瀬戸内芸術祭2013 秋会期「かがみ - 青への想い」

a0154957_14133969.jpg
「国境を越えて・海」の目と鼻の先にももう1つ作品があるんです。



a0154957_141416100.jpg
真っ先に気が付いて作品鑑賞しているのかと思いきや、岩にくっついてる貝で頭がいっぱいの姪っ子ちゃん。ピカピカと光る船には気が付いていないようです。




a0154957_14171311.jpg
普通の船のとなりにあまりにも自然に置いてあるものですから一瞬気が付きませんよね^^




a0154957_1418442.jpg
でも、よ〜くみたらこんなにミラーな船!


かがみ - 青への想い
クレイグ・ウォルシュ&ヒロミ・タンゴ 
使われなくなった船や家、生活道具などを材料に集落の人と協働した作品。
[PR]

by junipunic | 2013-10-24 14:22 | 2013.10 瀬戸内芸術祭 | Trackback | Comments(0)

瀬戸内芸術祭2013 秋会期「心臓音のアーカイブ」

a0154957_13131698.jpg


a0154957_13132984.jpg


a0154957_13134718.jpg
「 心臓音のアーカイブ」
ここは絶対来たかったので入る前からワクワク。
コンセプトは「世界中の人の心臓音が聴ける図書館」だそうです。
この世に同じ心臓音の人は居ないそうですよ。
ここでは、希望すれば、自分の心臓音を録音し、その音を心音に合わせて電球が点滅するインスタレーション空間の「ハートルーム」で聴く事が出来るんです!
そう、要するに自分の心音が作品に参加出来ると言う事^^




a0154957_13244159.jpg
・心音に合わせて光る電球。
・今まで心音を登録した人のリスト(私もお仲間入り^^)
・最後にもらえる自分の心音CD。
・心音を録音する聴診器のようなもの。

心音の録音は自分でやるんですよ。
録音する前に深呼吸したんだけど、「ハートルーム」で自分の心音を聴いた時びっくり!
走ってもいないのに速い。でも速いわりになんか力がない(トホホ・・・)
真っ暗なハートルームの中にあるたった1つの電球は心音の強さによって光る強さが違うようです。
私の心音に合わせてライトが光るんだけど、なんとも寂しい光が・・・。
まるで線香花火の最後のもうすぐ玉が落ちますよ〜って言う瞬間のように。

打って変わって、今回一緒に行った姪っ子ちゃん!
とても大きな音でとても力強いではないですか!!
なもんですから、電球も良く光る事!
また線香花火で例えるならば、火をつけたばかりのパチパチと元気よく光ってるあの瞬間?!

015.gif若さ・・・・・ですかね?






a0154957_13422012.jpg
CDと一緒に、こんな文章がありました。


ー Teshima
It's a place you can't easily reach.
It's a quiet, beautiful island that is far from Tokyo and the other large cities of the world.

It's a trip to listen to one's heartbeat.
The long journey and the time to think are the important things.

It's almost like a pilgrimage.



ー 豊島(てしま)
簡単には行き着けない場所
世界の大都市から そして東京からも離れた静かで美しい島

心臓音を聞きに行く旅
長い道程と想いの時が大切なのだ

まるで巡礼のように





" 人間 " は私の作品の主要なモチーフである
全ての作品の背景には 生きた "しるし" を残したいという人間の願望がある

なかでも心臓の鼓動は人間の "生"を最も象徴するものである

私は写真のアルバムのように心臓音のアルバムを作りたいと思った

人間という同じ繋がりを持ちながらも
誰一人として同じ人はいないという固有性をあらわすために  

心臓音のアーカイブ」 / クリスチャン・ボルタンスキー


実際ここへ行き、色んな国の色んな人の心音を聴いていると「うそっ!」これも人間の心音?
って思っちゃう音もあってびっくりしました。
お医者さんは聴診器でよく人の心音聴いてるから慣れてるかもしれないけど
聴診器に無縁の生活を送っている私にはとても新鮮で、楽しかったです。
ちなみに自分の心音を録音したCDの使い道はもう考えてあるんですよ〜私(笑)
[PR]

by junipunic | 2013-10-24 14:04 | 2013.10 瀬戸内芸術祭 | Trackback | Comments(0)

