カテゴリ:2015.05 大地の芸術祭( 3 )

大地の芸術祭直前に その3

a0154957_7562083.jpg





a0154957_756329.jpg

#13 人 自然に再び入る

川西エリアから十日町を通り、「松代エリア」に入り最初に見つけたのがこちら。
高さ4m、作者本人の顔と手足なんだそうです。
隣の木も小さく見えますね^^






a0154957_8394095.jpg





a0154957_8395690.jpg





a0154957_842537.jpg





a0154957_8431882.jpg

#14 帰って来たあかふん少年
渋梅川添いにずら〜っと並ぶ姿は遠くからみてもすぐに気が付きます^^
色んな表情のあかふん少年達、集落のシンボルと言う事です♬ 






a0154957_8585978.jpg

#15 砦61
農舞台周辺にやって来ました。
ここまで来ると右を見ても左を見ても作品があります。








a0154957_995926.jpg





a0154957_991572.jpg





a0154957_985891.jpg

#16 かかしプロジェクト 
棚田で働く人やその家族を表していると言うかかし。
そして何よりも田んぼがとても綺麗でした。







a0154957_9141587.jpg

#17 ○△□の塔と赤とんぼ







a0154957_9273149.jpg





a0154957_9275033.jpg





a0154957_928153.jpg





a0154957_9283222.jpg





a0154957_9284474.jpg

#18 リバース・シティー 
今回、楽しみにしていた作品のひとつ。
世界の国の名前がかかれている太く大きな色鉛筆が地面から2mの所へぶる下がり迫力満点。
真下に立つとトガッた鉛筆の先が自分に向かって来る気がしてしまう。
「うぉ〜っ」と言いつつも、何度も鉛筆の下へ行ってしまう・・・・・。 







a0154957_9384182.jpg

#19
ホームページの写真では作品の下に紫陽花が咲いていてとても綺麗です。
これからですね!紫陽花も。







a0154957_9491129.jpg





a0154957_9492355.jpg





a0154957_9493592.jpg

#20 空と地の間にて
1枚目の写真に写っているベンチがそうなんですが、本来は多分ここに展示されいるようではなさそう。
農舞台では、あちらこちらで作品のメンテナンスをしている様子を見かけましたのできっとこのベンチも
メンテナンス待ちだったのかな?


#21 棚田
先程の赤いかかし同様、農作業する人々をかたどっている彫刻。







a0154957_9551573.jpg





a0154957_955254.jpg

#22 花咲ける妻有
瀬戸内の南瓜青森の南瓜や女の子などなどに続き妻有のやよいちゃんも見る事ができました♬ 






a0154957_10103757.jpg






a0154957_6302834.jpg





a0154957_1011103.jpg

# 23 たくさんの失われた窓のために
妻有の景色をもう一度発見するための窓。
作家さんは妻有を訪れた時、この自然に圧倒されたそうです。
私も今回、妻有の自然の景色が本当に美しいなと、思いました。
そして、暮している皆さんが住んでいる木造の家もとても可愛いんです。
雪がとけ、やっと顔を出した花がその可愛い家の周りに沢山咲いていて花瓶に生けてある花や
綺麗に整っている花壇も良いのですが、こうして咲いている花は一段と美しく見えました。

今回は芸術祭前のためどこも空いていてとても良かったです^^
ブログには23個の作品の写真をアップしましたのですが、実際は30個くらい見れたんです。
なかなか頑張ったような気がします^^
芸術祭期間中は作品の数がどっと増えるようなので、見に来る人もどっと増えそうですね。
時間があればまた、日帰り?で、行って参ります!!
それと温泉!
今回、時間があれば温泉もと思っていたのですが流石にそれは無理でした・・・・・。
残念ですが、これも又次回のお楽しみにしたいと思います。
[PR]
by junipunic | 2015-06-03 10:30 | 2015.05 大地の芸術祭 | Comments(2)

