_10433494.jpg

大弛峠の駐車場には、登山前日の夜11:00頃到着しました。
ネットの情報だと、朝は駐車場がいっぱいになると書いてあったので前日の夜着にしてみたんです。
私達が着いた時駐車場には4台程の車が止まっていて、朝起きたら満車になってました!!
我々も、登山準備を済ませ出発です!
この標識を見ると大弛を起点に、色々行かれるんですね。
次回は別の山にも行ってみようと言う事で。





a0154957_10501616.jpg

今回はこっちの登山口。
金峰山へ向け登山開始です!





a0154957_10533099.jpg

3.6km!頑張ります^^





a0154957_1118985.jpg

出発時間の気温は7℃と言う事もあり、ひんやりとした空気はとても気持ちよいのですが
やはりダウンを持って行って良かったです。
歩くペースが遅いので、ペースが速い人に比べると身体が温まるまでに時間がかかる分、
防寒対策は入念にしてるんです(笑)





a0154957_105739100.jpg

しばらく歩いた所で横に富士山が見えました。
この角度からの富士山も綺麗ですね〜。





a0154957_1103060.jpg

小さい秋も見つけました。






a0154957_1134270.jpg

朝日峠が見えました。






a0154957_1153090.jpg

コースタイムだと登山口からココまでは30分らしいですが私は1時間ちょっとかかってますね^^







a0154957_11314870.jpg

短い岩の道が出て来ました。





a0154957_11324496.jpg







a0154957_11331764.jpg

振り返ると絶景!
この角度からの富士山は左右均等でとても美しいですね〜。





a0154957_11391238.jpg

違う方角の景色。
あら?もしかしてあれは瑞牆山?なんて言ってしまったが違うらしいです。






a0154957_11364592.jpg

残りの岩の道を登り切ると、また木々の中へ入って行きます。







a0154957_1151560.jpg

朝日岳付近からの景色。
目的地がようやく見えました!
五丈岩がよく見えます^^





a0154957_1149663.jpg

道の確認を兼ねて、少しアップにしてみました。





a0154957_1154066.jpg

朝日岳から少し下ります。
と言う事は、帰りは登り(あちゃっ!)





a0154957_11582080.jpg

二踏ん張りすると、開けた所に出ました。
もうゴールは近いようです。





a0154957_1285218.jpg

さっきのは見間違えでしたが今度はホントの瑞牆山。






a0154957_12123612.jpg

ゴールが近いと思うとなぜか足早になってしまう・・・。





a0154957_12161293.jpg

こんな景色を見ながら歩けるなんて本当に贅沢ですね〜♬
あまりに綺麗で、この区間だけをずっと行ったり来たりしていたい気分です^^






a0154957_13364479.jpg

038.gifお疲れさまでした!ひとまず到着です。






a0154957_1344756.jpg





a0154957_13482078.jpg






a0154957_13592349.jpg






a0154957_1424666.jpg






a0154957_14231867.jpg






a0154957_14233456.jpg







a0154957_14124596.jpg

ゆっくり山頂を堪能したので大満足で下山開始です^^
まずはこの岩くぐりから。





a0154957_1415448.jpg







a0154957_14371745.jpg






a0154957_14373052.jpg

登りの時にはゆっくりみれなかった松ぼっくりを記念撮影。





a0154957_14374217.jpg





a0154957_1437547.jpg

行きには気が付かなかったゴールドきのこ!!
ひときわ光ってましたよ!!
ちなみに黒いキノコも見かけました。
どっちも珍しくびっくりしましたよ〜。

標高差はそんなになくても、やっぱり駐車場まで戻って来た時にはくたくたでした。
しかも、またもや頭痛に悩まされ山の麓まで下りて来ても全然なおらなくてちょっと辛かったけど
金峰山、又行きたいですね〜。
温泉入って、巨峰を買って帰って来ました♬




さて、今回のお山のバッチコーナー037.gif
a0154957_1541687.jpg
[PR]

by junipunic | 2015-09-17 15:10 | お山日記 | Trackback | Comments(0)

白馬大池 2

a0154957_6321483.jpg





a0154957_735691.jpg





a0154957_74995.jpg





a0154957_742299.jpg

天狗原に咲くチングルマとワタスゲ♬
今年は見れないだろうなぁ〜と思っていたワタスゲが見れて嬉しかったですね〜。
チングルマも相変わらず繊細で、時間が許すならばゆっくり眺めていたいくらいなのですが・・・。
私の登山ペースでそれをやってちゃ〜いけません042.gif






a0154957_772575.jpg

風吹大池と白馬大池の分岐点。
ここを白馬大池の方に進むとすぐ、岩の登りが始まります。
最初は林の中を登るので日陰なのですが、後半は木もなくなり、岩も大きくなって行きます。
栂池のゴンドラに乗る前、登山届けを記入している時に係の方が乗鞍岳に出る最後の岩の登りは
ゆっくり行きなさい!!と、アドバイスを頂きました。
ここで慌てて登ると後でバテちゃうそうです!なので我々もゆっくり登り開始です066.gif






a0154957_747331.jpg

少し登り、林を抜けた所で横を見ると雪渓が見えて来ました!





