カテゴリ:お山日記( 85 )

上高地2

a0154957_14442210.jpg

徳沢

ひとまず目標地点の徳沢に到着致しました。
いくら登りが無いとはいえ
皆さん少々お疲れの様子。

お楽しみのおにぎり&みそ汁タイム!
食後は徳沢園のソフトクリームを
なんて言ってたんですが
お腹いっぱいで食べられませんでした。





a0154957_14443331.jpg

視線の先には




a0154957_15011404.jpg


明神岳





a0154957_14443606.jpg



明神館まで戻って参りました。
ここから先は目標のバスの時刻に間に合わせるため
ひたすら歩き合羽橋まで戻りました。
少しバタバタしちゃった所もありますが
なんとか予定通りに行動出来ました。






a0154957_14502033.jpg


下山後は温泉へ行き
その後、友達とは解散。
私達はお約束の場所へ(笑)
ひさりな食堂のラーメン&唐揚げで至福な時間を。
その後、案の定帰りの高速で
10分だけ仮眠しようか?
と言い、2時間も目が覚めず
今日もやっちゃったね!と言いながら帰って来ました。


次は何処のお山へ〜110.png









[PR]

by junipunic | 2017-09-07 15:02 | お山日記 | Comments(6)

上高地1



a0154957_11124266.jpg



a0154957_11002054.jpg




やっぱりお山が恋しくなって...
何処なら行けるか考えたら
膝が痛む私でも行かれる所がありました!
そう!上高地〜♪

今年は膝が痛むので
お山に全然行かれませんでした。
でも。。。
お山の景色が見たいな〜
どうしたらいいかな〜
と考えた所、
上高地なんてどうだろう?
から
上高地へ行きましょう
話はすぐにまとまりまして。
先日、行って参りました。


なんと今回は友達も一緒で
倍楽しいお山さんぽができました。




178.png今回のコース178.png

合羽橋
         ↓(梓川右岸コース)
明神池
明神館
徳沢
明神館
         ↓(梓川左岸コース)
合羽橋






a0154957_12561471.jpg


合羽橋ビジターセンター前
すでに木々の香りが気持ちい〜






a0154957_11351652.jpg



始発から2本目の 5:10am
沢渡バスターミナルより上高地に向けて出発!
まだ少し薄暗い合羽橋前ベンチで軽い朝食。





a0154957_11382318.jpg


出発準備を終え合羽橋を渡る。
朝早かったので人も少なくとても気持ちが良かった。






a0154957_11412412.jpg



a0154957_11413104.jpg


地図と実物を見比べて
あそこがジャンダルムだと
友達に熱く語ってしまった。






a0154957_11463199.jpg




a0154957_11463800.jpg




a0154957_12191856.jpg




a0154957_12190048.jpg



朝の空気と光は最高だと
友達も大喜び113.pngで一安心しました。




a0154957_12203320.jpg






a0154957_11520354.jpg






a0154957_11520959.jpg




a0154957_13000279.jpg




a0154957_13071156.jpg





a0154957_14394444.jpg



a0154957_14385556.jpg




a0154957_13070347.jpg






a0154957_13131164.jpg






a0154957_13132155.jpg




a0154957_13132646.jpg



a0154957_12195743.jpg


カフェどっこいしょ!!
ちょこっと外からのぞいたら
レトロで雰囲気ばっちりでした。





a0154957_13132398.jpg





a0154957_13131862.jpg



いよいよ
明神橋を渡って反対岸へ
日差しが強くなり気温も上がって来ました。





a0154957_13190717.jpg








[PR]

by junipunic | 2017-09-07 13:22 | お山日記 | Comments(0)

南アルプスのあの山








もう有名なこちらのCMですが

少し暖かくなってくると

今年の登りたいお山を考え始めちゃったりします。

今年の有力候補は

お察しの通り、この有名なCMの撮影地にもなった

南アルプスの『栗沢山』へ!

と思っている次第でございます。

標高2714m

CMと同じルートで登ってみたいと密かに思っているので

今からリサーチしてシーズン突入したらいつでも行かれるよう

スタンバイしたいと思っております。

同時に、この冬の間怠けていた身体を鍛え直さないといけないな。

なにから始めよ...








[PR]

by junipunic | 2017-03-10 09:07 | お山日記 | Comments(0)

初登山♪




a0154957_15223853.jpg





a0154957_15204767.jpg


今年最初のお山は
地元丹沢の大山さんです。

お正月と言う事もあり
お山の中腹にある「阿夫利神社下社」へ
お参りに来ている方々も沢山で大変賑やかでした。





a0154957_15202092.jpg
 


こ、これは、山桜でしょうか?
っう、梅 039.gif かな?