大地の芸術祭直前に その2

キナーレを出発し、向かうは「川西エリア」。
光の館目指し出発!!




a0154957_13104970.jpg





a0154957_1311225.jpg





a0154957_13111365.jpg

#7 アスファルト・スポット
思わず走りたくなる駐車場。
あっちに駐車したりこっちに駐車したり。
いろいろやってみました^^






a0154957_13182196.jpg

#8 パッセージ
あ、バス停ね。
そう思ったとたん、二度見してしまうのは待ち合い席の長さ!!





a0154957_13205689.jpg

何人掛けですか〜♬




a0154957_1321302.jpg

なんと全72脚、背もたれ付き。




a0154957_1322578.jpg

何か書いてありますね!





a0154957_1324226.jpg

いくつか近くで撮って来ました^^
ここが自分の家の近所のバス停で、毎朝バスに乗るならばちょっと楽しいです。
いっちばんはじっこに座っててもちゃんとバスは通り過ぎず止まってくれるでしょうか?





a0154957_13343450.jpg





a0154957_13344422.jpg





a0154957_13324075.jpg





a0154957_13325090.jpg

#9 境界の神話
「囲む」と言う事を考えて作った公園だそうです。






a0154957_13442516.jpg

#10 PHスタジオ
山道の休憩所。
光の館へ行く道にあります。





a0154957_13591185.jpg




a0154957_13592384.jpg

#11 光の館
係の方が見当たらず外観だけ見学。
芸術祭期間外だからかな?少しだけ建物の周りが荒れていたような・・・。
屋根が動くんですよ!
そして宿泊も出来ちゃうと言う。






a0154957_7262775.jpg




a0154957_7264054.jpg

#12 レイチェル・カーソンに捧ぐ〜4つの小さな物語



キナーレのある「十日町エリア」から、ここ「川西エリア」まで車だと大地の芸術祭ホームページに記載されているように15分くらいで来れましたが歩いて来るにはちょっと遠いですね。
作品と作品の距離が離れているものもあれば近くにあるものもあり探しながら走るのはとても楽しいのですね。期間中は、エリアごとにレンタルサイクルとかあるといいのになと思っちゃいました。
エリアとエリアの間は流石に自転車では厳しいのですがエリア内なら自転車で回った方が車ですーっと通り過ぎてしまうと気が付かない作品以外の町の景色も合わせて鑑賞出来て良いなとか。
さてさて、次は「松代エリア」です。


040.gif続く
[PR]
by junipunic | 2015-05-31 14:01 | 2015.05 大地の芸術祭 | Comments(0)

大地の芸術祭直前に その1

a0154957_11335339.jpg


数日前ブログにアップした越後妻有「大地の芸術祭」前にもかかわらず行ってしまいました。
日帰りと言う、かなり強行なスケジュールだったのでベストを尽くし鑑賞して参りました。
越後妻有へは初めて行ったのですが、流石米所!!
右も左も田んぼ田んぼの素晴らしい景色が広がっていました。
塩沢石打で高速を下りて、まず向かったのが「道の駅 南魚沼 雪あかり」 です^^
まさに花より団子!
行動中のお供用の笹団子を求め向かった訳です。




a0154957_1430448.jpg

早々1つ。
まだちょっと凍っていたのですが、とても暑い日だったのでこれもまた良し^^

今回はまだ、芸術祭期間前と言う事でまだ展示されていない作品も沢山。
とは言うものの中々の数。
全部は無理として、まず最初に目指すはキナーレにしてみました。
なので、キナーレに行く道のりの中にある作品は見つつ車を走らせてみました。








a0154957_17164966.jpg




a0154957_1717220.jpg

#1 モミガラパーク
ポリエステル樹脂で作ってあるブロック。
ブロックの中には籾殻が入っていたり、よく見ると色んな物が入ってました!
キティーちゃんのキーホルダーや時計、メダル、写真などなども混ざっていましたよ。