a0154957_7481427.jpg

上を見上げると前回の天狗を思い出す、岩ゴロゴロ・・・。
この岩登り、帰りが大変な事を前回学んだので再び慎重に下山しなくてはならないポイントですね。





a0154957_7501729.jpg

最近ヘルメットをかぶっていたり、携帯している人が増えている気がします。
私のイメージだとヘルメットを携帯している人は、すごい所へ行く人達で私のような初心者が普通にかぶっていたら「あらやだ、あの子ったら」って思われちゃうのかしら?ってずっと思ってました。
034.gifでも、ココ最近考えが大分変わりました。
実は最近、我が家もjROという山岳保険に入りました。さらに先日、山と渓谷を読んでいたら山での事故の場所や原因、ケガの様子、救助内容やその費用などが書いてありまして、驚いたのが危険だと言われている場所以外の事故が多くあった事です。
実はこの日も「キャー」と言う声とともに、写真の岩場で女性が転んで岩2個分くらい転がって落ちてしまう場面を見てしまいました。幸い女性はケガもなく下山しておりましたが本当に人事ではないのです。
我が家でも、次はヘルメットを買いたいと話し合っております。






a0154957_865536.jpg

そんな岩場でも楽しい事がありまして。
私はこういう風に岩場に咲く花が好きでして。
これはチングルマ^^
そうなんですよ!!これもチングルマ、一番上の写真のピンクの糸みたいな花もチングルマ!
最初はこのように白い花びらの花が咲き、そののちピンクの糸みたいになっちゃうと教わりました^^





a0154957_13353296.jpg

振り返ると天狗原の木道が見えました。





a0154957_13363795.jpg

スズランの花に似ているこのお花の名前は分からないのですが、これも可愛いので見ると必ず立ち止まってしまいます。





a0154957_1339105.jpg






a0154957_13414616.jpg

まだ少し元気があるようです。





a0154957_13422427.jpg

この花も名前が分かりませんけど好きなやつ。
実は、ゴンドラに乗る前にお花の名前と写真のプリントしてある紙を200円くらいで売ってたんです。
欲しいな〜と思ったのですが、登っている時はきっとそのプリントを開いて見ている余裕がないだろうなと思ったので買わなかったんです・・・。(残念)





a0154957_1352269.jpg

いよいよ雪渓です^^
登山カードを提出した所の方のお話で雪渓がある事は知っていました。
アイゼンもなくて大丈夫だよと聞いていたので落ち着いて雪渓を通過します。





a0154957_13462744.jpg

何故か雪渓になったとたんスピードが上がりどんどん先に行ってしまうDannyさんでした。




a0154957_143585.jpg

終わりも目の前、ホッと一息です。




a0154957_1445649.jpg

雪渓を後に進むと前方に目印のケルンが見えて来ました^^




a0154957_14341610.jpg

乗鞍岳頂上到着です!
細か!! 2.436.7m 005.gif  
ここは止まらず、目的地の白馬大池を目指します。







a0154957_1545818.jpg

見えて来ました〜♬







a0154957_1436189.jpg

白馬大池だ〜038.gif






a0154957_14454271.jpg

池の近くまで来ました。
風がとても涼しいです。





a0154957_1446344.jpg

到着〜024.gif





a0154957_1448244.jpg

お昼ご飯の場所を探してぶらぶらと。





a0154957_14484161.jpg

白馬大池山荘の表側横にあるテント場の周りではすでに沢山の方々がお昼ご飯を食べていました。
ここは日差しが少しキツかったので、私達は小屋の裏側で食べました^^
実は、お昼ご飯を食べている頃から、頭痛が・・・。
出ちゃいました><もうここで?って思いますが高山病です。
私は2500m辺りでビシビシと来てしまうのでこれには結構困っております。
頭痛がひどくなる前に下山開始となりました。






a0154957_14585322.jpg

そして、今回のお山のバッチはこちら^^
白馬大池山荘で購入しました。

と言う事で、今回もお天気に恵まれ楽しい登山が出来ました^^
下山後は白馬の八方温泉『八方の湯』へ。
白馬へ来ると必ずここへ寄っているんですが、去年は丁度改装中で入れなかったので今回は楽しみにしていました。改装前に来た時は一人で貸し切り状態でしたが、改装後は大変賑わってました。
売店で飲んだ100%長野産リンゴジュースがすごく美味しくてもう一本飲んでくれば良かったと少々後悔しております.....。
それも次回のお楽しみとして、今シーズン中にもう一度来れたらいいなぁ〜と、
後ろ髪を引かれつつ帰って来ました。
さてさて、次はどこのお山へ037.gif
[PR]

by junipunic | 2015-08-13 06:38 | お山日記 | Trackback | Comments(6)