ケーブルカー乗り場の脇道に咲いていたんです〜
お花を見ながら気持ちの良い出発となりました。



「今回のコース」

三元日中と言う事もあり
大山ケーブルカーは見た事のない行列が出来てました!
こりゃ〜待ってるよりも登った方が速いだろうと言う事で


こま参道
男坂にて阿夫利神社下社へ (8:45出発)
阿夫利神社下社 (9:30到着)
(こちらではお参りも)
本坂にて山頂を目指す (9:45出発)
大山山頂 (11:30到着)
雷ノ峰尾根にて下山 (12:00出発)
見晴し台 にて昼食休憩(14:00出発)
阿夫利神社下社へ (14:30到着)
男坂にて下山 (15:50登山終了)


056.gifコースについてはこちらをどうぞ




a0154957_15202379.jpg
 

鹿の親子
「男坂」を選んで唯一笑顔の出た瞬間でして
そうなんです。
これを急登と言わずなんと言う!
傾斜がかなりなんですね。
厳密に言うとこの男坂はほとんど石段の登りでして
その石段の角度が出発地点を見ただけでも引く感じで....
(感想には個人差があると思いますのであくまでもこれは私の感想です)
なんで、あそこで本当に引いて女坂へ行かなかったか?
今でも自分の決断に疑問が残る。






a0154957_17043960.jpg


そんな男坂を登り切りようやく下社へ到着!
ケーブルカー待ってるより登っちゃった方が速いよ
って言ったあの台詞が恥ずかしい...
っま、その話は置いといて、








a0154957_15204376.jpg

「この輪は〜?」と警備の方に聞くと
「くぐっといた方が良いですよ!」と言われ、くぐって記念撮影を。
お参りもさせて頂きました。








a0154957_15204005.jpg



そしていつもの山頂へ到着しました!







a0154957_15205035.jpg


いつもと違がったのは
山頂の混雑っぷり!
何度か登っている中で初めてでした。





a0154957_15205341.jpg



もう1つ、奥の院が開いていました。
こちらも初めて中を見る事ができました。
こちらでもお参りさせて頂きました。






a0154957_15210008.jpg



人がこれだけ集まればと言う事で
フルートの演奏してる方も。








a0154957_15210354.jpg



そして、写真では出切ってませんけど
東京スカイツリーも見えましたよ!
お天気にも恵まれ最高な登山となりました。







a0154957_15205672.jpg



山頂には少しだけ雪もありましたけど
登山道にはなかったので良かったです。
山頂は人が沢山だったので少し下った見晴し台で
お昼ご飯にしようと言う事になり下山開始です。






a0154957_15210707.jpg



ここ数回、下山は見晴し台コースを選んでおります。
眺めが良いのでとても気に入っておりますが
見晴し台付近に「くま出没」看板があるので実はちょっと怖いので
歩くときはなるべく耳を澄まして森の中の音を聞くようにしてます。
落石も多いのであまりとどまらず速く通り過ぎた方がいいですね。
この日も、見晴し台でお昼ご飯を食べた後は集中し下山しましたよ〜。


そんな訳で今年初の登山も無事下山して参りました
実は夏以来久々の登山だったので結構身体がヒーヒー言ってます。
これはまずい!!
今年のシーズンまでには体力を回復させなければ!
反省..... 008.gif

次はどこのお山へ〜♪












[PR]

by junipunic | 2017-01-04 17:06 | お山日記 | Comments(0)

石割山

a0154957_86645.jpg



a0154957_927584.jpg

7月の終わり。
数年前に一度登った石割山へ友人家族と再び行って参りました^^
ここは、出だしから403段の階段。
階段はキツいけど標高は一気に100m稼げちゃうのでちょっと嬉しい。
階段を登りきれば石割神社までは歩きやすいなだらかな登り。
石割神社から山頂までは木の根っこの張った登りが続く。
いざっ!!





a0154957_8271092.jpg





a0154957_8272223.jpg

夏休み中と言う事で、部活でこの階段登りをしている学校が^^
自分の部活動時代を思い出し、きっとイヤなだろうなぁ〜なんて(笑)







a0154957_836391.jpg

階段が終わると休憩所があります。
先着の子供達は余裕の表情。





a0154957_8372711.jpg

この帽子、朝からずっと話題の的。
私:『ねぇこの帽子小さくない?』
私:『紐があごの下まで全然届いてませんけど〜!!』
母:『そうなの、でもね本人この帽子すごく気に入ってて〜』
私:『紐があるから小さく見えるけど、紐をとっちゃえば小さく見えなくない?』
私:『取っちゃいなよ〜』
私:『そうだ、取って新しく長い紐付けてあげたら?』
母:『そうだね!そうしよっかぁ〜そしたらもっと長くかぶれるね!!』
と、別にここで話さなくても良い話題で盛り上がってしまった。






