ZED

a0154957_8283856.jpg
う~007.gif
今日も寒いです!
とうとう、2010年最後の日になってしまいました!
街へ出るとお正月モードでにぎわっていますが、
そんな中!昨日は CIRQUE DU SOLEIL "ZED" を見て参りました。
CIRQUE DU SOLEIL を初めて見たのはかれこれ17年前。
L.A留学中に当時やはりL.A在住のひさみちゃんに「動物を使わないサーカス」を見に行くからと
生まれて1度も見たことのなかった「サーカス」とやらに連れて行ってもらった。
あれはL.Aの何処だったか思い出せないけど、昨日の"ZED"のような(レジデントショウ)ではなく
テント(ツアーショウ)だったのは覚えている。
私がL.Aで見たのは "Alegría" だった。
これは、日本でも確かツアーショウとして来ていたような・・・・・ 
とにかく、動物を使わないサーカスという物のイメージが出来ないまま会場に入ると
ステージを囲んで円形に座席があるのはテレビで見たことのあるいわゆる「サーカス」の
座席イメージと一緒だった。
ところが、ショウが始まってすぐにこう思った。「これは何だ!なんかすごいぞ!!005.gif
最初から、最後まで空いた口がふさがらなかったのを覚えている。
まず、演奏が生バンドに生歌!! (これは、かなりの迫力だった)
演者の後ろでなんともいえない雰囲気を作ってた。
演者の技は勿論の事、衣装、舞台美術、サーカスにはつきもののクラウン、音楽、
すべてにびっくりし、感動した。
あまりに音楽が良く終了後の会場のごった返した中で必死に"Alegría"のCDを買ったもんだ。
今聞いても感動する。

昨日はそんな17年前の「すごかった!!」という記憶と一緒に見に行った"ZED"だったのです。






a0154957_9121439.jpg
この"ZED"とは、
「主人公ZEDが「天」と「地」の二つの世界を旅し、さまざまな人、神、命の躍動に出会う」
という内容らしい。
ZED も Alegría 同様、しょっぱなから口が開いた。
これから見に行く人がいたらネタばれになっちゃうから言いたいけどいえないわ><
とにかくあたりまえだけど Alegría の時とは違う新たな感動。
しょっぱなは、一言で言うなら「綺麗」だった。
この写真のお方は、そう!生歌・生バンドのまさに生歌担当のお方キャラクター名「ニュイ(Nouit)」。
これが歌う人。
紅白の「さっちゃん」もびっくり005.gif

ニュイとは→ 「ニュイは天空の母であり、生命のすべての生みの親、そして星の輝く空を表しています。 また、ニュイはすべての存在に対して、限りない哀れみを表現し、主人公Zed(ゼッド)の冒険を見守り、 彼の旅の達成のためにはどんな努力も惜しまない理解者、味方でもあります。」

ということだそうです。
じゃ、ZEDって?
そう、ZEDの写真撮ってこなかった・・・・・
主人公ですけど・・・・・










a0154957_9283848.jpg
さっきのニュイもそうだけど、このクラウンも!
会場の外にキャラクターのポスターが張ってあるのを必死に撮ったんだけど
昨日の寒さときたら><
マスクしてるからメガネがくもるし、寒さで涙はでるしでファインダーのぞくと何もみえない・・・
さらに寒くて手がかじかむし、震えるしでシャッターも思うように押せない。
でも、何とか頑張って撮りました^^
クラウンの写真は絶対欲しかったから^^ (主人公ZEDの写真はいいのかい!)
話はずれたけど、CIRQUE DU SOLEIL のもう1つの見所のクラウン!
面白いよね~
今回も、ショウが始まる前から客席でお客さんにいたずらしまくり!
この時点で、すでにもうショウが始まっていてお客さんもみんな引き込まれ行くのよね~








a0154957_9381522.jpg
こうして大満足で会場を後にしたわけですが、特に私が好きなのはパフォーマーの人がステージに入ってくる時と出て行く時の演出の仕方や、ステージ上に居るすべての人から目を離したくないって思わせるあの、パフォーマーやバンドの1人1人の演技力、それから舞台の美術も好きでした。
でも、個人的な意見ですが私は今の所「Alegría」が好き。
こうしてこれからも、1つ1つ楽しみに CIRQUE DU SOLEIL の公演を見て行きたいと思う。
次はラスベガスでやってる「O (オー)」が見てみたい。

[PR]

by junipunic | 2010-12-31 09:49 | いつもの事 | Comments(0)