白馬大池 1

a0154957_5441768.jpg





a0154957_5442846.jpg


週末は、長野県北安曇郡小谷村の「白馬大池」まで行って参りました^^
今年は唐松岳をちょっとお休みして...(笑)
1日中天気も良く、快適な登山日和でした。


056.gif今回のルート056.gif
栂池からゴンドラとロープウエイを乗り継ぎ、標高1900m の栂池自然園まで行きます。
040.gifゴンドラとロープウエイの案内はこちらから


栂池自然園入り口前には栂池ヒュッテ栂池山荘、トイレなどがありココが登山の出発点になります。

登山口から白馬大池までの基本コースタイムは

・栂池自然園〜天狗原 1.8Km 約80分
・天狗原〜乗鞍岳 1.0Km 約90分 
・乗鞍岳〜白馬大池 0.85Km 約30分

と言う事で、天狗原と言う所と乗鞍岳を経由し、今回の目的地の白馬大池を目指します。
毎回思う事なのですが、1.8Km で80分に対して、1.0Km で90分って!!
距離が短くなってるのに時間が増えている。
これぞまさにお山マジックタイム。
要するに、斜度がキツくなると言う事ですね(ゾッとする瞬間)
この基本コースタイムをきちんとチェックし把握している事が大事で、毎回頭にたたき込んでおります。

そして、私のコースタイム059.gif 

 6:34 ゴンドラ乗る
 7:05 山頂駅到着
 7:15 栂池自然園前着
 7:25 栂池自然園横登山口より出発!
 9:00 天狗原到着(ちょっと休憩)
 9:20 天狗原出発
11:10 乗鞍岳通過
11:50 白馬大池到着!(ランチ)
13:00 下山開始
13:40 乗鞍岳通過
14:45 天狗原通過
16:00 栂池自然園前到着!!

と言う感じで、今回も飛行機だったらハワイまで行けちゃいましたね。
少し話はそれますが、この歩く事ってとても良いのはご存知だと思いますが禅(座禅)と同じくらい効果があるんだと、Dannyさんが言ってました。
と言う事は039.gifこの日も長い事 " 禅 " を行った訳ですね^^




a0154957_7133135.jpg

私の行った 8/9 ゴンドラの始発は 6:30 でチケット販売はその10分前の 6:20〜でした。
6人乗れるゴンドラだったのですがグループごとに乗せてくれたんです!
このゴンドラは次のロープウエイの乗り換え駅まで20分乗るんですよ。
なのでゆったり2人で乗れてラッキーでした^^





a0154957_6593163.jpg

ゴンドラからロープウェイへの乗り換えは少しだけ歩きます。
その時歩いた道に咲いていた花がとても綺麗でしたよ〜♬




a0154957_705841.jpg

ロープウェイは70人乗りで乗車時間は5分。





a0154957_7561073.jpg

ロープウェイを下りて少し歩くと栂池ヒュッテが見えて来ました^^





a0154957_7565977.jpg

正面に回って来ると、栂池山荘、栂池ロッジ、トイレ、登山口、自然園入り口などなどの広場に出ます。





a0154957_7584277.jpg

栂池山荘横の登山口から登山開始なのですが、良く見ると白馬大池までも片道が4時間半に!
私が頭に叩き込んで来た時間だとほとんどが約3時間〜3時間半くらいでしたので1時間多いですね。
なもので、ここでリセット、リセット。下山時間も変わってくるので気をつけなくては行けませんね。







a0154957_84359.jpg

下の部分には私も買ったマンガ本、『山登りはじめました!』の鈴木ともこさんが登山の注意を!
ホント面白いんですよね。
さて、いよいよ出発です038.gif






a0154957_87478.jpg

少し歩き見通しの良い所へ出ました〜。
雲海が綺麗でしたね〜。





a0154957_65185.jpg

またしばらく登ります。





a0154957_811283.jpg

横を見ると、去年挑戦した唐松岳が良く見えました!!





a0154957_655417.jpg

わ〜い!天狗原だ〜!!





a0154957_8152399.jpg

と思ったら、リサーチしてある天狗原の様子と感じが違い、だよねーと思った瞬間。(残念!!)






a0154957_644189.jpg

天狗原だと間違えた場所から少し登って、道が木道になると!






a0154957_8171565.jpg

今度は本当に天狗原(笑)





a0154957_8174643.jpg

木道が綺麗だな〜。





a0154957_6462983.jpg

少し休憩を。
ちっちゃい尾瀬って感じですね^^
綺麗な湿原です!