a0154957_857940.jpg

そんな母は階段登りの時点で少々お疲れモード。





a0154957_904894.jpg

この先はしばらくお散歩気分で歩けます^^





a0154957_911824.jpg

草、木、花、鳥、虫にとにかく詳しいおねぇちゃんは鳥を見つけるのがとにかく速いのです!
『ほらみてあそこ!!!!』
何度も何度も言ってましたね〜。





a0154957_9284798.jpg

以前は真冬に来たんですけど、
夏に来るとまた景色が全然違いますね。
緑が生い茂り、冬より道が少し細く感じました。






a0154957_964170.jpg

妹は、こっちは獣道だと、
一生懸命教えてくれました。





a0154957_972913.jpg

この木だけ、キツツキのつついた跡がありました^^





a0154957_911311.jpg

この日の隊長はDannyさん。





a0154957_9112485.jpg

この並び順、段々定着しつつあります。
この後ろに私、その後ろに母。






a0154957_933144.jpg

石割神社到着。
石割神社については、山中湖村観光課公式サイトに詳しく書いてあるので良ければどうぞ!
056.gifこちらから
とにかく岩のまわりを3回まわると幸運が開けると言われておりますので勿論まわらせて頂きました038.gif






a0154957_9433841.jpg

ここがゴールではありません^^
山頂目指して出発です!!
ここからは少し道が狭くなります。






a0154957_9452883.jpg

実は石割神社に着く前あたりまで
子供達には少々物足りなかったようです。
と言いますのも、石割神社を過ぎて傾斜が少しキツくなったあたりから
『燃える〜〜〜〜!』とか言いながらガツガツ登り出したんです066.gif
『さっきまでのは散歩だよね、やっぱこうじゃなきゃ!』とつぶやく姉。





a0154957_950081.jpg

こんな所もスイスイ登っちゃうので置いて行かれちゃいます。





a0154957_9512328.jpg

そうこうしている間に山頂が目前に^^






a0154957_95536.jpg

石割山山頂到着!
ひとまずお疲れさまでした^^






a0154957_9553696.jpg

山頂にいた方に蟬の脱け殻を頂きましたね〜。





a0154957_95672.jpg

しかし綺麗に残ってますね^^




a0154957_9574438.jpg

さて実は、
我々はここで終わりでもありません。
実はお隣の平尾山まで行ってお昼ご飯なんです。
なので再び歩き出します。







a0154957_10192923.jpg



a0154957_9592838.jpg

到着で〜す!
平尾山山頂。
残念だったのが、富士山がちょっとしか見えなかった事です。
子供達に目の前に大きく広がる富士山見せてあげたかったなぁ〜残念007.gif
でも下山後は温泉でしょ?
と何度も嬉しそうに聞いてくるので、
そうだよ〜温泉と信玄ソフトクリームだよ〜と言うと喜んでくれました^^





a0154957_106261.jpg

と言う事で、下山開始です^^





a0154957_1062679.jpg

下山中ほとんど下ろす事のなかった彼女の左手。
これは「こっちですよ〜」を意味していて、常に私と母が遅れないよう監視しているのです。
そんなこんなで無事に今回も下山致しまして、向かったのが『石割の湯』でございます。
石割山登山道入り口から車で5分程度で着くのてとても便利です。





a0154957_10124290.jpg

お風呂に入って、さっぱりした後は
念願の信玄ソフト038.gif
美味しいです〜♪

と言う訳で、今回のお山も楽しい登山となりました。
無事下山に感謝し、
次は何処のお山へ〜037.gif













[PR]

by junipunic | 2016-08-02 10:20 | お山日記 | Comments(2)

女王燕4

a0154957_11403199.jpg

感無量でございます。
とにかくどこまでも見渡せたラッキー日だったようです。
で、私が見ている方向の景色はと言いますと、






a0154957_11422561.jpg

どれがどれだか分からないけれど、目の前に広がる稜線には
野口五郎岳や(←初めて聞いた時、野口五郎?と思った山)
水晶岳や
鷲羽岳や
三ツ岳などなどの豪華なラインナップだそうです!






a0154957_11483599.jpg

荷物は置いて、燕岳まで行く事にしました。





a0154957_1152297.jpg






a0154957_11522051.jpg

出発!!!





