サポート眼鏡

a0154957_16460295.jpg


近視で眼鏡をかけるようになってから25年。
どーしたらいいのやらと言う事態に遭遇したわけでして。
遠くを見ている時は眼鏡をかけているので
それなりによく見えます。
ふとした瞬間、近くの物を見ようとするとよく見えない。
眼鏡をとったりずらしたりし
裸眼の状態にすると近くでも見える訳です。

眼鏡をしていると近くが見えない
だから眼鏡を外してみる。
すると、近くは見えるようになるんだけど
遠くが見えなくなっちゃう。
なので、
遠くが見えないからまた眼鏡をかけてみるんだけど
そのまま近くを見るとまた見えない
ネバーエンディングストーリー037.gif



ここで少し疑問もあり!
裸眼だと近くは見えるのでそれは老眼ではないのでは?
ずっとそう思っていました。
ところがお店の方のお話によれば
遠くを見たり、近くを見たりの切り替えの調節が出来なくなっているから
これも老眼の初期だと言う事でした。
じゃ、老眼中期になるとどうなるかと言うと
今は裸眼でいいけどやはりレンズに老眼用の度が入るらしい。

しばらく店員さんと目の話をしていたら
思い切って遠近両用眼鏡を作ってみようかな?
と言う気になって来たので
どんな感じになるかテストしてもらい今の眼鏡との違いを実感。
ただし、左右の端っこが少しぼやけるかもしれないとか
慣れるまでは酔う感じがあるかもとか
なかなか最初の一歩を踏み出すには勇気のいる事になった。
悩んでいると「サポート眼鏡と言うのがありますよ」
と、言われ039.gif なんだろう?と聞くと
遠近両用眼鏡のような左右が歪んで見えたりがほぼ無い眼鏡で
遠近両用欲しいけど目が慣れなかったらどうしよう?
などの不安のある人にピッタリなんだそう。
まさに私向きと言う事で今回購入に至ったと言う長いお話でした。

ちなみに遠近両用にむいてる眼鏡は今回私が購入した眼鏡のように
縦の長さが3.5mmくらいあると非常に良いそうですね。
私のはなんと3.7mm!あえてレンズ大きめにしました!
よく見えますようにと言う気持ちを込めた訳です。
おかげさまで今の所調子が良いです037.gif
眼鏡もかけたり外したり繰り返さなくて良くなりましたし。








[PR]

by junipunic | 2017-02-14 16:40 | いつもの事 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://cocopunic.exblog.jp/tb/23641282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。