a0154957_8195397.jpg

そして、これから行くコースをアバウトながらピンクの線で書いてみました。
039.gifう〜ん、大変そう〜〜!


a0154957_8231619.jpg
[PR]

by junipunic | 2015-08-11 07:25 | お山日記 | Trackback | Comments(0)

天狗岳3 (2015.7.20)

059.gif下山のお時間がやって参りました。

そうそう、実はこんな事がありました。
西天狗山頂手前で一人の女性に「こっちのコースはどうでしたか?」と聞かれました。
それは、私が登って来た西尾根コースの事でした。
「綺麗でしたよ、とても良かったです!」と答えると。
「あ〜そ〜なの?私は黒百合の方から来たんだけど岩ゴロゴロ道でほんっとにやんなっちゃたのよ〜」
「え〜〜?そうなんですか?」と私。
「だからね、もうあっちに帰りたくないのよ〜」と、本当に疲れた様子でお話していました。
西尾根コースの登りを登っている時に、ずっと岩ゴロゴロだった印象はなかったので、
その女性に西尾根コースのお話を少ししてお別れしました。

そして、ふとよぎる013.gif
この女性が歩いて来た道は、私が下山で使う道じゃないか!
008.gif大丈夫かな...
でも私は、くっ くっ くっ 黒百合ヒュヒュヒュッテにどうしても行きたいの〜〜〜!
という気持ちを抑えられず、前へ進んだのですが。





a0154957_712147.jpg

東天狗を出発し、少し行った所で振り返る。




a0154957_716462.jpg

振り返った地点から少し進むと分岐が出て来ます。
どちらを選んでも黒百合ヒュッテに行く事が出来ます。
どっちからいこうか?
少し悩んだのですが、すり鉢池経由で行く事に。




a0154957_7142398.jpg

霧の合間に見えた自分がこれから行くコース。
なかなかのアバウトながら、ピンクの線を引かせて頂きました。





a0154957_7152182.jpg

すり鉢池がよく見えています。
とりあえず最初の目標はあそこの池。
池の後ろに黒百合ヒュッテも見えています^^





a0154957_719178.jpg

私もひとつ、と思ったのですがすでに気力なし。。。




a0154957_7201256.jpg





a0154957_7202770.jpg

さっきの女性が言っていた岩ゴロゴロの意味を噛み締めている瞬間。
本当に果てしなかった。
そして、この道が黒百合ヒュッテまで続いている事もすでに知ってしまっているので耐えるのみ。
なにがそんなにイヤになっちゃうの?って思います?
これは、運動神経のいい人だと違うんですかね?
岩と岩の上を渡り歩くんです。時に隣の岩や、ひとつ下の岩に足が届かずしゃがんだり、ジャンプしたりしながらバランスを崩さないよう、浮き石に当たらないよう、すべらないよう、ずるっとこけないよう。
バランスボールにずっとのってる感じくらいの全身運動です。
そして何より、ケガをしないよう心がけている私としてはずるっとこけたり、足を踏み外した拍子に口の中を切ったり舌を噛んでしまわないよう「グッ」と固く口を閉じ慎重に進むようにしているんです。
なので、必然的に「無言状態」となり、しゃべれるのは止まった時のみなのでした。
ただ、実はそんな自分との戦いもこの登山の魅力でもあるのですが。
自分の足で登って来たからには、自分の足で下るしかないと言う事。
助けて欲しくとも、無理なこの状態。
更に自分がケガでもしたら大変なのは自分だけではなく、一緒に行った相手にとんでもない迷惑がかかる事などなども考えて行動するのでとても勉強になる。
そうは言う物の、心の中は「はやくおわってくれ〜〜〜〜」と悲鳴をあげているんですけどね><







a0154957_7335265.jpg

天狗の奥庭上通過。





a0154957_7345184.jpg

少しだけすり鉢池に近づいた様子を眺めるDannyさん。




a0154957_7352889.jpg

さっきより少し近くなりましたね^^





a0154957_7374210.jpg

何とか池の横までたどり着く。
池の反対側に人がいたので、自分もあそこを通るんだなと確認。
ココから先、黒百合ヒュッテまでは写真をとる力も尽き「ひとり我慢大会」のはじまりはじまり。
後ろから来た3人のグループの方に黒百合ヒュッテに下りる最後の、最後にこれ?!!と言う岩ゴロゴロを下りながらぬかされた。

私「どーぞ、どーぞ先に行って下さい??」
グループ「あ、じゃ失礼して先に行かせて頂きますね〜」
グループ「最後にこれはキツいよな!」
グループ「ゆっくり下りて来て下さいね〜」
私「はい、そうさせて頂きますねー」

