唐松岳1

a0154957_1448547.jpg

2013年7月11日(木)
念願の唐松岳登山です^^
結論から言いますと、体力切れで山頂までは行かれませんでしたけどもうちょっと頑張ったら着けそうだったので、また今度行ってみようと思っています!




056.gif唐松岳 2696m
八方尾根は北アルプス(飛騨山脈)の北に位置し、白馬連峰の唐松岳から四方八方に尾根が延びている頃から八方尾根と名付けられた。
八方尾根のスキー場リフトを降りた所にある八方池山荘から山頂までのコースタイムは往復で6時間30分。八方池山荘から八方池までは木道が整備され八方尾根トレッキングコースになっていて八方池より先は登山エリアになるのでそれなりの装備が必要。(と書いてありました^^)
そうそう、こんな事も書いてありました。
梅雨明けの短い期間を除き、夏の後立山連峰は快晴になることが少なく、朝9時頃になるとガスが湧き始め、10時頃には山頂部のほぼ全部が 雲で覆われてしまうことがほとんどです。
快晴になるのは例年9月中旬からとされています。




八方池山荘までの行き方は2通りあるようです。
1. 黒菱林道で黒菱リフト乗り場まで車で行き(黒菱第3ペアリフト)と(グラートクワッド)の2つのリフトを乗り継いで八方池山荘まで。
詳しい行き方、時刻表などはこちらから。

2.八方ゴンドラ「アダム」八方駅より(6人乗りゴンドラアダム)と(4人乗りリフト、アルペンクワッドリフト)と(4人乗りリフト、グラートクワッドリフト)を乗り継いで八方池山荘まで。
詳しい行き方、時刻表などはこちらから。

①② 共に最後のリフト(グラートクワッド)で合流します。
①② の乗り場によってリフトの始発時間が違うので自分の都合に合わせて選ぶと良いかと思います。
私達の行った日は①の方が始発時感が早かったのでいつも登山のコースタイムを遥かにオーバーして帰ってくるので少しでも早く出発したく黒菱から出発。(料金もこっちの方がお安くて^^)



a0154957_8255536.jpg

地図お借りしました。
字が小さくてちょっと読みにくいですが・・・。
よければこちらの方が見やすいです。
地図で見ると、八方池より先の登山装備が必要なエリアが短く感じますがそんなに甘くないのが現実。
このコース、初心者コースと書いてあるんですがこれも毎回の事ですけど私には初心者コースでも辛い訳で・・・(トホホ)今回もとても苦しかったです。
*ちなみに、すべて体力の無い私のレベルのお話としてお読み下さいませ。





a0154957_8381913.gif

地図をもうひとつ。
白馬村ホームページさんよりお借りしました。
こちらの方が見やすいので良ければどうぞ。





ではでは、今回のコースを037.gif

a0154957_10334147.jpg

リフトチケットは往復なのでなくさないように注意を^^



a0154957_931781.jpg


a0154957_931176.jpg

黒菱ラインリフト乗り場
駐車場は無料でした^^





a0154957_9355841.jpg

1個目のリフト(黒菱第3ペアリフト)


a0154957_937645.jpg

降りた所には長野オリンピックのジャンプ台が^^



a0154957_9374415.jpg

2個目のリフト(グラートクワッド)乗り場は目と鼻の先。
お花畑を見ながら進みます。


a0154957_938479.jpg


a0154957_9385890.jpg


a0154957_9543722.jpg


a0154957_9391164.jpg




a0154957_9392947.jpg


a0154957_9393965.jpg


a0154957_10354887.jpg

こちら2個目のリフト(グラートクワッド)乗り場。
降りた所に八方池山荘がある訳です^^




a0154957_9485453.jpg


a0154957_9492770.jpg

これから歩く道を見上げる。


a0154957_950132.jpg


a0154957_9501677.jpg

八方池山荘前到着です!
トイレ、売店あり。
ちなみにこの日売店はやっていませんでした。
ここに売っているか分かりませんが手ぬぐい欲しかった〜



a0154957_10322499.jpg
[PR]

by junipunic | 2013-07-13 15:08 | お山日記 | Comments(0)