瀬戸内芸術祭2013 秋会期「国境を越えて・海」

a0154957_11305098.jpg
遠くから見てもかなりの迫力!
何だ?何だ?と、急ぎ足で近づいてしまう^^


a0154957_11325245.jpg


a0154957_113368.jpg


a0154957_11332097.jpg
近くまで行くと更にその大きさを実感。




a0154957_11334862.jpg
「見て〜中に入れるよ〜」と姪っ子ちゃんに呼ばれ見てみると、大きなドラが!
鳴らしても良いみたいだね!
では、鳴らしてみよう〜♬
と言う訳で、「ご〜〜〜〜〜〜〜〜ん」と。
海辺で聞くドラの音。
何とも不思議だけどなんだか癒される。




a0154957_11364365.jpg

a0154957_1136598.jpg
中に入るとそれはそれは綺麗な光が差し込んでいるではないですか^^



a0154957_11461854.jpg


a0154957_11463553.jpg


a0154957_11385364.jpg


a0154957_1139739.jpg
外へ出て反対側からも拝見。

台湾から流れ着いた木の実をモチーフにした8m大の作品。
台湾のアーティスト、リン・シュロンさんとツァイスー劇団のプロジェクト「国境を越えて・海」。
私が見に行ったのは夕方だったんですがとても綺麗でしたよ〜。
[PR]

by junipunic | 2013-10-24 11:43 | 2013.10 瀬戸内芸術祭 | Trackback | Comments(0)

瀬戸内芸術祭2013 秋会期「遠い記憶」

a0154957_11101759.jpg



a0154957_11103268.jpg



a0154957_11104699.jpg

島々で集めた木製建具で作ったトンネルの向こうには綺麗な緑の景色が広がる。
建物の老朽化により、公開最後の年なんだそうで見れてラッキーでした。
[PR]

by junipunic | 2013-10-24 11:14 | 2013.10 瀬戸内芸術祭 | Trackback | Comments(0)

瀬戸内芸術祭2013 秋会期「Big Bambú」

a0154957_10284490.jpg


a0154957_10285692.jpg

コスモスの咲く綺麗な道を歩いていると
畑の向こうにいきなり現れる




a0154957_10301682.jpg
005.gifわぁ〜
木の上に船が乗ってるよ〜




a0154957_10305716.jpg

Big Bambú
これが、ビックバンブー!
なんだかすごいな〜



a0154957_1034513.jpg

私達がビックバンブーに着いたのはもう終わる時間ギリギリ。
写真の船の上の方までいかれるツアーの締め切り時間も過ぎてしまっていて、上までいくツアーには参加出来ませんでしたけど下までだったら自由に行っていいと言う事だったのでちょっとお邪魔しました。




a0154957_10361918.jpg

クライマーの方達も手伝って組み立てたと聞きました。
特に設計図とかもなく、思うままに組み立てたらしいです。
最終的にはきちんと検査し、強度なども大丈夫との事。
この上にあの船があるんですね〜
ツアーに参加してない人はここまで034.gif
この先はいかれませんでした・・・(トホホ)




a0154957_10414027.jpg

すごい量の紐。





a0154957_1042692.jpg

みんな、蚊にさされまくり撤収。
ビックバンブーの下から見た景色でも素晴らしかったけど、上からみたらもっとすごいんだろうなぁ〜
と、思いつつ次の場所へ移動。
[PR]

by junipunic | 2013-10-17 10:44 | 2013.10 瀬戸内芸術祭 | Trackback | Comments(0)