なんて会話しながら、そうは言う物のまだあの3人は足取りが軽く確かに余裕があった。
羨ましいぜと思っていた。





a0154957_7402362.jpg





a0154957_7403764.jpg

042.gifいや〜〜〜。
なんとか下りきると私の大好きなハイマツがお出迎えしてくれましたよ。
癒される〜〜〜〜〜。





a0154957_7482413.jpg

そして、あんなに心待ちしていた黒百合ヒュッテに到着したものの、ボロボロな私の足。
来る前には、おでん食べて〜休憩室でお茶とかりんと食べて〜など色んな思いがありましたが
全て吹っ飛ぶ!
這うように売店に入りバッチを購入。(これだけはと言う思い)
すでに座ると言う気力も残っておらず、立ったまま小休憩し下山を続けたのでした。
もちろん、この後の写真もなく・・・・・。

お話だけ少し。
黒百合ヒュッテから唐沢鉱泉までもやはり岩ゴロゴロ。
さっきまではそれでも岩が乾いていた方だったので良かった(あれでも)のですが、
今度は苔岩に悩まされなんと、Dannyさんは2度程つるっとコケてしまった。
通常1時間で通過する部分も2時間かかっていたりしつつも、とにかく慎重に下りていたらなんとまぁ〜
登りより時間がかかってると言う。
登山を始めて初の出来事です。
あの時はそう思えなかったけど、今思うとこれも経験。
又1つ学びました。






a0154957_7572349.jpg

唐沢鉱泉到着!
温泉の源泉だそうです^^
綺麗な水色です〜。
我々も疲れた身体を温泉に使って休めてあげたい。
思った通り駐車場に着いた時は家の車ともう1台残るのみ。
登山道具を片付け、車へ乗り込み温泉へ向かいました。
そんなこんなの八ヶ岳登山でしたが、めちゃくちゃ疲れて帰って来ても数日後には次は何処に?
と考えているからあら不思議。
これを、マウンテンマジックと読んでいる私。
さて、次は何処のお山へ〜037.gif








a0154957_8172514.jpg

今回のバッチコーナー038.gif
数ある種類の中から、この2つを選んでみました。
大満足〜♬
[PR]

by junipunic | 2015-07-25 08:26 | お山日記 | Trackback | Comments(2)

天狗岳2 (2015.7.20)

a0154957_664444.jpg
 




a0154957_665922.jpg

大きな岩の登りと奮闘中066.gif
○印と矢印を見失わないように進みます。
次にどの岩をつかもうか、集中していたので疲れを感じませんでした^^





a0154957_6121276.jpg

途中、振り返ってみるとまたまた素晴らしい景色。
さっき通り過ぎた第2展望台も小さくなって来ました。



a0154957_614346.jpg




a0154957_6134579.jpg

一度平らな箇所に出ました。
さっきよりも硫黄岳が近くなり迫力を感じます!
そして、根石山荘も近くなって来ました。
横から見てもやっぱりすごい所に建っているなぁ。
ちょっと斜めに建っているんですね!中に入るとどんな感じなんでしょう^^





a0154957_617868.jpg

写真では分かりづらいのですが、振り返ると諏訪湖までくっきり見えていたんですよ〜。





a0154957_6355914.jpg

山頂までは後少し。
もう一踏ん張りで到着です^^




a0154957_6373192.jpg





a0154957_6365780.jpg





a0154957_6371430.jpg

024.gifやった〜
とうとう、西天狗に到着!





a0154957_6393849.jpg

そして、夢の西天狗から見る東天狗。




a0154957_6401028.jpg

向こうの山頂も数名人がいますね。
カメラ越しに東に登るルートを観察。
あっちも岩登りだ^^






a0154957_6485016.jpg

山頂を少し堪能し、すぐに出発。
お昼は東で食べる事に。




a0154957_6493164.jpg

ずるっと滑らないよう、慎重に下りて行きます。




a0154957_6522653.jpg





a0154957_650796.jpg

前回の天狗登山の時に通った道がよく見えています。
あそこの道はとても綺麗でここは本当に日本?と思いながら歩いたのを良く覚えています。




a0154957_6524065.jpg

ほっと一息。
無事下り終え安堵。




a0154957_723281.jpg

一旦平な道になり




a0154957_7317.jpg

東天狗への最後の登りになる。
遠くから見るとあんな所登れるかな?って思っていたのですが、近くで見ると遠くで見るよりは怖くなく登る事ができました。




a0154957_745082.jpg

最後の東への登りの前に、自分が今下りて来た西を振り返る。
この、西と東の中間地点の景色は最高ですね!
頑張って良かったな〜と思いました。




a0154957_711032.jpg




a0154957_7111270.jpg

024.gif東天狗到着〜。




a0154957_712580.jpg

東天狗から見た、硫黄岳と白砂新道。
はぁ〜、ひとまずお疲れさまでしたと言う事でお昼ご飯にしました。
この時点で、私がブログで見ていた方々が駐車場に戻っている時間なのですが私はまだ山頂。
でも、後は下りるだけなのでひとまずオッケ〜と安堵していたのもつかの間.....
その下りが無言にさせる程、ハンパじゃなかったのですーーー015.gif015.gif015.gif



a0154957_7185675.jpg
[PR]

by junipunic | 2015-07-24 07:19 | お山日記 | Trackback | Comments(2)

