女王燕4

a0154957_11403199.jpg

感無量でございます。
とにかくどこまでも見渡せたラッキー日だったようです。
で、私が見ている方向の景色はと言いますと、






a0154957_11422561.jpg

どれがどれだか分からないけれど、目の前に広がる稜線には
野口五郎岳や(←初めて聞いた時、野口五郎?と思った山)
水晶岳や
鷲羽岳や
三ツ岳などなどの豪華なラインナップだそうです!






a0154957_11483599.jpg

荷物は置いて、燕岳まで行く事にしました。





a0154957_1152297.jpg






a0154957_11522051.jpg

出発!!!





a0154957_1201876.jpg






a0154957_1203126.jpg






a0154957_120426.jpg

山頂まで1km
素晴らしい景色を噛み締めながら進みました。





a0154957_1213770.jpg

振り返り、燕山荘を今一度眺める。
すごいなぁ〜
あんな所に建ってるんだもんな〜
そして、そして、
女王様との出会いも056.gif





a0154957_1232180.jpg

じゃ〜ん!!
すごくたくさん038.gif





a0154957_124196.jpg





a0154957_1244217.jpg





a0154957_125699.jpg

まさにこちらが「高山植物の女王」と呼ばれているコマクサでございます。
花の形が馬の顔に似ている事が由来だそうです。
こんなに綺麗でも毒があるので遠くからそっと観察します^^
なんでもそう、綺麗な物には近寄れませんね037.gif





a0154957_13181893.jpg

白山石南花(ハクサンシャクナゲ)も素晴らしかったですし、






a0154957_13230100.jpg

車百合のオレンジ色が鮮やかだったり、






a0154957_13285117.jpg

一番好きなチングルマもみれました038.gif





a0154957_13341198.jpg

イルカ岩なんだそうです。
ホント、イルカみたいですね!





a0154957_1335667.jpg

こっちはめがね岩だそうです。
私が撮ってる角度が悪いのでちょっとめがねって感じがわかりずらいですね。
稜線の左側から雲が押し寄せて来る感じはダイナミックでカッコいいな。






a0154957_13493336.jpg

いよいよ山頂も目の前!





a0154957_13501181.jpg

花崗岩の色はとても綺麗で、空の青、雲の白、木々の緑とセットになると更に綺麗です〜





a0154957_13521771.jpg

山頂到着です!
途中、唐松岳のような事にならないか?
ハラハラしましたけど、到着出来て本当に良かったです。





a0154957_13532468.jpg

Dannyさんもダイナミックな景色に喜んでおりました。





a0154957_1354865.jpg

燕には、北燕岳もあるようなんですよ。
それがこの写真。
さらにもう一踏ん張りすれば向こうにも行かれるのですが、
わたくしとにかくいっぱいいっぱいです!
下山の体力を残しておかないと恐ろしい事になるので今回はここまで^^






a0154957_13553861.jpg

山荘まで戻って来ました〜♪
実は、出てるんですよ、高山病。
富士山の本八合目に居た時と同じ感じだと自分で思い、とにかく落ち着く事に。
いつもは頭痛が何より先だったのですが、今回はなんだかふわっとする感じだったり
動作がゆっくりになってしまったり、息が苦しかったです。
登山シーズン中、山小屋には順天堂のお医者様がいらっしゃると聞いていたので
最悪ご相談に、とも思ったのですがお腹がすいているのかも?と言う事で山荘でお昼を。
食事前〜食事中は元気がなかったのですが、食後には少し回復。
下山準備も順調に出来ました。





a0154957_1404742.jpg



a0154957_1405819.jpg



a0154957_141812.jpg

燕山荘(えんざんそう)は、とにかく人気の山小屋でして登山者としてはあこがれの山小屋ですね。
建物の写真もっと撮りたかったのに....
気分が悪かったからこれしかとれなかったのが心残り。
1本1本の柱もとても太く、丈夫に出来ているんですね。
床も壁もピカピカに磨かれて手入れが行き届いているんだな〜と思いました。
何より一番逃したのが、山小屋入り口(靴を脱ぐ所)から振り返ると玄関の枠が額縁となり
そのなかに燕岳がおさまり、ホントに絵みたいなんですよ!!!
今回、一番の景色なのに写真に納められなかったのがすごく悔しかった007.gif
もしこれから行く予定のある方は是非、お見逃しのないよう!