a0154957_1201876.jpg






a0154957_1203126.jpg






a0154957_120426.jpg

山頂まで1km
素晴らしい景色を噛み締めながら進みました。





a0154957_1213770.jpg

振り返り、燕山荘を今一度眺める。
すごいなぁ〜
あんな所に建ってるんだもんな〜
そして、そして、
女王様との出会いも056.gif





a0154957_1232180.jpg

じゃ〜ん!!
すごくたくさん038.gif





a0154957_124196.jpg





a0154957_1244217.jpg





a0154957_125699.jpg

まさにこちらが「高山植物の女王」と呼ばれているコマクサでございます。
花の形が馬の顔に似ている事が由来だそうです。
こんなに綺麗でも毒があるので遠くからそっと観察します^^
なんでもそう、綺麗な物には近寄れませんね037.gif





a0154957_13181893.jpg

白山石南花(ハクサンシャクナゲ)も素晴らしかったですし、






a0154957_13230100.jpg

車百合のオレンジ色が鮮やかだったり、






a0154957_13285117.jpg

一番好きなチングルマもみれました038.gif





a0154957_13341198.jpg

イルカ岩なんだそうです。
ホント、イルカみたいですね!





a0154957_1335667.jpg

こっちはめがね岩だそうです。
私が撮ってる角度が悪いのでちょっとめがねって感じがわかりずらいですね。
稜線の左側から雲が押し寄せて来る感じはダイナミックでカッコいいな。






a0154957_13493336.jpg

いよいよ山頂も目の前!





a0154957_13501181.jpg

花崗岩の色はとても綺麗で、空の青、雲の白、木々の緑とセットになると更に綺麗です〜





a0154957_13521771.jpg

山頂到着です!
途中、唐松岳のような事にならないか?
ハラハラしましたけど、到着出来て本当に良かったです。





a0154957_13532468.jpg

Dannyさんもダイナミックな景色に喜んでおりました。





a0154957_1354865.jpg

燕には、北燕岳もあるようなんですよ。
それがこの写真。
さらにもう一踏ん張りすれば向こうにも行かれるのですが、
わたくしとにかくいっぱいいっぱいです!
下山の体力を残しておかないと恐ろしい事になるので今回はここまで^^






a0154957_13553861.jpg

山荘まで戻って来ました〜♪
実は、出てるんですよ、高山病。
富士山の本八合目に居た時と同じ感じだと自分で思い、とにかく落ち着く事に。
いつもは頭痛が何より先だったのですが、今回はなんだかふわっとする感じだったり
動作がゆっくりになってしまったり、息が苦しかったです。
登山シーズン中、山小屋には順天堂のお医者様がいらっしゃると聞いていたので
最悪ご相談に、とも思ったのですがお腹がすいているのかも?と言う事で山荘でお昼を。
食事前〜食事中は元気がなかったのですが、食後には少し回復。
下山準備も順調に出来ました。





a0154957_1404742.jpg



a0154957_1405819.jpg



a0154957_141812.jpg

燕山荘(えんざんそう)は、とにかく人気の山小屋でして登山者としてはあこがれの山小屋ですね。
建物の写真もっと撮りたかったのに....
気分が悪かったからこれしかとれなかったのが心残り。
1本1本の柱もとても太く、丈夫に出来ているんですね。
床も壁もピカピカに磨かれて手入れが行き届いているんだな〜と思いました。
何より一番逃したのが、山小屋入り口(靴を脱ぐ所)から振り返ると玄関の枠が額縁となり
そのなかに燕岳がおさまり、ホントに絵みたいなんですよ!!!
今回、一番の景色なのに写真に納められなかったのがすごく悔しかった007.gif
もしこれから行く予定のある方は是非、お見逃しのないよう!






a0154957_1475865.jpg






a0154957_14281251.jpg



a0154957_14282625.jpg

燕山荘、燕岳ともお別れのお時間です。
とても名残惜しい時間でした。
1泊すればいいのに〜と、思いますよね。
自分も出来る事ならそうしたいのですが、高山病が怖くなるべく早く下山したい気持ちがいつも先でして
今回も、もし小屋の予約をしてても、泊まれたかどうか分からなかったなと思いました。
案の定、標高が下がるにつれ徐々に身体が楽になるのが分かりました。
いつかは山小屋泊にも挑戦出来ますよう、少しずつチャレンジして行きたいと思います。

この後、予想に反する事なく
この日最後の下山者となったのは私達だったでしょう。(間違いない!)
第2ベンチ辺りで、上の方から熊避けベルの音がして、ウソでしょ!!
私達が最後の登山者じゃなかったんだ!
と、喜んだのもつかの間。
すぐにその人は私達に追いつき、
「まだ下山者が居て僕も安心しましたよ」とか言うので
「じゃー熊も恐いし一緒にまとまって下山しましょうよ」
なんて言ったら「僕速いですよ!」と言い、
あっという間に熊のベルも聞こえなくなる程遠くに行ってしまったのでした。
そして、静かな森をひたすら黙々と下山する私達でありました。
なにはともあれ今回も、無事下山に感謝です。





a0154957_14393979.jpg

そして今回のお山のバッチです。
家に戻り、さ〜てと、バッチでもみようかなとじっくり眺めていると
MT TSUBAKURA ?
ツバクラ?
005.gifもしかしてツバクロじゃなくて本当はツバクラなの?
と、慌てた瞬間でした。
ひとまずネットで調べてみると、やはり(燕岳=つばくろだけ)で合っているようだし、
と言う事は間違えてるの?
それとも何か意図的なのかしら?
すごく気になる〜〜〜〜〜!!
燕山荘に電話して聞きたいくらい(笑)
ひとまず、我が家の珍バッチ認定となりましたけど。