天狗岳1 (2015.7.20)

a0154957_8313343.jpg


a0154957_11184290.jpg


前々からもう一度「天狗」へ行ってみたい!と思っていました。
と言うのも、前回は登山を始めて間もない頃に行ったので東天狗しか行かれませんでした。
何故って一言、怖かったからです。
東天狗から見る西天狗はすごい迫力で足がすくみ東天狗に着いただけでも十分だったからです。
ただ、登山を続けているうちにやっぱりあの西天狗にも行ってみたい!と言う気持ちになり再び行って
参りました。

006.gif前回の天狗岳登山の様子はこちらからどうぞ。


056.gif今回のコース056.gif
唐沢鉱泉(西尾根コース) 〜 西天狗 〜 東天狗 〜 黒百合ヒュッテ 〜 唐沢鉱泉
ちなみにこちらのホームページの⑨のコースが今回の私のコースです^^
前回の天狗岳登山の時は⑪の桜平から出発するコースでした。

まず今回の登山でびっくりしたのは自分のコースタイム。
出発する前には地図や同じコースを登られた方々のブログなどを読んで平均的なコースタイムを計算。
その後、平均コースタイムに更に時間をプラスして自分のコースタイムを予測し出発しているのですが
今回は予想外なことに .....。
多分、このコースを使った事のある人の中で一番遅いのではないでしょうか?
どうやったらそんなに遅く登れるの?と、登山に慣れた方は思うんじゃないかしら?(お恥ずかし)
休憩もお昼ご飯も必要以上に長く、多くとっていた訳でもないのにな〜。
恥ずかしながら登りながらメモしたタイムを書き出してみますね^^

 6:17 登山口出発
 9:00 第1展望台到着(小休憩)
 9:10 第1展望台出発
 9:50 第2展望台到着(小休憩)
10:05 第2展望台出発
11:15 西天狗岳到着
11:27 西天狗岳出発
12:00 東天狗岳到着(お昼ご飯)
12:45 東天狗岳出発
15:00 黒百合ヒュッテ到着
16:05 唐沢鉱泉方面、渋沢方面への分岐通過
18:00 唐沢鉱泉駐車場到着
自分でもあっぱれな12時間登山007.gif
ほとんどの方は朝6時に出発したらお昼の12時頃には戻って来ているんですよね。
なので、このタイムはかなり凹ました。
ただケガもなく無事に下山出来たので最終的には良かったなと思っております。





a0154957_10123746.jpg

まずは唐沢鉱泉で登山届け用紙を記入し提出。




a0154957_1021050.jpg

唐沢鉱泉前にある登山口より出発!




a0154957_10214136.jpg

気温17℃ 湿度86% 
湿度はあるものの気温が低かったので快適でした。





a0154957_10314643.jpg

第1展望台までは岩ゴロゴロ道と、写真のような道が繰り替えされながら登ります。
苔の森がとても綺麗でした。





a0154957_10414046.jpg




a0154957_10404057.jpg

ようやく展望の良い所へ出て、ここが「第1展望台」かと思い込み写真をバシバシとっている時ふとよぎる
ネットで得た情報。みなさんのブログには第1展望台と書かれた標識があったはず。
039.gifん?ココにはない、と言う事はここは第1展望台ではないのね〜。





a0154957_11154476.jpg

心を入れ替え歩く事数分。
そうそう!これが写真でみていて第1展望台だ。





a0154957_11275852.jpg

お天気が良かったお陰で景色も最高です。




a0154957_11285575.jpg

根石山荘が見えました。
以前はあそこを歩いて東天狗岳を目指していたので逆からこうしてみると根石山荘がものすごい所に建っていたんだなとびっくりしました!




a0154957_1131175.jpg

一度樹林帯にもどり第2展望台を目指します。




a0154957_11314658.jpg

途中こんな景色も見れました。
左から、硫黄岳、横岳、赤岳、阿弥陀岳のようです。
私には硫黄岳と赤岳しか分からなかったのですが、周りの方が話しているのをこっそり盗み聞きしたら
そう言ってました^^
余談ですが、八ヶ岳高原サービスエリア(下り)の食堂の名前は赤岳でした。
お蕎麦おいしいですよ。