a0154957_1729519.jpg




a0154957_17302242.jpg




a0154957_17304361.jpg

#2 マッドメン
#1の作品と同じ場所に展示してありました。
人型をつなぎあわせて出来ている休憩所との事でした。






a0154957_8374675.jpg




a0154957_838586.jpg

#3 キナーレ

キナーレ2Fが 越後妻有里山現代美術館[キナーレ] 、ミュージアムショップ、レストランとなり
1F部分が「明石の湯」と言う温泉施設になっているようです。





a0154957_8542080.jpg

美術館、レストランへの入り口。




a0154957_855215.jpg

チケット (一般800円)を購入し、いざ!
034.gifなんとこちらの美術館フラッシュなしなら写真OKなんですって。





a0154957_8565517.jpg

#4 トンネル
039.gifこの大きな筒状のなかにどんな作品があるのかなぁ〜?(わくわく)




a0154957_921273.jpg
*写真お借りしました。

トンネルでした!
視覚・体感トリックになっていてなんとまぁ〜不思議な事。





a0154957_983822.jpg

中は歩けるようになっていてトンネルの先まで行くとDannyさんがおっきくなっちゃいました^^





a0154957_993186.jpg

写真ぶれぶれで失礼致します。
近くまで行くと車もこんなに小さくて可愛い〜♬
しかも、この車近くでよく見ると車内まで細かく作ってあるんですよ。
もしく事がある方は是非見てみて下さい。
思わず乗ってみたくなるような(笑)







a0154957_9124462.jpg

#5 POWERLESS STRUCTURES, FIG. 429
この不安定に積み上げられている白い箱(美術館のようです)の中でなにが起こっているか想像して欲しいとの事なのですが、皆様でしたらどんな事想像しますか?




a0154957_9174779.jpg

#6 Rolling Cylinder
三半規管が弱まりつつある年齢に達している今日この頃。
長居禁物だったにもかかわらず、長居してしまい出た後も少々ふらつく始末に・・・。
まさに、平衡感覚を揺さぶられる作品だと言う事で。まんまと!





a0154957_930439.jpg




a0154957_9301936.jpg

#6 浮遊
数種類の建物の型をした銀色の紙がガラスケースの中で舞うと言う作品。
ずっと舞っている訳ではないようです。5分に1回くらいのペースのようです。





a0154957_9411330.jpg

建物に沿って1周まわり終わるとレストラン「越後しなのかわバル」やミュージアムショップのある一角に到着です。





a0154957_9432229.jpg

丁度お昼の時間と言う事もあり、こちらの「越後しなのかわバル」で頂くことにしました。





a0154957_9445511.jpg

私もDannyさんも野良しごと善を頂く事に^^





a0154957_9451122.jpg

お野菜と車麩の天ぷら、山菜おひたし、ヘキそばに使われている布海苔(ふのり)と言う海藻が原形のまま入ったそばがき、お汁、豚肉と車麩の照り焼きにトッピングでタケノコを一皿プラス。



a0154957_9452762.jpg

どれも美味しかったのですが、豚肉と車麩の照り焼き美味しかった〜♬。
あ、アスパラガスの天ぷらもとても美味しかったですよ!
天ぷら油っぽくなく、サクサクだったので天丼もきっと美味しいですよ〜。
Dannyさんは身体が元気になって行くようだと言いながら食べていました。




a0154957_9522874.jpg

サービスで頂いた甘酒(冷)も癖がなく甘みも押さえ気味で疲れた身体にしみる〜。
と言う訳で、美味しく頂き午後の部スタートです!!

034.gif2015年「大地の芸術祭」開催期間は 7/26 ~ 9/13になります。
詳しくは、こちらをご覧下さい。


040.gif続く
[PR]
by junipunic | 2015-05-31 09:59 | 2015.05 大地の芸術祭 | Comments(0)

G'day mate !


by junipunic
プロフィールを見る