最後に。
安曇野へ行った時のもう1つのお楽しみ。
ひさりなさんです!

a0154957_14442273.jpg

うれしいなぁ〜




a0154957_14445183.jpg

この度は、前回注文しきれなく諦めた中華そばを何より1番に注文。(大盛りね)
結論から言いますと、私こちらの中華そば、今までで1番です。
本当に丁寧な味がしました。
チャーシューも、それはそれは美味しいです!
次回は中華そば大盛りのチャーシュートッピングにします。





a0154957_14495512.jpg

ここにね、ちゃんと書いてあります。
当店のスープは、
豚6カ所の部位
鶏3カ所の部位
道東産昆布
野菜7種類を使い
早朝より丹誠込めてつくられます。
と言う事ですよ。
麺については触れてませんが、麺も美味しいですよ。
と言う事で長くなりましたが、この辺で終わりにしたいと思います040.gif

次はどこのお山へ〜♪


178.pngひさりな食堂のホームページはこちら178.png














[PR]

by junipunic | 2016-07-22 15:05 | お山日記 | Comments(2)

女王燕3

a0154957_9405688.jpg

合戦小屋を過ぎると景色も開けて来ました。
ふと目線を遠くへやると、
005.gif槍?
ねぇねぇ、あれは槍じゃない?
あの形はそうそうあるもんじゃないし〜。
なかなか見間違えしにくいフォルムだよね?
でもあそこにあるの?
もしそうなのであれば、自分はすごい所にいるぞ!
と、嬉しくなる。





a0154957_946102.jpg





a0154957_9462058.jpg

道にも変化が。
急登箇所が少しずつ少なくなり、
茶色かった足下が白くなり、
沖縄の珊瑚の砂浜みたいでとても綺麗でした。
これが花崗岩なんですね!





a0154957_9561170.jpg

合戦小屋からは休憩箇所がないと思っていました。
ところが見通しの良い休憩場が突然現れ「助かった」と思いました。
日差しもキツくなって来たので日焼け止めをくまなくぬり、少し休憩。
雷鳥さんに会えると良いな〜




a0154957_9593433.jpg

ベンチに座り目の前の標識に注目すると、
おやおや?
到着までの距離がのびてないかい?
なんでだなんでだ?????
落ち着いて考えてみれば当たり前の事で、
さっきまで目的地が燕山荘まで〇〇kmだったのが
燕岳まで〇〇kmになってるだけだったのでした。
ここで思い出す034.gif
そうだよね、そういえばそうだよね。
ずっと燕山荘まで〇〇kmを目標に登って来たけれど、
目的地は燕岳山頂だったんだ008.gif
少々不安になりつつ、





a0154957_10252157.jpg

ベンチから反対側の景色を見上げると、
005.gif005.gif005.gif
見えてるよね?
燕山荘だよ、あれ!!!
と言う風に、ちょっとの事で気持ちの入れ替えが出来るのも
山の七不思議でもあったり。
行く先が見えると言うのは励みになるものです。






a0154957_10273159.jpg

さあ!
あともう少し頑張ろう!!






a0154957_10365695.jpg

わぁ〜かわいいねぇ〜056.gif
と言いながら近くまで行き匂いを嗅いだら「くさっ!!」と思わず言ってしまった。
見た目とは反し、なかなかの匂いだったので遠くからの鑑賞をオススメ^^






a0154957_1040573.jpg

真っすぐな道の先に燕山荘!
お見事038.gif






a0154957_10405036.jpg

近くなって来たなぁ〜。
でも最後のあの辺はキツそうだね、と話ながら進んでいると





a0154957_1042825.jpg



a0154957_10533562.jpg

あ!!ミヤキンかな?
黄色いそれらしい花はすべてミヤキンさんの私。
ミヤマキンポウゲの事なのですが、
シナノキンバイとの区別の仕方もイマイチ分からなくて
多分、枝の長さからミヤマダイコンソウ(深山大根草)ではないような039.gif
だから山ではあまり大きな声で花の名前を言わないように気をつけているんですけど..... 
また白い道に黄色い花の色が良く映えますね!