a0154957_1141226.jpg

第2展望台到着^^






a0154957_11413343.jpg

これから向かう西天狗への最後の岩場の登りが良く見えます。




a0154957_11422364.jpg

少しアップにしてみるとこんな感じで。
すでに沢山の人が登っていますね。





a0154957_11464873.jpg

第2展望台を出発し、西天狗を見ながら進む。





a0154957_1151952.jpg

すれ違うお父さん達に、「大きな岩の登りはあとどのくらいで始まりますか?」と、聞くと
「もうちょっと行ったら始まるよ」と言われ、ワクワクドキドキでした^^
そして私も大きな岩の登りにさしかかり振り返ってみると、さっきの第2展望台がよく見えました。
(少し木がなくなってる部分がそうです)





a0154957_1154211.jpg

さぁ、いよいよです!!
Dannyさんも手袋をし直し気合いが入ります(笑)



a0154957_1156105.jpg
[PR]

by junipunic | 2015-07-22 11:19 | お山日記 | Trackback | Comments(0)

出版イベント

a0154957_673918.jpg




a0154957_682428.jpg


昨日は、先日買った本のイベントが近所のTSUTAYAで行われ70人までというイベント整理券を
ちょっと頑張って手に入れたので楽しく行って参りました。
2時間もたっぷりとお山の体験談を聞く事が出来ました♬
とにかくこのお方、コースタイムの半分とかで山頂まで行ってしまうのは当たり前。
私にはとても無縁なタイムなので、いつもすごいな〜と思っております。






a0154957_6132096.jpg

トークの後はサイン会もあったんですよ^^
ちょっと嬉しい。
実は人生初!
本の著者にサインを頂くのは。
良くテレビでこういうシーン見てたけど実際体験してサイン会ってこんな感じなんだなと勉強になった。






a0154957_614737.jpg

で、頂いたサインはこんな感じ。
前にもちょっとお話しましたが、もう数週間後には次の挑戦の『日本二百名山一筆書き踏破の旅』に
お出かけになるそうですよ。
二百名山の中にも、私が行ってみたかった山が沢山ありこれまた楽しみですね^^



a0154957_6395553.jpg

a0154957_641934.jpg

これから挑戦する二百名山一筆書きのルート。
これを全部人力で移動しながら山にも登っちゃうんでよ。
056.gifちなみに百名山一筆書きの時の様子はこちらでみれますよ♬
と、もうひとつ。





百名山一筆書きのDVDも出ちゃうみたいです^^
[PR]

by junipunic | 2015-05-11 06:26 | お山日記 | Trackback | Comments(0)

菩提峠〜三の塔

a0154957_9511184.jpg

5月2日(土)ゴールデンウィーク初日!!
朝からとてもよい天気。
ちょっと遠出して八ヶ岳の方まで行くか悩んだのですが絶対渋滞に巻き込まれ疲れ果てるに違いない。
と言う訳で、この度も地元丹沢「三の塔」を目指し「菩提峠 P」より出発。 
駐車場へは8時前に着いたのですがすでにパンパンの満車だったのですが、隙間をみて駐車。
さてと、出発しようかな〜って思い辺りを見渡していたら「あら?こんな所に道あったっけ?」と、
なにやら山の中へ続く道発見!!
さらに私達の後から来た人がそこへ数組入って行ったのです。
近くへ行ってみると「日本武尊の足跡」と書いてあるのです。
039.gifん〜?
どんなルートか気になって仕方がない。
Dannyさんと相談し、いつも使っている表尾根のコースは止め「日本武尊の足跡」入り口へGO!!
ちなみに、家に戻り「日本武尊の足跡」について調べてみました。
するとこんな文章を見つけました!

『草なぎの難を逃れた日本武尊は「えぞ」征伐に東へ東へと進んで行きました。いよいよ目指す相模の国の阿夫利山(大山)に兵を進められたのです。しかし、もう少しのところで、兵士達は、いきも絶え絶えに疲れ果ててしまったのです。それもそのはず、この辺りには一滴の水もありません。のどはひりひりと焼きつき、水欲しさに気も狂わんばかりです。その姿を見た日本武尊は、「水無きを憂う。」と、申され、そばにあった大きな石を力強く踏みつけられました。すると、どうでしょう。大きな石の下からこんこんと清水が湧き出したのです。それを見た兵士達は、大喜びでのどを潤し、元気を取り戻したのです。
そして、この水はどんなに日照りが続いても水が枯れたことがなく、村人達の飲み水として使われてきました。村人達は、水のお礼と日本武尊の恩を忘れないため、石碑を建てて徳を伝えてきたそうです。
ところが、明応7年(1498)に大地震が襲い、こんなに村人達につくしていた清水も地震には勝てなかったのでしょう。一瞬にして埋まってしまったのだそうです。不思議にも片足の足跡だけは、地表に残されたのです。大きくあいた足跡は、今でも菩提の山の中に残っていて、いつもいつも、水が溜っているそうです。