瀬戸内芸術祭2013 秋会期「勝者はいない」

a0154957_7311154.jpg


a0154957_731255.jpg
 

a0154957_735281.jpg


a0154957_7351858.jpg


a0154957_735458.jpg


a0154957_7355711.jpg


a0154957_736827.jpg

「島キッチン」を後に、次の作品場所にむけて移動中。
畑の真ん中にいきなり白いつるっとした物が。
豊島美術館」です。
入り口まで行ってみると、すでに120分とか待ちで整理券をもらって自分がもらった整理券に書かれた時間に戻ってくれば並ばずに入れると言うシステム。
整理券をもらおうと思ったんですが、考えてみたら結構時間もなくて仕方なく諦めました。






a0154957_7412645.jpg



a0154957_7414918.jpg



a0154957_7422100.jpg



a0154957_742172.jpg



a0154957_7422936.jpg



a0154957_7424064.jpg


a0154957_7425015.jpg


a0154957_743193.jpg


a0154957_7431094.jpg


勝者はいない」 マルチ・バスケットボール
豊島の形をしたバスケットゴール。
入れる所が沢山!!
これだけあれば、投げればどれかに入るだろうと思いきや、なかなか入らない・・・。
でも、一番低いゴールにはダンク出来ちゃうって言うね^^
作品で遊べるって良いですよね。
時間がないっていうのに、楽しくて結構遊んでしまった。
[PR]

by junipunic | 2013-10-17 07:48 | 2013.10 瀬戸内芸術祭 | Trackback | Comments(0)

瀬戸内芸術祭2013 秋会期「島キッチン」

a0154957_1723694.jpg

絵 : Danny
出発前からウキウキのため、豊島で待ち合わせする予定のDannyさん家族にこんな地図まで作って送る。






a0154957_16434963.jpg


そして!2013年 秋会期 瀬戸内芸術祭に行って参りました!
流石、芸術祭開催中ですね。
以前行った時は芸術祭開催期間外だったので混雑も無くゆっくりみてまわれましたけど
今回はアプリを見ながら混雑している所をチェックしつつ動かないと難しい状況でした。
「地中美術館120分待ち」とか「島キッチン90分待ち」とか常に混んでる所がチェック出来るので
とても便利でしたよ〜。
034.gifそんなアプリの事、ご存知ですか?
興味のある方はこちらから♬





a0154957_16553598.jpg

台風24号が近づいていたので滞在中の天気予報は曇りとか雨とか・・・。
出発前から心配でしたが、いざ着いてみると晴れてる!暑い!!
台風はどこに行っちゃったのかな?と思うくらい。
高松の港や船には沢山の垂れ幕や旗、ポスターなどがありとてもわくわく^^
初日の行き先「豊島」行きの船のチケットを買うのも開催外の時とは違って船が満席になり
次の時間の船に乗らないといけない人もちらほら。
外国の方も沢山来ていて、大きなリュックを背負って地図を広げている姿をたくさん見かけました。





a0154957_1762949.jpg

今回は我が家のDannyさん家族との旅行のため総勢9名の旅。
久しぶりにオーストラリアから帰国した弟くんファミリーと「豊島」にて合流!
先に豊島に着いていた弟くんファミリーに出迎えられ真っ先に向かうは念願の「島キッチン」!!





a0154957_17161926.jpg

私達が着いたときで60分待ち。
でも、人数が多いので予約が出来るんです!!
だから、あらかじめ予約したので着いてすぐ、すんなり入店(ちょっと嬉しい)
016.gifいざ、入店♬



a0154957_1865983.jpg



a0154957_17331949.jpg



a0154957_17333295.jpg



a0154957_1735031.jpg



a0154957_17351539.jpg



a0154957_1748535.jpg



a0154957_1745654.jpg



a0154957_17451980.jpg



a0154957_17453036.jpg



a0154957_17462255.jpg



a0154957_17463637.jpg



a0154957_17534963.jpg



a0154957_17523387.jpg



a0154957_17494362.jpg



a0154957_1872534.jpg



a0154957_1873419.jpg



a0154957_1874771.jpg



a0154957_1875976.jpg



a0154957_1881492.jpg



a0154957_1882799.jpg



a0154957_1883919.jpg



a0154957_1885117.jpg



a0154957_189185.jpg



a0154957_1891393.jpg




「島キッチン」
広島生まれの安部良さんが設計した素敵なレストラン。
島のおかぁさんたちと丸の内のホテルのシェフが地元野菜を使った料理を提供してます。
063.gif島キッチンブログこちらから
[PR]

by junipunic | 2013-10-13 18:17 | 2013.10 瀬戸内芸術祭 | Trackback | Comments(0)