a0154957_1115534.jpg

そして、とうとうやって来ました〜♪






a0154957_1122588.jpg

ずっと下から見上げていた燕山荘に到着です^^






a0154957_1134418.jpg

そして、燕山荘と反対側には最終目的地の燕岳がドド〜ン!!
燕岳をみて絵みたいじゃない?と、連呼する私。
ここからの景色のすごさに驚きです。






a0154957_1164574.jpg

そしてもうひとつ。
みえちゃってたあれは、本当に槍様だった!!
しかも、こんなに近いの?
これまたびっくりでしたよ!!!
小槍も見えているではないか!
ひとまず驚きの連続でございます。
そして、一息つく間もなく最終目的燕岳へ向うのでした。


a0154957_11274228.jpg














[PR]

by junipunic | 2016-07-22 11:30 | お山日記 | Comments(0)

女王燕2

a0154957_6345950.jpg

おはようございます!
未だ、燕での筋肉痛が癒えず「あたたたた・・・」と言いながら歩いておりますが
女王燕1の続きを^^

車は第一駐車場に止める事ができました。
行ってみて分かったのですが第二駐車場もすぐそばだったので
第一がダメでもそんなに気を落とす事はないです。
第一駐車場から歩く事少しで中房温泉登山口です。





a0154957_639283.jpg

山小屋マップ発見!
ちょっと小さくて分かりづらいですね・・・・・。





a0154957_6402095.jpg

登山届け。






a0154957_6454983.jpg

北アルプスの三大急登に不安をかかえつつ登山開始です!





a0154957_6481329.jpg

いろんな方のブログをみてコース確認はしていました。
皆さん口を揃えて言っていた、出だしから急登が始まると言うそれは本当でして。
これが山頂までなんですか?
と、心が折れそうになる瞬間でもあり。
そんな登りでもこの写真のような、平な道もちょいちょい出ては来ました。
つかの間の幸せタイムです。





a0154957_6534082.jpg



a0154957_6535131.jpg

第一ベンチ到着。
ひとまずここまでの急登の影響で写真が少ないですね。
前へ進む事に集中しました。
まだ人も少なく、シーズンに突入した訳ですが登山道も空いていて歩きやすかったです。






a0154957_658384.jpg

第二ベンチ到着。
引き続き途中写真は撮らず登りに集中。
Dannyさんに若干疲れが・・・・・。
第一ベンチから700mしか進んでいないのになぜこんなに長く感じるのでしょう?
これが山マジック!!
地上の距離感は一切役に立たない訳で。






a0154957_75584.jpg




a0154957_752078.jpg

第三ベンチ到着。
相変わらず急登は続いている状況の中、下山の方達と大分すれ違うようになり
第三ベンチは登りと下りの登山者で大変賑わっており、座って休めなかったので
立ったまま小休憩。






a0154957_792962.jpg

富士見ベンチ到着。
なかなか自分頑張ってるぞ!!と、思っちゃったりして。
あいにく今回は富士見られずベンチでしたけど、
そんな事にかまっちゃ居られない状態だったため、結果オーライです。






a0154957_71324.jpg

013.gifむむむ?
景色がなんだか開けて来たかも〜?
あの稜線はもしや、表銀座とか?
な〜んて思いながら。





a0154957_7143852.jpg

お待ちしておりました!
この看板にどれだけお会いしたかった事でしょう。






a0154957_7192798.jpg

合戦小屋まで10分看板を過ぎた所で雲海との出会い。
素晴らしい〜♪





a0154957_7202773.jpg

雲海の先の山小屋まではっきり確認出来ましたよ!
大天井ヒュッテではないかしら039.gif
な〜んて思いながら振り返れば






a0154957_7232737.jpg

無心.....044.gif
無心が一番です。
先の長さを考えてはなりませぬ。
登山者もますます増えて来たのですれ違う方々に声をかけられるようになりました。
頑張って〜とか
もう一踏ん張りでスイカだよ〜とか
今日は山頂すごいよ!!とか
励ましの言葉が続く中
長いよ〜まだまだだよ〜ここからがキツイよ〜と
真逆のメッセージをさら〜っと言って行った方約1名。
そんな言葉を聞き、折れそうになった集中力を立て直してくれたのは





a0154957_7275258.jpg

合戦小屋まであと5分の看板だった。
看板の後ろの木陰には小さな子供も。
出発駐車場からずっと一緒でしてた。
あの子も頑張ってるんだから!!と、思いながらここまで来た訳でして。






a0154957_741765.jpg

ところでこの看板可愛いですね。
合戦小屋まで10分看板ももちろん可愛いですし。





a0154957_7472056.jpg

024.gifひとまず、お疲れさまでした!!
夢か現か幻か!
自分が合戦小屋まで来れたなんてね。





a0154957_82959.jpg

皆さんスイカ食べてます!!
我が家は食べなかったのですが、そのかわりと言っちゃなんですが
こんなものを。





a0154957_832691.jpg

スタンプ〜♪
このスタンプを押す為にノート持って来ちゃいましたヨ。
燕山荘にも可愛いスタンプがあるって言うので押しまくって帰るぞ!と気合い満々。
上手く押せるまで何度もやっていたら、結構良い時間になっちゃって><
のくせに、決して上手く押せていないと言う。
いよいよ登山も後半戦に突入するお時間となりました。


a0154957_884476.jpg











[PR]

by junipunic | 2016-07-21 08:11 | お山日記 | Comments(0)