ピンクの文字の部分に記されてる場。
まさにその地を見て来たのですが、その瞬間はなんだか分からず少し立ち寄っただけだったのです。
知識が無く「ふ〜ん」って言いながら通り過ぎたのですが、家に帰って調べたのでもう分かったぞ(笑)

と言う訳で、前置きが長くなりましたが登山スタートです037.gif







a0154957_10581567.jpg

表尾根に比べると、出だしから細めの山道。






a0154957_10585154.jpg

すぐに、まぁまぁ急登が始まる。






a0154957_10595754.jpg

耐えて





a0154957_1101161.jpg

耐えると




a0154957_10593077.jpg

平らな道^^






a0154957_1105290.jpg

綺麗な景色も!





a0154957_111841.jpg

ちょっとしたお花畑も!






a0154957_1123178.jpg

私の好きな小さな松ぼっくりみたいな木も。




a0154957_1142099.jpg







a0154957_1144845.jpg







a0154957_1152511.jpg

かろうじて咲いていた山桜も!!
残念〜。
もう少し早く来ていたら、満開で綺麗だったなーーーー(後悔)





a0154957_1173149.jpg

桜の次は、なんと眺めの良い場所なんだ!






a0154957_11819100.jpg

富士山まで続く山々が素晴らしい。






a0154957_1131258.jpg

じゃ〜ん!しばらく気持ちの良い尾根道が続いたので自撮り棒の登場!!
頂き物なのですが、これがお山で大活躍中!!
動画も撮ったりして楽しいのです。






a0154957_11124042.jpg

そして合流したのが「二ノ塔」と二の塔から見た「三の塔」。






a0154957_1113850.jpg

私達が上がって来た道。
ここからモグラのようにひょっこり首を出す感じで出て来るのです^^






a0154957_11141539.jpg

「二の塔」には大きな石が置いてあり、なにかな?って思ったら皆さんが協力してしたから上げて来た石でした!これも、後から分かったんですが(行きにはなかったので)
下山は表尾根にしたんです。
すると、






a0154957_11164676.jpg

表尾根の登山道入り口に沢山ビニール袋が置いてあって余裕のある方はご協力を!と言った感じで
置いてありました。
行きに通っていたら1袋くらいなら何とか私もボッカさん出来たかも?(笑)







a0154957_1119880.jpg

話は前後しましたが、無事「三の塔」に到着です(自撮り棒)






a0154957_11234586.jpg

山頂が混んでいたのと、日差しが強かったのと、まだ午前中と言う事もあって
お昼ご飯は下山後にしようと言う事になり、少し休憩して出発^^






a0154957_11264454.jpg

登りには通らなかった石のゴロゴロ道(自分ではそう思っております)
ココは陰がないから結構しんどいポイントなんですよね。
今回は下りのみだったから、ラッキーです。






a0154957_1128897.jpg

下山途中に見かけた大きな桜の木の下には、沢山の桜の花びらが。
まだ綺麗なピンク色だったから、散って間もないはず〜。
残念だわぁ〜。
ホントにあと数日前に来ていたらと、後悔......。
でも、この散った花びらもとても綺麗で登山道がちょっとピンクになってました^^

と言う訳で、今回のお山も楽しく行って参りましたがそろそろ丹沢も暑くなって来た感じですね。
ムシムシして来ると少し登りづらくなります。
あとは、八ヶ岳の方の雪が完璧になくなったらそちらへも行ってみたいですね♬
ではでは、皆様よい休日を!
[PR]

by junipunic | 2015-05-03 11:33 | お山日記 | Trackback | Comments(0)

グ・レ・ト・ラ

a0154957_73422100.jpg


ウシシシシシ004.gif
発売されましたね〜♬
ちゃんと、お近くの蔦屋で予約までして買いました。
と言うのも、5月にお近くの蔦屋で今回の執筆イベントがありまして。
なんと先着70名はイベントに参加出来ると言う特典付きでありましたので少し必死になってみました。
お山のアイドルに再び会えるのはとても楽しみだわぁ〜。
そして、お山のお話もたっぷり聞いて来たいと思います。









a0154957_740156.jpg

中をちらみ!
最初のページには百名山の山頂で撮った数々の写真が。
前も少しブログに書きましたけど、今までは99座目のポーズが好きだったのですがこの写真を見たら
なんと!剱岳の山頂での逆立ち、しかも頭だけでしている逆立ちの写真を見て大笑い!!
最高です。
私の中で99座目を追い越し、1位のポーズとなりました^^

じ・つ・は!!
イベント当日は本にサインなんかもらえちゃうとかで。(ウシシ)
今からどの部分にサインをしてもらうか考えております。


さて、ゴールデンウィークが始まりますね。
今年は天気も良さそうですね!!
皆様どうぞ良い休日を^^
[PR]

by junipunic | 2015-04-29 07:49 | お山日記 | Trackback | Comments(0)