a0154957_1475865.jpg






a0154957_14281251.jpg



a0154957_14282625.jpg

燕山荘、燕岳ともお別れのお時間です。
とても名残惜しい時間でした。
1泊すればいいのに〜と、思いますよね。
自分も出来る事ならそうしたいのですが、高山病が怖くなるべく早く下山したい気持ちがいつも先でして
今回も、もし小屋の予約をしてても、泊まれたかどうか分からなかったなと思いました。
案の定、標高が下がるにつれ徐々に身体が楽になるのが分かりました。
いつかは山小屋泊にも挑戦出来ますよう、少しずつチャレンジして行きたいと思います。

この後、予想に反する事なく
この日最後の下山者となったのは私達だったでしょう。(間違いない!)
第2ベンチ辺りで、上の方から熊避けベルの音がして、ウソでしょ!!
私達が最後の登山者じゃなかったんだ!
と、喜んだのもつかの間。
すぐにその人は私達に追いつき、
「まだ下山者が居て僕も安心しましたよ」とか言うので
「じゃー熊も恐いし一緒にまとまって下山しましょうよ」
なんて言ったら「僕速いですよ!」と言い、
あっという間に熊のベルも聞こえなくなる程遠くに行ってしまったのでした。
そして、静かな森をひたすら黙々と下山する私達でありました。
なにはともあれ今回も、無事下山に感謝です。





a0154957_14393979.jpg

そして今回のお山のバッチです。
家に戻り、さ〜てと、バッチでもみようかなとじっくり眺めていると
MT TSUBAKURA ?
ツバクラ?
005.gifもしかしてツバクロじゃなくて本当はツバクラなの?
と、慌てた瞬間でした。
ひとまずネットで調べてみると、やはり(燕岳=つばくろだけ)で合っているようだし、
と言う事は間違えてるの?
それとも何か意図的なのかしら?
すごく気になる〜〜〜〜〜!!
燕山荘に電話して聞きたいくらい(笑)
ひとまず、我が家の珍バッチ認定となりましたけど。





最後に。
安曇野へ行った時のもう1つのお楽しみ。
ひさりなさんです!

a0154957_14442273.jpg

うれしいなぁ〜




a0154957_14445183.jpg

この度は、前回注文しきれなく諦めた中華そばを何より1番に注文。(大盛りね)
結論から言いますと、私こちらの中華そば、今までで1番です。
本当に丁寧な味がしました。
チャーシューも、それはそれは美味しいです!
次回は中華そば大盛りのチャーシュートッピングにします。





a0154957_14495512.jpg

ここにね、ちゃんと書いてあります。
当店のスープは、
豚6カ所の部位
鶏3カ所の部位
道東産昆布
野菜7種類を使い
早朝より丹誠込めてつくられます。
と言う事ですよ。
麺については触れてませんが、麺も美味しいですよ。
と言う事で長くなりましたが、この辺で終わりにしたいと思います040.gif

次はどこのお山へ〜♪


178.pngひさりな食堂のホームページはこちら178.png














[PR]

by junipunic | 2016-07-22 15:05 | お山日記 | Comments(2)

Commented at 2016-07-23 21:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junipunic at 2016-07-24 08:37
>ざろさくさま

そうでしたか!
ざろさくさんにとっても登りたい山だったんですね!
北ア三大急登と聞くとかなりの覚悟が必要だと
身を構えてしまいますが、
ゆっくり行けば必ず登れると思います。
合戦小屋までなんとか頑張れば
その後も少々の急登はあるものの
景色が助けてくれゆっくり行けばいつかは山頂ですよ^^
さらに、山荘へ1泊出来るのであれば下山も疲れる事なく
出来るはずです!!
登山道では沢山団体のグループとすれ違い、
関西弁の方が多かったです。
と言う事は、関西から沢山ツアーが出ているんですね。
ざろさくさんも、近い将来そのグループにいちゃったりして!
ざろさくさんが燕岳へ登頂された時は是非お話聞かせて
下さいね!!

私も高山病に少しずつなれるよう色々挑戦してみます^^
お互いトレーニング積んで、
いつか夢の木曽駒ヶ岳で待ち合わせ出来ると良いですね!
その時はひさみちゃんも誘わないとですね(笑)

地図、売り切れ残念でしたね.....
地図も見てるだけで楽しいですよね〜。
私も好きです^^

蜂蜜太郎!!
ざろさくさんもお気に入りでしたか〜^^
美味しいですね、これ。
しばらくハマりそうです。
一気に食べ切らないように、少しずつお皿に出して
数日に分けて食べるように努力中!
気を抜くとぺろっと1袋行ってしまいそうなので><
また共通点がひとつ増えましたね^^