女王燕1

a0154957_5265539.jpg





a0154957_5271738.jpg





1枚目の写真からかなり険しい表情ですが、
私の目線の先には、夢にまでみた燕山荘が!感動中でございました。
さてさて、我が家のDannyさんお誕生日でございました067.gif038.gif
今年のお誕生日登山は前々からずっと行きたかった
『女王燕岳』に行って来ました〜♪
ここ数日、山の天気予報てんきとくらすをずっと見て、
今日だ!!!と言う日に出発。
お陰様で絶好の登山日和に恵まれ本当にありがたい1日でございました。



さて、今回の燕岳(つばくろだけ)とは034.gif
常念山脈に属している燕岳(つばくろだけ)
高山植物の女王『コマクサ』が群生している
北アルプス三大急登
花崗岩でできた独特の山体は素晴らしく
春の雪渓がツバメに似ているため燕岳となったらしく
お天井岳から槍ヶ岳へ向かう表銀座コースの始点
雷鳥が生息している
標高2,763m
登山口からの標高差1,308m
中房温泉から燕岳山頂までの距離
片道6,5km 往復13km
です!


そして、深田久弥さんは著書にこう書いています034.gif

静寂な別天地のおもむきがそこにあった
緑のハイマツの間にニョキニョキ立っている白い岩の群れである
それは野性的な岩ではなく 造化の神が長年かけて
入念に手を施したような すべすべした肌をしている

私もそのすべすべした肌をその場へ行き、見るのが夢でした!



基本コースタイムは(燕山荘ホームページによると)
<登り>
中房温泉登山口 → 合戦小屋まで 各ベンチごとのコースタイムが50分
合戦小屋 → 燕山荘まで 90分
燕山荘 → 燕岳まで 30分
<下り>
燕岳 → 燕山荘  20分
燕山荘 → 合戦小屋  45分
合戦小屋 → 登山口までは各ベンチごとに30分


037.gifの所、我が家のコースタイム!

5:40 中房温泉登山道出発
6:25 第一ベンチ到着
6:29 第一ベンチ出発
7:00 第二ベンチ到着
7:05 第二ベンチ出発
7:42 第三ベンチ到着
7:45 第三ベンチ出発
8:30 富士見ベンチ到着(気温19.8℃ 標高2.200m)
8:50 富士見ベンチ出発
9:37 合戦小屋到着
9:50 合戦小屋出発
11:45 燕山荘到着
12:00 燕山荘出発
12:45 燕岳到着!
13:00 燕岳出発
13:45 燕山荘到着(山荘にて昼食&休憩)
14:30 下山開始!!
17:30 中房温泉登山口到着

何度も申し上げておりますように、我が家のコースタイムよりも遅い人はいないはず。
そんな訳でこの度も、恐怖の12時間登山となってしまいました008.gif



a0154957_6281188.jpg

















[PR]

by junipunic | 2016-07-20 06:29 | お山日記 | Comments(2)

日向山

a0154957_713619.jpg



a0154957_927472.jpg


ゴールデンウィーク最終日、雨戸を開けたら気持ちの良い青空でした。
やっぱり山へ行きたい!
と、なんの準備もしていなかったのですが急いで準備して向かった今回のお山は、
行ってみたくてうずうずしていた『日向山』です。






a0154957_7225458.jpg

そして登山口に到着。
日向山へは尾白川渓谷の方からのコースと、
今回我が家が利用した「矢立石」入り口とあるようですね。
尾白川の方から上がって来るとそれなりに時間がかかるようなので
急に思い立ってやって来た我が家はコースタイムの短い「矢立石」から出発し
同じコースを戻って来る我が家が最も得意とするピストンです。






a0154957_733555.jpg

034.gif注意書きです





a0154957_736747.jpg

登山道は、入り口にハイキングコースと書いてあった通り
歩きやすい、気持ちの良いコースです!
緩やかに登って行くので登りやすいです。
山頂までのコースタイムは1時間半との事です。






a0154957_8575497.jpg

とても快調です!







a0154957_7413336.jpg

お花も咲いていました〜♪





a0154957_7442922.jpg

緑も綺麗〜♪





a0154957_7445464.jpg

森も気持ち良い〜♪





a0154957_7452136.jpg

枝も可愛い〜♪







a0154957_8382676.jpg

そんな中、Dannyさんが何やら発見005.gif






a0154957_7573568.jpg

まさか035.gifさんですか?
そこら中にあったのですが、違いますかね?
分からないけどいきなり背筋のゾクゾクが止まらない.....025.gif
Dannyさん、はやく熊鈴出して下さい!!







a0154957_91813.jpg

熊に出会っちゃわないか!
ドキドキしながらも、山頂手前までやってきました〜。






a0154957_935973.jpg

足下を見てみると、
ホントだ!砂浜みたい〜038.gif






a0154957_971014.jpg

この日向山は山の上のビーチとも言われているようでして、
まさにこの雰囲気なんて、砂浜へ出て行く道のようなのにその先に見える景色が山。
なんか不思議!!








a0154957_984796.jpg

この感じも砂浜のまわりに良くある木陰のような。






a0154957_9114586.jpg






a0154957_91218.jpg

Dannyさんは、山の上のビーチを散策。






a0154957_914492.jpg

山頂では一組の親子さんに会いました。
日向山は良く来るみたいなので、色々聞いてみました!
あっちのとがった所までは行かれるんですか?
この先はストンと落ちてる感じですか?
あっちはどうなってるんですか?
危ない感じですか?
とまぁ、ネホリハホリ.....。







a0154957_9215011.jpg






a0154957_9255267.jpg







a0154957_9464696.jpg

「あっちのとがった所」へ向かう決意をしたようです。





a0154957_94910100.jpg

私は怖いので辞めておきました。






a0154957_9512367.jpg

Dannyさんが向かう「あっちのとがった所」は『雁ヶ原』と言うらしく
尾白川の方から登って来る方は、まず雁ヶ原を通ってから日向山の山頂というコースになるので
我が家の様に矢立石の登山道から入って来ると、
先に日向山の山頂で余裕があれば雁ヶ原にも行ってみると言う訳ですね!
それにしてもDannyさんの右側はあり地獄のようで怖い〜008.gif







a0154957_103486.jpg






a0154957_10104650.jpg

見ている方がハラハラしちゃいます!
無事危ない所は通過したようです。
「あっちのとがった所」まではもうすぐ!








a0154957_10133573.jpg

確認致しました〜!
無事に雁ヶ原へ着いたようです!
私はカメラ越しに散策^^







a0154957_10155875.jpg

そしてDannyさん側からの景色です!
私はどこにいるでしょうか?
こっこで〜す!ここここ〜!!






a0154957_10165793.jpg

イェ〜イ071.gif
みえますでしょうか〜?







a0154957_1018455.jpg

これもDannyさんが撮って来てくれた写真。
尾白川の方から登ってくる方はこの急坂を上がってくるんですって!
上からみるとかなり高度感ありますが、登った方のブログなど読んでいると
結構大丈夫みたいに書いてありますが私にはちょっと怖いかも〜。







a0154957_1023114.jpg

行ったからには戻らねばならぬと言う事です。
帰りは行きよりも高度感には慣れたと言うけれどでもやっぱり怖いね〜と言ってました。
後から知ったのですが、実は雁ヶ原へはこの怖いあり地獄を通らなくても行かれるみたいです!
日向山の山頂に出る手前にちょっと広場みたいのがあるんですが
そこから日向山山頂とは別の方向へ細い道があるんですよ。
そっちに行くと裏を通り行かれるみたいなんですが、
私はどっちみち怖いので行かなかったのですが今度挑戦してみようかしら?






a0154957_1030442.jpg

無事到着〜。
到着後向こうの様子を色々教えてくれました。







a0154957_9445265.jpg

Dannyさんが雁ヶ原へ行ってる間、
私は砂の上のビーチですら怖くて歩けなかったため
山の上のビーチの木を眺めるのみでございました。



そんなこんなの日向山登山。
下山道では熊避けの鈴の大きい方をリュックからだし、カランカラン言わせながら
戻って来た訳ですが、勝手に熊が居るんじゃないかと思い込んでいる私には
笹の向こうが気になる、気になる!
と言うのも、多分あの日最後の下山者は私達で、
「し〜ん」とした森の中、笹の葉が揺れる音が響く事響く事!
気の抜けない下山となりました。
下山後は今、大のお気に入りの韮崎の旭温泉へと思っていたのですが、
今回はノーベル賞受賞大村先生の私財で作って下さったと言う温泉、白山温泉に行ってみました。

いつものゴールデンウィークだと、どこへ行っても混んでいるからね〜
と言いながら出かけずゆっくりしている方だったのですが、
今回はアクティブな我が家でした。
そうそう、人間ドックなんかもやりましたし!
さぁ、今年もお山の季節がやって来ました〜。
次はどこのお山へ〜♪









[PR]

by junipunic | 2016-05-10 10:58 | お山日記 | Comments(2)